« H20.01.22 八王子駅 | トップページ | H20.01.26 四日市駅(その2) »

2008年1月28日 (月)

H20.01.26 四日市駅(その1)

 例年よりやや早い時期になりましたが、名古屋、四日市と貨車探訪に出掛けて参りました。

 西八王子は成田エクスプレスの回送が通る頃に駅に着いて5時45分発の東京行きは久しぶりの201系担当。いつも8号車に乗るところ、泥酔男が立っていたり、空気が読めないお客さんが居た故に9号車へ行き、今年になってから一度もモハ201に乗っておりません。以前はまったりした空気も訳わからん連中が増えて殺伐しましたね。

 八王子から5時53分発の横浜線・東神奈川行きは唯一の旧山手車の編成(546K、クハ205-30×8/横クラH27編成)で向かいます。

 新横浜は3月の駅ビル開業に向けていつも軽く休憩を取る南側の待合室が閉鎖されて入場も東京方の改札から入り、いつもはJCPSの売店で崎陽軒の商品も並べられて重宝しましたが、セルフサービスのオーガニックカフェしか無く、外に出てそのまま3・4番線へ向かいます。

 新横浜から『のぞみ』101号で名古屋へ向かいます。300系の担当(323-45×16/J46編成)で14号車に乗ると2人掛けに指定されたところ、先客の親父さんが朝早くからビールを頂きますが、3人掛けシートは窓際が埋まって独り占め状態が多くどうもこちらの分が悪いこと。朝食は『横浜チャーハン』とトーインの静岡茶のホット。静岡辺りまでは曇りがちだった空模様も遠州地域に入るとすっかり日が射して参りました。在来線に目を向けると313系の侵攻が進んで211系の混結は日常茶飯事。静岡車両区の片隅には115系の2000番代、西浜松の構内にはクモヤ145が2両、保留車として置かれました。新旧交代も我が地元の中央線と良い勝負です。

 名古屋で降りると真っ先にみどりの窓口で『青空フリーパス』を買い、トートバッグをコインロッカーに預けて昼食の駅弁の買い出し。券売機でこれから乗車する『南紀』81号の特急券を買います。

 『ワイドビュー南紀』81号は名古屋駅9時1分発で以前よりやや繰り上がった様子で自由席も中間のキハ84から最後尾のキハ85-1100に移動。逆カブリツキも楽しめるものの、デッキが亀山方で移動を考えると少々きついかな?ナンバーが車椅子対応になって1100番代に改められ、デッキよりの列が段を下げて2列席になっている点が特徴です。空席が多いにも拘わらず反対側に座る父っつあん坊や風の中年男がどういう神経か疑いますね。出発待ちの間にEF210-102+EF66 13[JRF色]+コキ50000×18+コキ106×1の編成。名古屋を出発して笹島で後で調査する2085列車を軽く下見し、名古屋車両区の構内にはこの程レール輸送用に作られたキヤ97が2編成置かれて大手私鉄の事業用車で良く見掛けるタイプの気動車版と言ったテイストでキヤ95譲りの精悍な顔付きが印象的です。途中、春田で『みえ』号、春野信号所(蟹江~永和間)で『南紀』、長良川・揖斐川の鉄橋で近鉄の伊勢志摩ライナーにすれ違い、桑名に停車。近鉄から分社化した養老鉄道や三岐鉄道の北勢線と見て富田でも一時停車。小野田セメントのタキ71991・112162・112169・112157・112464・71998にホキ10020+10024(チチブセメント)と入線し、東藤原に向けてフライアッシュの輸送をED45 8+ED45 2+ホキ1000-24+23+10+11+901+1の編成で出発待ち。四日市駅は9時41分到着。

○5271~171列車…通常よりやや短めの編成ですがタキ1000、タキ43000とまとまって連結され、前者は全て旧オイルターミナル所有車。
△塩浜
DD51 832+DD51 825[更新赤]
タキ1000-331 JOT/塩浜 全検19-7-18名古屋車、自重17.2t 青無
タキ1000-327 JOT/塩浜 全検19-6-22名古屋車、自重17.2t 青無
タキ1000-330 JOT/塩浜 全検19-7-25名古屋車、自重17.2t 無 
タキ1000-339 JOT/塩浜 全検19-8-18名古屋車、自重17.2t 青無 
タキ1000-346 JOT/塩浜 全検19-6-15名古屋車、自重17.2t 無
タキ43314   JOT/根岸 トケ 
タキ43461   JOT/根岸 全検19-2-15名古屋車、自重15.8t 石油類)グレー
タキ43376   JOT/根岸 石油類)青地
タキ43124   JOT/塩浜 
タキ43251   JOT/塩浜  石油類)青地
タキ243791  JOT/郡山 全検19-11-21名古屋車、自重16.0t
タキ243669  JOT/郡山
タキ243672  JOT/郡山

