« H19.12.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.13 八王子駅 »

2007年12月 8日 (土)

H19.12.07 八王子駅(その2)

 貨車部会例会に出掛ける前、市ヶ谷にある鉄道友の会の本部に立ち寄り、先月の14日に実施したE233系ローレル賞授賞式の新聞記事が朝日新聞の多摩版に載った情報を寄せて本部事務局のO氏も知らず(駅売りの新聞で確認したら載っていなかった様なお話を伺いました)、スキャナーで取り込んでプリントアウト(写真用にコーティングした紙=キヤノンでこの程発売した光沢ゴールド紙)したものを提供しました。O氏の他、九州の県名と同名であるM氏と執務されてお邪魔する度、同じ鉄道友の会の会員故か資料を読みながら世間話を交わすのも楽しみです。30分程お邪魔してから市ヶ谷駅の上にあるスターバックスで一休みして丁度、2月から八王子のお店でお世話になっているストアマネジャーさんの前任地でもあるので訪れたついでに立ち寄り、ガラス張りでお堀よりも靖国通りや日本テレビの旧局舎の方へ向かう通りの方が目立ちます。地下鉄の駅に入ってメトロ(有楽町線)の改札前で地下鉄80周年記念の『メトロニュース』や都営新宿線の改札前にはTBSラジオのPR誌がラックに入っていたのでゲットして都営新宿線で新宿へ。マスターにとっては手近なエリアで乗る機会が多い都営10-300型に当たり、明日、明後日は休日ダイヤで高尾山口にも顔を出します。タイムズスクエアの東急ハンズに立ち寄り、前は下の方にもコーナーがあったかなと思ったら来年6月に開業するメトロ副都心線の利用客に合わせて大掛かりなリニューアルが行なわれ、2階〜8階と規模がやや縮小しました。文房具売場や食玩などを漁って暮れなずむ新宿から大崎へ。19時過ぎから今年最後の貨車部会例会。初参加者もあり、これからもご愛顧願います。

 帰路はいつもの様に八王子駅で2087列車から見てこの所『中央ライナー』11号の後に来る高尾行きに合わせて24時前で切り上げていましたが、久し振りに24時超えの調査となりました。

○2087列車…師走のこの時期、17両編成一杯で来るかなと思ったら11両編成とやや抑えめの編成となりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−5
タキ1000-113 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-623 JOT/根岸
タキ1000-211 JOT[E]/郡山
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ1000- 62  JOT[E]/郡山
タキ1000-435 JOT[E]/根岸
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-835 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 68  JOT/郡山

○2082列車…いつも通りの組み合わせで到着し、後方に連結されたコキ50000に積まれたコンテナ(19D、19E)には『臭気コンテナ』の紙が挿入されて中の匂いが漂っていたのか東京タ辺りへ回送して消臭作業に取り掛かるのではと思われます。
←梶ヶ谷タ EH200-3+コキ106-221+104-2035+2181+601+1950+2034+106-50+104-5009[福岡タ行き]+52484+53388+51531[梶ヶ谷タ行き]

○5462列車…この列車も漸く冬モードに入り坂城や長野から根岸へ返送するタンク車の姿が見られ、例年は坂城発が5両、長野発が3〜4両がお決まりですが、今日は逆さまで本筋の西上田発はタキ43000ばかりの6両。前2両がS46新製、後4両がS42新製の顔触れで根岸行きが多くなり、庇貸して母屋取られる格好の編成です。
△川崎貨物
EH200−6→EF64 1013[更新色、冷房]
タキ1000-796 JOT/根岸 ↑坂城→根岸
タキ1000-590 JOT/根岸 全検19-9-15川崎車、自重16.9t 無
タキ1000-600 JOT/根岸 ↓ 全検19-9-21川崎車、自重17.1t
タキ1000-109 JOT/郡山 ↑長野→根岸 A重
タキ1000-121 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-836 JOT/根岸 新製19-11-9日車、自重17.2t
タキ44113   JOT/根岸
タキ43284   JOT/根岸 ↓ A重
タキ43210 OT/倉賀野
タキ43206 OT/郡山
タキ43019 OT/南松本
タキ43016 OT/郡山
タキ43021 OT/南松本
タキ43027 OT/倉賀野

