« H19.11.28 八王子駅 | トップページ | H19.12.07 八王子駅(その1) »

2007年12月 4日 (火)

H19.12.04 八王子駅

 師走に入りまして皆さん年末に向けてお仕事や年賀状づくりにお忙しい事と思われます。この12月は平成10年代締めくくりの月でもあり、この間に20世紀から21世紀に変わり、子供の時に見た未来の予想図はバラ色でも現実は世相が殺伐として来たり、物事の監視が厳しくなり何処か辻褄が合いません。鉄道友の会の会員数もこの頃は5,000人前後だったのが最近では3,000人台に減り、鉄道雑誌や書籍でお馴染みがあった大ベテラン会員の物故が今年は相次ぎ、支部が居住する都道府県別に自動的に入る格好から各自の自己登録とシステムチェンジして最初は物議を交わした事もありましたが、最近はすっかり定着した様子です。あるサークルのサークル報では鉄道趣味が一般にも浸透したものの、鉄道友の会の入会希望が殺到しない変な現象が出てしまい、これを皮肉った事を書かれています。私でさえも今のブームはマスコミやメディアに造られ、惑わされている様子に感じ取れ、某航空会社が長年スポンサードしているFMの音楽番組で物故された男性DJと番組内容でイメージが一致するものの、今ではプロの伝え手、ライターに薄っぺらな人が多く、読み手に心が伝わらず、メディアでちやほやされている者も10年後は『あの人は今』的存在になりますね。

○5270列車…今日もタキ1000オンリーの16両編成。後方にはH14全検車が続いてこの間は前の方に来ていたナンバーが4番線の中程から撮れました。タキ1000の新車を見ると今年は浜五井や本輪西の配備車が登場してなかなか収束出来ませんでしたが、今回から昨年度の新製車のデータは省略させて頂きます。
△根岸
EF64 1005[更新色]+EF64 1042[更新色、冷房]
タキ1000-609 JOT/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-478 JOT/根岸 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-622 JOT/根岸 無
タキ1000-681 JOT/根岸 無
タキ1000-466 JOT[E]/根岸
タキ1000-259 JOT[E]/郡山
タキ1000- 18  JOT/郡山
タキ1000-356 JOT/郡山
タキ1000-577 JOT/根岸 全検19-4-16川崎車、自重17.1t
タキ1000-574 JOT/根岸 全検19-9-20川崎車、自重17.1t
タキ1000-265 JOT[E]/郡山

○2089列車…師走に入り、コキ104・106×4+タキ1000×6と標準的は組み合わせです。コキ104、コキ106が前後2両ずつで後者は水色→グレー塗り替え。
△竜王
EH200−10
コキ104-1347
コキ104- 543
コキ106- 212 全検19-5-30川崎車(グレー塗り替え)
コキ106- 271 全検17-6-15川崎車(グレー塗り替え)
タキ1000-268 JOT/郡山 ↑根岸発 無
タキ1000-488 JOT/根岸 無
タキ1000-470 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-793 JOT/根岸 ↓

○8272列車…横浜線のカーブから機関車溜まりのEH200が見えなかったので奥に居るかなと思って入換のDE10が1554号機(正面九州タイプ)に変わって新鶴見への回送かなと思ったら大当たり。タンク車は14両のフル編成と本領発揮。
△根岸
EH200−8+DE10 1136[動車色、新鶴見へ無動力回送]
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-288 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-687 JOT/根岸 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 無
タキ43310   JOT/根岸 トケ、石油類)黒地
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 全検19-5-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-236 JOT[E]/郡山
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-370 JOT[E]/郡山 全検19-4-4川崎車、自重17.1t
タキ1000-352 JOT/郡山

 快速電車の運用状況では珍しく今日は少なくとも1〜2本は見られる201系の担当が全然見られず、E233系のT21編成が現れ、8272列車の編成調査の途中で苦し紛れ(?)に撮影しました。
・クハE233-3×10(八トタT3編成):03T運用
・クハE233-8×10(八トタT8編成):31T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):53T運用
・クハE233-21×10(八トタT21編成):63T運用
・クハE233-26×10(八トタT26編成):43T運用
・クハE233-27×10(八トタT27編成):15T運用
・クハE233-28×10(八トタT28編成):55T運用
・クハE233-29×10(八トタT29編成):27T運用
・クハE233-30×10(八トタT30編成):59T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):49T運用
・クハE233-44×10(八トタH44編成):27H運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):71T運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):75T運用
・クハE233-49×10(八トタH49編成):15H運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):25H運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):37T運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):17H運用

|

« H19.11.28 八王子駅 | トップページ | H19.12.07 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.12.04 八王子駅:

« H19.11.28 八王子駅 | トップページ | H19.12.07 八王子駅(その1) »