« H19.10.18 八王子駅 | トップページ | H19.10.24 根岸駅(その1) »

2007年10月24日 (水)

H19.10.24 八王子駅

 『鉄道の日きっぷ』の時は日数や割振りの関係で行けなかった京浜地区のうち、根岸の様子を見に出掛けました。鶴見線と掛け持ちする時は早起きながらこちらは『横浜フリーきっぷ』を買う為に一度、八王子で下車します。

 乗換の合間に5270列車の様子を確認して横浜線のカーブそばで休むELの様子を伺うと8272列車を牽くべきEH200の姿が見えず、今日の八王子〜根岸は1編成だけと分かりました。

○2089列車…この所、コキ104でもH5以降の新製車が多かったものの、久し振りに3両がH4以前の新製車の顔触れとなりました。
←竜王 EH200-86+コキ106-530+104-939(常備駅消去、全検15-1-28川崎車)+77+828(全検18-8-10広島車)

 一通り見終えた所で改札を出て券売機で『横浜フリーきっぷ』を買い、跨線橋の自販機にて缶コーヒーを買ってそのまま横浜線に乗り込みます。

 横浜線から降りると丁度、西上田行きの8465列車が停車中。混雑の中、頑張って編成の調査を行いました。10両前後が標準のやや長い12両編成でした。
△篠ノ井(西上田)
EH200−8
タキ43014   OT/郡山
タキ43109   OT/倉賀野
タキ43352   OT/倉賀野
タキ43421   OT/南松本
タキ43238   OT/南松本
タキ43001   OT/西上田
タキ1000-403 OT/宇都宮タ
タキ43193   OT/倉賀野
タキ43434   OT/宇都宮タ
タキ44151   OT/郡山
タキ43005   OT/郡山
タキ43131   OT/郡山

 前後に見た中央線の快速電車は次の通りです。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):71T運用
・クハE233-15×10(八トタT15編成):59T運用
・クハE233-18×10(八トタT18編成):75T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):49T運用
・クハE233-32×10(八トタT32編成):79T運用
・クハE233-33×10(八トタT33編成):53T運用
・クハE233-52×10(八トタH52編成):03T運用
・クハE233-57×10(八トタH57編成):17H運用
・クハ201-46×10(八トタT112編成):15T運用
・クハ201-49×10(八トタT126編成):31T運用
・クハ201-101×10(八トタH3編成):27H運用
・クハ201-115×10(八トタH5編成):25H運用

 改札を出て京王プラザホテルのスターバックスで一休みして京王八王子駅のショッピングセンターへ。7階のアートマンでは京王7000系のBトレインでCIカラーを1箱。だいぶ在庫が捌けた様子で土曜日にエンジ帯が買えるかな?と少々気掛かりで手遅れになると多摩動物公園の京王れ〜るランドまで行かなくてはなりません。それから9階の本屋さんで『鉄道ピクトリアル』の最新号を買い、DD13・14・15特集でDD13が八王子駅の構内入換で活躍していた頃を知る我が身にとっては買いの内容で昭和41年に8620型と交替して立川〜拝島の米軍基地専用線関係も請け負い、昭和45年に甲府駅のC12型と交替した事から現在のJR八王子支社管内の担当分を品川から八王子に移管と記述がありました。もう一冊、『天才バカボン』の40周年記念本を買おうと思った所品切れで仕方なく同誌の『アーカイブスセレクション』で昭和30年代前半の気動車関連の記事を集めた内容のものを買い、当時は最先端の域ゆえに引く手天田で情報公開も渋りがちで手持ちの昭和36〜37年頃の『鉄道ピクトリアル』車両基地欄に機関車、電車と載っていたものの、気動車が載っていないのを疑問に思った事があり、その後規制が緩んで公開する様になった様子で以前、ある大手私鉄で詳細な車両動向を自社のHPで紹介した所、不都合が生じて公開中止になり、これを思うと今は大っぴら過ぎる所も多少ある様です。帰りは甲州街道経由の路線バスに乗り、手持ちのPASMOで1,000円分バス代で使ったので普段、180円で乗れるところ、バスポイントで100ポイント(10ポイント=10円分)が貯まって下車すると80円引き落とされて少々得しました。

|

« H19.10.18 八王子駅 | トップページ | H19.10.24 根岸駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.10.24 八王子駅:

« H19.10.18 八王子駅 | トップページ | H19.10.24 根岸駅(その1) »