○5464列車…今回もタキ1000の新車(たった1両ですが)、四日市からのタキ243000と確認し、中には黒塗りの車で最初、汐見町の日石油槽所に配備されて岐阜と大垣の間にある穂積にあった油槽所向けの列車で良く見掛けて、平成9年3月ダイヤ改正の廃止後暫く保留扱いになってから四日市へ移り南松本や梅小路、守山向けに運用され新製後18年過ごした東海エリアから浜五井へ移動。機関車は八王子からEF65の535号機が登板し、丁度、今日の例会の申込した日の夕方に見掛けた以来で偶然の一致には嬉しく、編成長も5275〜5467列車継送と思われる4両が加わり総勢21両編成での冬モードに。
△千葉貨物
EF64 1026[更新色、冷房]→EF65 535
タキ43393   JOT/根岸
タキ43513   JOT/郡山
タキ1000-366 JOT/郡山 全検19-7-5川崎車、自重17.1t
タキ243833  JOT/郡山 全検15-4-19名古屋車、自重16.0t
タキ1000-367 JOT/郡山 全検19-6-30川崎車、自重17.0t
タキ43337   JOT/根岸
タキ43625   JOT/郡山 全検19-5-8川崎車、自重16.2t 石油類)青地
タキ243660  JOT/郡山 全検16-5-27名古屋車、自重16.0t
タキ1000-182 JOT/郡山 無
タキ1000-355 JOT/郡山 全検19-2-17川崎車、自重16.8t
タキ1000-817 JOT/浜五井 新製19-10-9日車、自重17.2t 石油類)グレー
タキ243656  JOT/郡山 全検16-4-15名古屋車、自重16.0t 常)四日市[車票]
タキ43641   JOT/郡山 全検19-10-26川崎車、自重16.0t[車票]
タキ43630   JOT/郡山 全検19-8-10川崎車、自重15.6t
タキ1000-162 JOT/郡山 無
タキ1000-301 JOT/郡山 全検19-3-3川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-348 JOT/郡山 全検19-3-1川崎車、自重17.1t 無[車票]
タキ43609   JOT/郡山 [車票]
タキ43619   JOT/郡山 全検19-7-13川崎車、自重16.0t
タキ243698  JOT/郡山 全検18-7-11名古屋車、自重16.0t
タキ243688  JOT/郡山 全検17-6-22名古屋車、自重16.0t

○5275列車…定刻であれば5464列車とほぼ同時の到着ですが、中央線の下りが22時40分頃に武蔵小金井、23時10分頃に豊田〜八王子間の踏切で緊急停止が発生した影響で10分程遅れての到着(5464列車と掛け持ちでてんてこ舞いでした)。冬場恒例の南松本行きの併結が行なわれたものの、八王子行きのOTタキは少々少ない気がします。

EF65 1035[JRF色、冷房]
タキ243884 JOT/郡山 ↑南松本行き 石油類)グレー
タキ243694 JOT/郡山 石油類)グレー
タキ43624   JOT/郡山 全検19-5-19川崎車、自重16.1t
タキ243823 JOT/郡山 ↓ A重
タキ43456   OT/宇都宮タ
タキ1000-389 OT/宇都宮タ 無
タキ43113   OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43009   OT/西上田
タキ43029   OT/西上田 全検17-3-15川崎車(22-6-5切) 石油類)黒地※
タキ43353   OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43379   OT/倉賀野
※タキ43029の休車指定=熊谷タ派H19-9/82日

○5478列車…タキ1000とタキ43000が整然と並んだ編成で久し振りに村井発オンリーの顔触れで到着しました。ナンバーを見るといつの間にか浮島町や浜川崎と他の京浜地区の駅へ移動していたタキ43000が戻って来たのでタキ1000があれだけ居る割には動きが流動的です。今年全検を受けたH14新製のタキ1000を1両キャッチし(1000-593)、今日だけで3両(日車製だけ)、未確認は残り6両となりました。
△根岸
EF64 20+EF64 69
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 ↑村井発[8685レ]
タキ1000-681 JOT/根岸 無
タキ1000-622 JOT/根岸   ↓ 無
タキ1000-568 JOT/根岸 ↑村井発[5579レ] 全検19-6-1川崎車、自重16.8t
タキ1000-155 JOT[E]/郡山
タキ1000-593 JOT/根岸 全検19-10-23川崎車、自重16.9t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸
タキ1000-779 JOT/根岸
タキ1000-759 JOT/根岸
タキ1000-159 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-624 JOT/根岸 無
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 無
タキ43471   JOT/根岸 トケ、石油類)青地
タキ43549   JOT/根岸 トケ
タキ43499    JOT/郡山 ↓

