« H19.12.20 八王子駅(その2) | トップページ | H19.12.31 »

2007年12月26日 (水)

H19.12.26 八王子駅

 23日は恒例の埼玉サークルの忘年会に出席するつもりが午後から晴れたものの、雨降りで断念し、大変失礼致しました。どうも私は朝のうちに雨降りは出辛く、鉄道友の会の行事でも実施当日が雨天に遭う事が多くなり(特に今年はE233系の撮影会が最強)、我が身も躊躇します。それだけ罰当たりのマニアが多いのだろうと感じさせます。

 24日・クリスマスイブの夕刻に親の従兄弟にあたるおばさんのご主人が亡くなり、お住まいが拙宅と中央線の線路を挿んで等距離なので昨日、お悔やみに出掛けて参りました。行年64歳、知り合いの会員さんや他の親類、知人のどの辺とご一緒かなと思いつつ。元々は淡路島のご出身(8月に亡くなられた阿久 悠さん[=若い時の顔を見ると東京支部のM副支部長を思わせる雰囲気です]と隣町とかで………)でお兄様や妹さんと見えられてお話を伺うと皆さん優秀で頭が下がります。この間、埼玉サークルのロングラン例会等で良く顔を合わせたシニアの会員さんが奥様宛から亡くなられたと欠礼のお葉書が届き、早速お返事を書いて生前お世話になった一言と5年前にE257系のブルーリボン賞授賞式の試乗会で同じ車に当たった事を思い出し、翌年の夏遠征で出掛けた際に撮影したデジカメ画像を一緒に印刷して送った所喜ばれ、良いご供養になりました。清水寺の貫主さんが例年、年末に世相を漢字一文字で書く事が恒例となりましたが、あやかって私にとっては鉄道友の会で長年、主要なポジションに就いておられた方や会長さんと亡くなられて「惜」の字と言った所です。

 八王子駅の近くへ年末年始用のものの買い出し、用事ついでに色々と見て参りました。いつもの様に松本から来る115系に乗るとボックス席がまるまる空いていたので早速ゲットし、名目上、今年最後なので幸先ついています。

○5270列車…2両目以降は東急6000系の列に隠れてしまい、5番線からの調査となりましたが、この時期では普段の半数に当たる8両編成となりました。
△根岸
EF64 1006+EF64 1004[更新色、冷房]
タキ1000-786 JOT/根岸
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-297 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-603 JOT/根岸 無
タキ1000-469 JOT/根岸 無
タキ1000-287 JOT/郡山 無
タキ1000-500 JOT/根岸 無
タキ43499    JOT/郡山 トケ

○2089列車…こちらも普段より1両少ない5両の連結。甲種があると時間配分に骨が折れます。
△竜王
EH200−1
コキ104-2499
コキ104- 269
コキ104-2260
コキ104-2264
タキ1000-481 JOT/根岸   ↑根岸発
タキ1000-229 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-489 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000- 72  JOT[E]/郡山
タキ1000-474 JOT[E]/根岸 ↓ 無

 4番線と5番線の間には東急大井町線の急行運転用に新製された6000系の搬入が停車中で例によってカメラ片手のファンが押し寄せ、5000系の車体をベースに7000系風の顔(ロゴやナンバーの書体は5000系と同じ)、ラインカラーは幕板がワインレッド、両側にオレンジ色5本のストライプが引かれ、順に幅が広がるので185系のストライプを思わせます。こちらは実際はグリーンになりましたが、サンプルでもオレンジ色が使われてこちらが実現したら驚いた事間違え無し。東急の電車も随分とお洒落になりました。見ていると『スーパーあずさ』11号を待っていたセルシオ越後風のお父さんから「何で東急の電車来ているの?」と突っ込まれた程です。ただカメラ向けている兄ちゃんよりも立場故についついと明快に答えてしまいます。『コ○タン文庫』を知らない中高生どもが多いですね。

