« H19.10.25 八王子駅 | トップページ | H19.10.27 八王子駅(その2) »

2007年10月27日 (土)

H19.10.27 八王子駅(その1)&E233系撮影会

 E233系が鉄道友の会のローレル賞を受賞してこの撮影会が今日の午後、武蔵小金井電車区にて行なわれるので行き掛けにあれこれと調査しました。台風上陸間近故に雨足が気になる所でどうも私が参加する撮影会の日は晴れ男の我が身に反して降られる事が多く、この頃は遠征に出掛けても真っ昼間から駅のホームで平然とカメラを向ける若い撮り鉄連中が多いのでこいつらが跋扈しているから行いが悪くなるのですが………とボヤイております。鉄道友の会も近年、雑誌や著書でお馴染みだった大ベテランの方が物故する事が多くなり、若い会員が入っても交流が消極的で最近の社会人成り立ての人の様に短期間で辞められる方が多くなり、例会の出席もどうなのかな?と思う様な方が多く見受けられます。私の場合、色々と行きたい所、交通費がどうしてもJR運賃換算で片道500円以上と参加費より交通費の方が高くなるので絞って出席している事が実情です。冒頭から話題が脱線しましたが、土曜日は運休が多いかなと思ったらいつもの内容で見る事が出来ました。

○5270列車…前後で一部入れ替わりましたが、中程は24日に根岸で調査した5270〜5269列車の車がそのまま入っています。ウィークデーは10時50分頃の出発ですが、土休日は27分発とかなり繰り上がり、普段は5270列車→2089列車→5270列車の機関車と進める所、出発時刻を気にしながらいの一番に機関車から編成全体と見て2089列車の順に見ました。先頭に連結されたタキ1000-361は全検出場後の初確認です。
△根岸
EF64 1036[更新色、冷房]+EF641010[更新色]
タキ1000-361 JOT[E]/郡山 全検19-4-18川崎車、自重16.9t
タキ43426   JOT/郡山 トケ
タキ43480   JOT/根岸 トケ
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 トケ解
タキ1000-166 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 トケ解/無
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-268 JOT/郡山 無
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-586 JOT/根岸 全検19-7-11川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-146 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-623 JOT/根岸 無
タキ1000- 85  JOT[E]/郡山
タキ1000-587 JOT/根岸 全検19-9-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-758 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t

○2089列車…いつも通りの編成でコロ軸が丸いH5以降に新製されたコキ104が続くとやや物足りない印象ですが、”JR貨物”のロゴ入りで新製されたグループが入ると調査も何処か力が入ります。
←竜王 EH200-901+コキ104-759(全検19-4-19輪西派)+1984+107+2896(全検19-6-25輪西派)

 11時を回ってから武蔵小金井へ向かおうと思った所で1番線の東側で控えていたDE10(このところ、標準色の1594号機が入換えておりましたが、久し振りに動車色の1136号機がリリーフ)が動き出したので8272列車の入線まで待つ事にしてこの編成調査を終わってから11時28分発の東京行きで向かいます。

○8272列車…こちらは前半分が25日の5270列車(24日着の5277列車)で見たのと同じ顔触れでここでもタキ1000の全検対象車の確認ができ、未確認のH14新製車では川重2両、日車10両です。
△根岸
EH200−**
タキ43547   JOT/郡山 トケ
タキ43569   JOT/根岸 トケ
タキ43156   JOT/根岸 トケ
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-488 JOT/根岸 無
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-620 JOT/根岸 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ解除/無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-500 JOT/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/郡山
タキ43554   JOT/郡山 トケ
タキ1000-585 JOT/根岸 全検19-6-26川崎車、自重17.1t
タキ1000- 20  JOT[E]/郡山

 編成調査を終えて八王子11時28分発の東京行きで武蔵小金井へ向かいます。立川で『あずさ』10号に待避があるものの、2分遅れての到着で西国分寺は次発の中央特快と接続を行なう所、先の『あずさ』の遅れの影響でしょうかカラ待避で出発。

 正午を回った頃に武蔵小金井に着き、北口の『ラーメン粋家』にて昼食。味自慢の味噌ラーメンを味わい、白菜、ニラにモヤシ、タマネギ、人参と盛沢山。マスター好みの盛り合わせで(完璧なベリタリアンではありませんが)コーンが無いのが少々惜しい所。最近、ご無沙汰しましたが京王八王子のSCにある高山らーめんの野菜たっぷり味噌ラーメンと近いタイプです。丁度、バス乗り場の真ん前で小平団地行きのバスは頻発なので一本待てばすぐ来るので合間を使ってパスモややくみつるのイラストが入ったラッピングバスをデジカメに収めて。八王子でも先月末からパスモが使える様になったので京王電鉄バスや西東京バス、多摩バスでも見る事が出来ますが、地元に居ながら意外と収めていないのが惜しい所です。待っていると大ベテラン会員のUさんが現れて「(こんな雨だけど、撮影会を)やるのかい?」と不思議に思ったり、名古屋支部の会員・Kさんも一張羅で参上。帰りの新幹線が気掛かりとの事で一本待って12時53分発の小平団地行き(京王バス小金井G40224)でJR車庫前まで乗車。腰掛けると前には私鉄系部会・研究会でお馴染みのNさんが現れ、お近くの神奈中は未だバスカードしか対応していない様子で小田急系はペースが遅いかな?と感じています。

 バスから降りると本部のO氏が立って路地に入り、ガレージで受付。安全タスキ、プリントや解説書・図面のコピーや参加費に含まれた『華』のオレンジカードと受け取り、検修庫脇にある控え室にショルダーを置いて30人ずつ3班編成で私はA班で。2月に来た時はもう少し上り線寄りでしたが、内側へ3線程入ってE233系はT17編成(クハE233-17×10)、201系はT127編成(クハ201-50×10)と並べて撮影し、E233系にはローレル賞記念のヘッドマークを付けて定番の組み合わせの他、ホリデー快速・松本、通勤快速・上諏訪、普通と大月以西の組み合わせにホリデー快速おくたま・府中本町、各駅停車(黄色)・川越、青梅特快・富士吉田、特別快速(水色)・幕張、青梅特快・大宮、通勤特快・東小金井と実際あり得ないパターンと表示され、201系も方向幕、種別幕とサービスして多いに楽しみ、あっと言う間に30分が終わり、B班と交替して安全タスキはK君にバトンタッチして控え室で一休み。記念撮影の封筒を頂いた所で解散する所、C班のメンバーが終わるまで待つ事にして壁には勤務時間表に試運転や入出庫のダイヤ、連絡網(大井、大宮、大船と揃いが懐かしい)、バッテリーの試用車、機器のメンテナンス予定と3年前の統合時そのままの様相です。

 因みに撮影会当時、武蔵小金井区構内には次の編成が入庫していました。
E233系:T17編成、H45編成、H47編成、H51編成、H53編成、T31編成
201系:T127編成(クハ201-50×10)、T102編成(クハ201-19×10)、H5編成(クハ201-115×10)

 201系は最初、来年3月のダイヤ改正で完全撤退する所、中央線の高架化工事の関係で当面は2編成を残すお話で最近の様子を見るとT編成はかなり廃車が進んでいる様子なのでH編成の何処かで最後のご奉公になると思われます。なお、本文についてはマスターの推測等も絡めておりますので関係個所への問い合わせは厳禁致します。

|

« H19.10.25 八王子駅 | トップページ | H19.10.27 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.10.27 八王子駅(その1)&E233系撮影会:

« H19.10.25 八王子駅 | トップページ | H19.10.27 八王子駅(その2) »