« H19.12.20 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.26 八王子駅 »

2007年12月20日 (木)

H19.12.20 八王子駅(その2)

 南大沢にあるTOHOシネマで"Always三丁目の夕日2"を見に行き、お客さんの入りも159席の所、観客20人前後と空いて1列あたり2〜3人と私は比較的高い(後方)席に案内されて座り心地満点、場所も申し分ありませんでしたが、意外と私はシネコン初体験でもう何度も行かれている皆さんには申し訳ございません。終わってから同じビルの3階のスターバックスで一休みし、新宿行きの快速に乗ったのは京王堀之内の駅名ストラップを買おうと思って赴いて売店の店員さんに尋ねるともう終わった様でお手上げ。都営10-300型の橋本行き各停に乗って橋本経由で八王子へ戻ります。

○2459列車…先月あたり見た時は南松本行きの編成で一部、コキ104が連結されてこのまま置き換えるかなと思って編成を見ると再びオールコキ50000の編成に戻り、前の方を見るとコキ51736が19-12-6名古屋車、コキ52760が19-12-6川崎車と編成中のコキ50000を見るとこの秋に定期検査を受けたナンバーが目立ち、どうやらコキ104やコキ106の連結は検査入場車のピンチヒッターの形で終わった様な気がします。『車掌車』の12月号で書いた事も私の調査不足が災いして狂った様ですみませんでした(EF64目当ての撮り鐵を気にしなければまめに見に行けたのですが………)。ガードマンさんへの要望として16時頃の八王子駅の3・4番線の高尾方は常に変な撮り鐵マニアが居座っているのでパトロールして下さいな(この時間帯、八王子駅を降りると如何わしい客引き野郎も多いので出難くなります)。

○2088列車…こちらも編成内容が冬モードに入り、タキ1000が2081列車で竜王に到着した分を中心に12両(11両は2080列車で返送)が連結。オイルターミナル所有から移ったタキ1000-307とご対面。実は8月3日発の5470列車で確認したものの後手に回り、すみませんでした。
△根岸
EH200−3
タキ1000-159 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-609 JOT/根岸 無
タキ1000-350 JOT[E]/郡山
タキ1000-799 JOT/根岸
タキ1000- 89  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-573 JOT/根岸 全検19-9-14川崎車、自重17.0t
タキ1000- 48  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-122 JOT/郡山 A重
タキ1000-307 JOT/根岸 全検19-6-22郡山車、自重17.4t A重(青地)
コキ104-1025 ↑梶ヶ谷タ行き 全検15-2-12小倉車
コキ104-1072
コキ104- 426
コキ104-2593 ↓ 全検18-10-26小倉車

○5479列車…こちらも冬モードに入り、南松本で5578列車に乗せ変える村井行きだけで8684列車に乗せる分は8469列車で送られる様子ながら辰野行きが無いのはこの時期としては異例です。浜五井から移動したタキ43000で43130番を発見。
△南松本
EH200−11
タキ43473   JOT/根岸 トケ、石油類)青地
タキ1000-565 JOT/根岸 全検19-7-20川崎車、自重17.1t
タキ1000- 61  JOT[E]/郡山
タキ1000-271 JOT[E]/郡山
タキ43130   JOT/仙台北港 全検16-9-17郡山車、自重16.0t トケ、石油類)青地
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-228 JOT/郡山 無、トケ解除
タキ1000-268 JOT/郡山 無
タキ1000-785 JOT/根岸
タキ1000-486 JOT[E]/根岸
タキ1000- 27  JOT[E]/郡山
タキ1000-295 JOT[E]/郡山

 引き続き、私が確認した範囲での中央線快速電車の運用状況をまとめてみました。E233系のT12編成には杏林大学外国語学部のカラフルなラッピングが貼られ、今月10日から来月6日の予定でプロモーションが行なわれます。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):37T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):63T運用
・クハE233-9×10(八トタT9編成):31T運用
・クハE233-12×10(八トタT12編成/杏林大外国語学部ラッピング):43T運用
・クハE233-14×10(八トタT14編成):71T運用
・クハE233-17×10(八トタT17編成):27T運用
・クハE233-18×10(八トタT18編成):17T運用
・クハE233-21×10(八トタT21編成):09T運用
・クハE233-26×10(八トタT26編成):75T運用
・クハE233-29×10(八トタT29編成):59T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):79T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):25H運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):03T運用
・クハE233-49×10(八トタH49編成):19H運用
・クハE233-50×10(八トタH50編成):15H運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):49T運用
・クハE233-54×10(八トタH54編成):27H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):17H運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):15T運用
・クハ201-107×10(八トタH3編成):53T運用

|

« H19.12.20 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.12.20 八王子駅(その2):

« H19.12.20 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.26 八王子駅 »