 本来ならこの前後に富田から小野田セメントの5363列車が到着するものの、全然現れず例年、太平洋セメント藤原工場のキルンの点検が5月頃に行われる事が多く、7年ほど前に沿線で実施した撮影会も貨物列車が全然来なく当てが外れた事があり、前支部長さんからお詫びの言葉を頂いたことで私自身、貨物列車の到着を待って全然来なかった事が結構あって心得ているので気にしておりませんよとお返事したことがあります。四日市は海沿いで且つ、鈴鹿山脈のおろし風がきつく寒さのピークに差し掛かるこの時期は出来るだけ待合室にいるようにしています。上り線側の発着線にはDD51 1188が止まって『出雲』廃止の影響で後藤総車(米子)の所属機で余剰が生じた関係で『JR電車編成表'08冬号』で1187号機が8月に廃車になり、1188号機が昨秋以降、JR貨物の愛知区へ移動した格好になり玉突き800番代の検査切れ機が保留になった様子です。

○2085列車…行きの『南紀』81号で笹島の構内で下見をして名物のコキ110を見ると肝心の24Aが積まれておらず一味足りません。
←DD51 857[更新赤]+コキ104-1720+2363+837+106-1103+104-386+468(全検19-12-18川崎車)+2732+1190+2382+110-4(全検18-10-17川崎車)+104-1699(全検19-8-3川崎車)+480+106-37(全検19-9-1広島車/グレー)+104-2113(全検19-3-28広島車)

○5282列車…停車時間7分ときついものの、何とか頑張って調査しました。目立つ車は無く、根岸から移動したタキ1000-684(昨年8月の松本行きでも確認)とタキ43153位です。
△稲沢(南松本)
DD51 890[更新青]+DD51 891[更新赤]
タキ243674  JOT/郡山 
タキ243650  JOT/郡山 
タキ243649  JOT/郡山 
タキ243834  JOT/郡山 
タキ43570   JOT/根岸
タキ243859  JOT/郡山
タキ243870  JOT/郡山 
タキ43153   JOT/根岸 トケ
タキ243724  JOT/郡山  全検19-1-17名古屋車、自重16.0t 無
タキ243856  JOT/郡山  無
タキ243864  JOT/郡山  無
タキ1000-684 JOT/根岸 無
タキ243797  JOT/郡山 全検19-5-11名古屋車、自重16.0t 無

 ここまで見終えると一度改札を出て丁度、コスモ製油所のタンク車の入れ換えが前後して行われたので入れる分を見なかったので少々後悔。引き出した分の入れ換えの様子を3番線寄りから見て待合室での昼食。名古屋駅で調達した『こだま』弁当は昔風で言うと並の幕の内弁当。焼鯖(酢飯の上に載せると焼き鯖寿司にしても悪くありません)や白身フライがメインのおかず。売店で駅員さんの食事でも買うとアピールしていたので悪くありません。

○5381列車~251列車…いつもなら南四日市行きのコンテナ車(対の5380列車でも見られず)、タンク車と連結される顔触れも今日は塩浜行きのコキ200オンリーの編成となり、機関車もそのまま251列車に。プラント火災の影響か通常の6連から4連に短縮していました。後の機関車が1800番代のナンバーが入っていたら千葉や鹿島界隈と縁が深い事になっていたので少々惜しいところです。
△塩浜
DD51 899[冷房]+DD51 892[更新赤、冷房]
コキ200-10 UT17C-8028・8027 ↑奥野谷浜発
コキ200-25 UT17C-8012・8011
コキ200-37 UT17C-8047・8048
コキ200-33 UT17C-8054・8053 ↓

○2080列車…南四日市発の分はなく、四日市発の編成のみ。前5両は9時頃に入線してホームの反対側に171列車のタキ1000の姿を見ると地元で午前中見るような顔触れとそっくりだなと吃驚。コキ200の名古屋タ常備車が全検入場の度に指定されて昨年の入場車はJRFマークが小さくなりました。
←笹島(名古屋タ) DD51 857(更新赤)+コキ104-2072+106-39(全検19-10-29輪西派/グレー塗装)+104-2102+391+1304(ここまで先の入線)+2171+2186+106-316+104-1576+200-60(海ナタ/全検18-8-8名古屋車)+137+95(海ナタ/全検19-2-28名古屋車)+73(海ナタ/全検19-8-11名古屋車)+106-726
・積載した海上コンテナ/私有コンテナ
コキ104-2171:3個目にUT5A-124(日本合成ゴム/アクリルエマルジョン)
コキ200- 60 JOTU671223[5],JOTU330034[2](ラテックス)
コキ200-137 JOTU671401[1],JOTU671359[2](ラテックス)
コキ200- 95 JOTU771175[8](潤滑油・コスモピュアセイフティー22B)
コキ200- 73 SECI860280[6],TRLU027009[2]
コキ106-726 UH17A-5045,UT8C-5035,UH17A-5060(MCLC/UH17A:ポリスチレン、UT8C:ポリメリックMDI)

 その2に続く

|

« H20.01.22 八王子駅 | トップページ | H20.01.26 四日市駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/144824/17868224

この記事へのトラックバック一覧です: H20.01.26 四日市駅(その1):

« H20.01.22 八王子駅 | トップページ | H20.01.26 四日市駅(その2) »