○5470列車…編成の大半は4日の8273/8272列車で八王子に来たナンバーが多くその後にA重油専用のタキ1000を繋げた格好で現れました。
△根岸
EH200−10
タキ1000- 87 JOT[E]/郡山
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無
タキ43310   JOT/根岸 トケ、石油類)黒地
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 全検19-5-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-236 JOT[E]/郡山
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-352 JOT/郡山
タキ1000-570 JOT/根岸 全検19-8-14川崎車、自重17.0t
タキ1000- 37 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 9 JOT/郡山 A重(側表示板)

○5467列車…久し振りに編成調査を行ない、この時期らしく浜五井、根岸、浮島町発と小刻みで連結されてグルメレポーターの○麻呂風に言うと「タンク車の会席料理や〜!」と表現したくなる内容です。浮島町発はOT、タキ38000が半数ずつで38003番は京浜エリアでは主の存在で中央線筋では扇町から南甲府行きがあった頃から見掛けるナンバーで先月の全検でピカピカになっておりました。
△南松本
EH200−2
ホキ1818 初狩[A] 全検19-12-5川崎車、自重18.2t 川崎貨物→八王子
タキ243884  JOT/郡山 ↑浜五井発[5275レ] 石油類)グレー
タキ243694  JOT/郡山 石油類)グレー
タキ43624   JOT/郡山 全検19-5-19川崎車、自重16.1t
タキ243823  JOT/郡山 ↓ A重
タキ43415   JOT/根岸   ↑浜五井発[5976〜5972レ]
タキ43255   JOT/仙台北港 ↓ 青塗り
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 根岸発 無
タキ38054   JOT/郡山 全検15-10-2川崎車(22-1-23切)、自重17.6t 常)浜五井
タキ43367   OT/八王子
タキ38003   JOT/仙台北港 全検19-11-14川崎車、自重17.4t 常)浮島町
タキ44181   OT/宇都宮タ
※タキ38054の休車指定=千葉区H17-10/153日、隅田川区H18-10/157日、熊谷タ派H19-10/168日

 ここまで見ると今年の鉄道友の会関係の活動も一段落。締めくくりはE233系の中央線用ラスト・H57編成に当たるも座った周りが最寄駅の下車でもう少し後方に座れば良かったとこの時間帯はなかなか空かず、読めないので油断になりません。降りると後で下り線をEF64(JRF色重連)+OTタンク車7両の川崎貨物→西上田の5463列車が通過する様子が見えました。

 私が見た範囲での快速電車の運用状況をまとめてみました。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):11T運用
・クハE233-2×10(八トタT2編成):47T運用
・クハE233-3×10(八トタT3編成):09T運用
・クハE233-4×10(八トタT4編成):03T運用
・クハE233-7×10(八トタT7編成):57T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):37T運用→八王子〜四ッ谷で乗車
・クハE233-12×10(八トタT12編成):41T運用
・クハE233-13×10(八トタT13編成):63T運用
・クハE233-15×10(八トタT15編成):31T運用
・クハE233-16×10(八トタT16編成):15T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):59T運用
・クハE233-22×10(八トタT22編成):07T運用→新宿〜八王子で乗車
・クハE233-23×10(八トタT23編成):75T運用
・クハE233-26×10(八トタT26編成):49T運用
・クハE233-27×10(八トタT27編成):21T運用
・クハE233-29×10(八トタT29編成):33T運用
・クハE233-30×10(八トタT30編成):65T運用
・クハE233-31×10(八トタT31編成):53T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):55T運用
・クハE233-34×10(八トタT34編成):25T運用
・クハE233-35×10(八トタT35編成):83T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):27H運用
・クハE233-44×10(八トタH44編成):19T運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):15H運用
・クハE233-50×10(八トタH50編成):17H運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):43T運用
・クハE233-54×10(八トタH54編成):25H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):23H運用
・クハE233-57×10(八トタH57編成):09H運用→八王子〜西八王子で乗車。E233系の中央線分ラスト編成と年内最後の例会帰りに当たって偶然の一致です。
・クハ201-19×10(八トタT102編成):15T運用(2215T〜)
・クハ201-1×10(八トタH1編成):71T運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):19H運用
・クハ201-107×10(八トタH4編成):27T運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):11H運用
※79T運用で201系の運用がありました。

|

« H19.12.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.13 八王子駅 »

コメント

お世話になります、新たに貨車部会に入会しましたA.M.と申します。運営が大変だと思いますが、これからもよろしくお願いいたします。
当方の宣伝で申し訳ありませんが、貨物列車の動画サイトを運営しております。
http://bierwagen.fan-site.net/mjft/
よろしかったら御覧になって下さい。それでは取り急ぎ御連絡まで。

投稿: A.M. | 2007年12月 9日 (日) 09:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.12.07 八王子駅(その2):

« H19.12.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.12.13 八王子駅 »