 今日の甲種輸送は次の通りです。
←長津田 DE10 1554[正面朱塗り]+6401+6501+6601(→)+(←)6101+6201+6301
 6両編成でパンタグラフは6200型に1基、6500型に2基の搭載で目黒〜南北線用の5080系と同じ車内設備、機器配置と思われます。

○8272列車…5270列車、2089列車の長さを見てこれも短めでヤバいかな?と思いましたが、現車14両とこの時期の例年通りの長さで一安心。東急6000系を牽いたEF65の1000番代もこの列車の無動力回送で新鶴見へご帰還。秋頃までは1001号機の専従に近かったものの、検査切れで1045号機に変更。昭和47年製造では珍しい赤いプレート付きの車で昭和51年以降の新製機では良く見掛けるものの、同年製では唯一の存在です。
△根岸
EH200−12+EF65 1045[JRF色、赤プレート、冷房]
タキ43310   JOT/根岸 トケ
タキ1000-149 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-494 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-434 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-441 JOT/根岸
タキ1000-587 JOT/根岸 全検19-9-17川崎車、自重17.1t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸
タキ1000-166 JOT[E]/郡山
タキ1000-679 JOT/根岸
タキ1000-764 JOT/根岸
タキ1000-795 JOT/根岸

 ここまで終わると改札を出た所にあるみずほ銀行のATMに預金し、多少待たされたものの順調に流れて東急スクエアへ。中で色々と買物をしてそば屋での昼食。ヨドバシカメラでMDを買ってから京王プラザホテルのスターバックスで今日からの新メニュー(ペストリー)を味わい、手持ちのステンレスマグをパートナーさんのお兄ちゃんに年内最後なので洗ってもらい、八王子駅の改札前にあるNEW DAYSでE233系のラッピング電車の運用を確認したかったので東京時刻表があるかなと思ったら無かったのでホームの立ち番用の時刻表を確認すると13時半過ぎの中央特快でK-1ダイナマイトのラッピング電車が来る事が分かり、2番線の高尾方にて公衆電話からKIOSKの間で待つ事に。35分発の高尾行きから降りるお客さんよりもカメラ片手の兄ちゃん達が3番線の端っこ一杯に歩いていたので見るなり一喝し、安全意識が欠如している現れで睨まれているのですよ。編成全体を両側、後2両と撮影して13時39分発の大月行きで西八王子へ向かい、今年一年の調査も終了。少し早く年末年始のお休みに入りますが、今年一年ご愛顧ありがとうございました。良いお年をお迎え下さい。

 最後はいつも通り中央線の快速電車の運用状況をまとめてみました。大晦日恒例のK-1ダイナマイトのラッピングがT25編成に貼られ、側面にはロゴとTBSの社名ロゴ、ドアの下にはK-1ファイターの面々の写真が貼られて真正面から撮れないのが惜しい所です。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):49T運用
・クハE233-6×10(八トタT6編成):65T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):75T運用
・クハE233-9×10(八トタT9編成):43T運用
・クハE233-12×10(八トタT12編成/杏林大外国語学部ラッピング):55T運用
・クハE233-16×10(八トタT16編成):03T運用→帰りはこの編成に乗車
・クハE233-25×10(八トタT25編成/K-1ダイナマイトラッピング):37T運用
・クハE233-27×10(八トタT27編成):59T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):15T運用
・クハE233-34×10(八トタT34編成):63T運用
・クハE233-44×10(八トタH44編成):15H運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):31T運用
・クハE233-50×10(八トタH50編成):27H運用
・クハE233-52×10(八トタH52編成):25H運用=ローレル賞の後では初めて
・クハE233-54×10(八トタH54編成):11H運用
・クハE233-55×10(八トタH55編成):17H運用
・クハE233-57×10(八トタH57編成):53T運用
・クハ201-1×10(八トタH1編成):71T運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):27T運用

|

« H19.12.20 八王子駅(その2) | トップページ | H19.12.31 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.12.26 八王子駅:

« H19.12.20 八王子駅(その2) | トップページ | H19.12.31 »