« H20.01.08 大宮周辺 | トップページ | H20.01.10 八王子駅 »

2008年1月 9日 (水)

H20.01.08 八王子駅

 埼玉サークルの例会が終わると京浜東北線の南行(209系でしたが一本前がE233系=後で調べると試乗した編成が一往復して来ました)で南浦和まで乗り、南浦和から府中本町の武蔵野線は久し振りに205系の生え抜き編成(2070E、クハ205-146×8/千ケヨM62編成)に乗り、豊田から京葉センターに移ってから初めてかな?と言った感覚でそれだけ山手線からの転入分が多い気がします。平成3年の12月ダイヤ改正から8連化に合わせて5本新製された1本でダイヤ改正当日が同年10月の台風で新小平駅が水没して復旧工事に合わせておよそ10日ほど遅れてスタートしました。京葉線のタイプに近い顔付きながらメタリックフェイスとマグサインが識別点。

 西国分寺からの高尾行きはE233系のT18編成で昨秋、『てんや』のラッピングが貼られた編成です。

 八王子駅に着くといつものコースで編成調査を行ない、大宮の調査がこの時期らしからぬ短編成には参りましたが、甲信方面は如何なるか。

○2087列車…この時期は最長17両になる所A重油2両、白油12両の計14両編成と八王子行きの分と変わらない長さです。中には数日前の列車で見掛けたナンバーも散見。
△篠ノ井(坂城)
EH200−14
タキ1000-120 JOT[Er]/郡山 A重
タキ1000-121 JOT[Er]/郡山 (A重)
タキ1000-479 JOT[E]/根岸
タキ1000-753 JOT/根岸
タキ1000-835 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ1000- 85  JOT[E]/郡山
タキ1000-767 JOT/根岸
タキ1000-755 JOT/根岸
タキ1000-632 JOT/根岸 無
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT/根岸 無
タキ1000-421 JOT[Er]/根岸 無
タキ1000-624 JOT/根岸 無
タキ1000-796 JOT/根岸

○5462列車…冬モードの組み合わせながら坂城発の分は3両に短縮された点を除くと例年通り。坂城発には浜五井から移動したタキ43414、西上田発には郡山→盛岡タ常備に変更したタキ1000-408と連結。後者は意外な事に地元では初見参。
△川崎貨物(浮島町)
EH200−*→EF64 1006
タキ1000-130 JOT[E]/郡山 ↑坂城→根岸 A重、石油類)黒地
タキ43414   JOT/根岸 常)浜五井
タキ1000-802 JOT/根岸   ↓
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 ↑長野→根岸 石油類)黒地
タキ44113   JOT/根岸
タキ43208    JOT/根岸   ↓ A重
タキ43213   OT/倉賀野
タキ43411   OT/郡山
タキ43114   OT/倉賀野
タキ1000-408 OT/盛岡タ 石油類)黒地
タキ43029   OT/西上田 石油類)黒地
タキ43206   OT/郡山
タキ43382   OT/倉賀野
タキ43028   OT/西上田 石油類)黒地
タキ44166   OT/倉賀野
タキ1000-381 OT/宇都宮タ

 5462列車の調査、撮影が終わると一休み。新年会帰りの影響でしょうかやや混んでいる様子でこの前には『成田エクスプレス』46号が到着し、今日はクモハ252-1×6(横クラNe-01編成)が担当し、時々200番代は来るものの、トップナンバーは珍しく新年早々ついています。

○5464列車…例年であれば5275〜5467列車継送の返送が連日入る所、5481列車の到着分そのままの編成。前方はタキ43000、タキ44000、中程〜後方はタキ1000(浜五井常備の新車は連番)、タキ243000とツートン車が続いた編成。前方ではお馴染みの青塗りタキ44000が2両(44175は久し振り)、中程〜後方では四日市から移動したタキ243000で243660、243850の2両と移動後初顔合わせ。
△千葉貨物
EF64 1004[更新色、冷房]→EF65 1061[JRF色、プレート反転]
タキ44182   JOT/郡山 青塗り
タキ43608   JOT/浜五井 A重専用
タキ44175   JOT/郡山 青塗り
タキ243823  JOT/郡山 A重
タキ243660  JOT/郡山 全検16-5-27名古屋車、自重16.0t[車票]
タキ1000-366 JOT/郡山 全検19-7-5川崎車、自重17.1t[車票]
タキ1000-819 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-359 JOT/郡山 全検19-5-29川崎車、自重17.1t
タキ1000-821 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ243850  JOT/郡山 全検19-12-26名古屋車、自重16.0t 石油類)黒地
タキ1000-822 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-820 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t
タキ1000-301 JOT/郡山 全検19-3-3川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-348 JOT/郡山 全検19-3-1川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-272 JOT/郡山 無
タキ1000- 65  JOT/郡山 無
タキ243657  JOT/郡山

○5275列車…こちらも普段は10両前後になりますが、7両編成とかなり短くなりました。両端タキ43000、中間タキ1000(青一色)と凸型の連結順序でタキ43190は一昨年の夏に全検出場したものの、捕捉は今回初めて。

EF65 1036[JRF色]
タキ43190   OT/倉賀野 全検18-8-4川崎車、自重15.8t
タキ43009   OT/西上田
タキ1000-669 OT/宇都宮タ■ 無黒
タキ1000-662 OT/宇都宮タ■ 無
タキ1000-674 OT/宇都宮タ■ 無
タキ43353    OT/倉賀野
タキ43113    OT/倉賀野 石油類)黒地

 帰路の途は『中央ライナー』11号の次に来る高尾行きがお目当てですが、編成調査が早く終わると23時44分発の中央特快は今年初めて201系の乗車となり、八王子辺りでガラガラになる事が多いものの、新年会シーズンらしく若干多い様子。車内に掲げられた車号プレートも盗難防止の観点からステッカーが貼付されておりました。西八王子で降りた所で1番線を5478列車(南松本→根岸)が通過し、今日はEF64 63+EF64 64[共にJRF色]の牽引で気付くのが早かったら良い所が撮れたなと手遅れ。タキ1000に貼られたエコレールマークをチェックすると435番だけありました。

 いつもの様に中央線・快速電車の運用状況を見たままですがまとめてみました。
・クハE233-3×10(八トタT3編成):19T運用
・クハE233-4×10(八トタT4編成):27T運用
・クハE233-5×10(八トタT5編成):07T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):15T運用
・クハE233-10×10(八トタT10編成):37T運用
・クハE233-14×10(八トタT14編成):17T運用
・クハE233-17×10(八トタT17編成):65T運用(八王子〜西国分寺で乗車)
・クハE233-18×10(八トタT18編成):55T運用(西国分寺〜八王子で乗車)
・クハE233-19×10(八トタT19編成):09T運用
・クハE233-21×10(八トタT21編成):47T運用
・クハE233-29×10(八トタT29編成):11T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):21T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):41T運用
・クハE233-36×10(八トタT36編成):57T運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):23H運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):31T運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):53T運用(八王子〜西八王子で乗車)
・クハ201-115×10(八トタH5編成):17H運用
・クハ201-126×10(八トタH6編成):43T運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):19H運用

|

« H20.01.08 大宮周辺 | トップページ | H20.01.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H20.01.08 八王子駅:

« H20.01.08 大宮周辺 | トップページ | H20.01.10 八王子駅 »