« H20.01.27 名古屋市内 | トップページ | H20.02.01 八王子駅(その1) »

2008年1月30日 (水)

H20.01.30 八王子駅

 この所、寒い日が続いて外出も控えがちでしたが、久し振りに暖かくなったので八王子駅の近くへ用事ついでに出掛けて色々と調査しました。名古屋行きの後も手伝い、懐具合が少々痛いものの、鉄道友の会の来年度の年会費+東京支部費か『貨物時刻表』の代金のどちらに使おうかと迷った所、たった100円差で後者を選択。来月の中旬まで年会費はお預けです。

 いつも通り、西八王子から115系の立川行きに乗ると最近は定位置の5号車でも乗客が多く、15分の快速か19分の中央特快まで待てないのかと憤慨します(ホームの高尾方にも案内表示を付けてくれれば幸いなのですが………)。バスも前の中央特快に合わせて到着してくれればホッとしますが、この頃は間際にホームの外側を歩き、間際に乗り込む乗客が多いので呆れます。世の中値上げラッシュ、JRの運賃は消費税関係の見直しを除いて20年以上値上げしていないに等しく、同じ運賃でも今の方が客質が下がったかなと感じます。余談はさておき、最後尾のクハ115に乗ると松本→長野の車で唯一、外幌が付いたクハ115-1065で元々新前橋(現・高崎車セ本所)の所属車でE231系が入り始めてから新前橋の115系と小山の211系を交換する格好で転属した1両です。今朝もまた中央線の快速電車が遅れて下りはおよそ10分程で東小金井で急病人、国立で車両点検とイヤ参ります。

○5270列車…1週間ご無沙汰しましたが、やや短い13両編成。最後尾に連結されたタキ1000-593は未撮影で2089列車出発後に撮影。
△根岸
EF64 1014+EF64 1010[更新色]
タキ1000-488 JOT/根岸 無
タキ1000-506 JOT/根岸 無
タキ1000-297 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-604 JOT/根岸 無
タキ1000-571 JOT/根岸 全検19-4-24川崎車、自重17.0t
タキ1000-296 JOT/郡山 無
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ43545   JOT/郡山 トケ
タキ1000-251 JOT/郡山
タキ1000-190 JOT[Er]/郡山
タキ1000- 18  JOT/郡山
タキ1000-254 JOT/郡山
タキ1000-593 JOT/根岸 全検19-10-23川崎車、自重16.9t

○2089列車…中央線のダイヤが乱れた影響で10分程遅れての到着(出発は定刻よりやや遅れ)。コキ104の顔触れが全車、”JR貨物“のロゴ入りで新製されたグループです。
△竜王
EH200−10
コキ104-706 全検17-6-2広島車(軸受交換)
コキ104-427
コキ104-629 全検16-3-30川崎車、常備駅消去
コキ104-124
タキ1000-847 JOT/根岸   ↑根岸発、新製19-11-2川重、自重17.2t
タキ1000-497 JOT[Er]/根岸
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-755 JOT/根岸
タキ1000- 52  JOT/郡山
タキ1000-267 JOT[Er]/郡山 ↓

○8272列車…この所、10〜12両の事が多かったものの、久し振りにこの列車で最長の14両編成となりました。横浜線がカーブする辺りで昼寝するEH200の姿が見えなかったので気にしたらEF65(P型)の無動回送(新鶴見から3881レへ?)が連結。DE10やEF64の重連は幾度と見たものの、EF65の非貫通型は初顔合わせで3月のダイヤ改正で勇退も噂されるので今撮っておくと貴重なショットになります。途中、E233系の今月新製した編成が現れて4番線へ。
△根岸
EH200−4+EF65 530[JRF色、無動回送]
タキ1000-625 JOT/根岸 無
タキ1000-440 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-613 JOT/根岸 無
タキ1000-194 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-688 JOT/根岸 無
タキ1000-617 JOT/根岸 無
タキ1000-219 JOT[Er]/郡山 無
タキ1000-361 JOT[Er]/郡山 全検19-4-19川崎車、自重16.9t
タキ1000-573 JOT/根岸 全検19-9-14川崎車、自重17.0t
タキ1000-768 JOT/根岸
タキ1000- 60  JOT[Er]/郡山
タキ1000-764 JOT/根岸
タキ1000-476 JOT[Er]/根岸
タキ1000-574 JOT/根岸 全検19-9-20川崎車、自重17.1t

 私が見た範囲での中央線快速電車の運用状況をまとめてみました。嬉しい所ではE233系で今月新製されたT38、T39編成とちょっとの間で初顔合わせ。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):33T運用=クハE232-1でもローレル賞のプレートを確認しました。
・クハE233-4×10(八トタT4編成):71T運用
・クハE233-5×10(八トタT5編成):75T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):59T運用
・クハE233-19×10(八トタT19編成):53T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):03T運用
・クハE233-22×10(八トタT22編成):31T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):65T運用→帰りはこの編成に乗りました
・クハE233-32×10(八トタT32編成):27T運用
・クハE233-34×10(八トタT34編成):55T運用
・クハE233-36×10(八トタT36編成):15T運用
・クハE233-38×10(八トタT38編成/新製:H20-1新津):37T運用
・クハE233-39×10(八トタT39編成/新製:H20-1新津):63T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):11H運用
・クハE233-45×10(八トタH45編成):49T運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):43T運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):17H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):25H運用
・クハE233-57×10(八トタH57編成):27H運用
・クハ201-107×10(八トタH4編成):15H運用

|

« H20.01.27 名古屋市内 | トップページ | H20.02.01 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.01.30 八王子駅:

« H20.01.27 名古屋市内 | トップページ | H20.02.01 八王子駅(その1) »