« H19.10.24 根岸駅(その1) | トップページ | H19.10.25 八王子駅 »

2007年10月24日 (水)

H19.10.24 根岸駅(その2)

 14時を回ると磯子へ中休みへ行く所、今日は京浜東北線・根岸線と遅れていたので気にしながらいつも乗る磯子折返しの一本前の大船行き(1235B、クハ209-5×10/宮ウラ5編成)で磯子駅へ。見る列車のページの下準備をして磯子折返しが到着すると通常は49B運行から一本前の33B運行に変更して定刻14時18分から20分発と大船発で見ると遅れておりますが、磯子始発では3分繰り上げの形で出発(クハ209-20×10/宮ウラ19編成)。自室でパソコンに向かう事が多いマスターはラジオに耳を向ける事が多く、京浜東北線の運行の乱れが週に何度か伝わり、地元の中央線(快速電車)と良い勝負ではないかと思われます。それにしてもダイヤの乱れはごめんです。

○5692列車…通常であればコキ106の検査入場だけだろうと思いましたが、後方には3月恒例の日産カーパックが10月にもリリーフして今日はいつものU41Aの他にやや背が低いU38Aの姿も見掛けてここ2、3年は必ず見ていますがこの形式は村山工場(今や巨大SCと化しましたが………)が存在していた頃に秋冬限定で新座タ・秋田貨物の2091/2090列車で積んだ姿を見た時以来です。前には宇都宮タ行きのタキ1000も連結されてこの所、OT車や浜川崎発ばかりの5585列車の冬支度が始まる合図です。
△川崎貨物
EF64 1038[更新色、冷房]
タキ1000-  8 JOT/郡山   ↑宇都宮タ行き[5585] A重
タキ1000-116 JOT/郡山 A重
タキ1000- 49  JOT[E]/郡山 (A重油)/石油類)黒地
タキ1000-769 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-500 JOT/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/郡山 ↓
コキ106- 263  ↑川崎貨物行き(全検入場) 全検14-10-31川崎車
コキ106- 214  ↓ 全検14-10-31川崎車
コキ104-5024 ↑宇都宮タ行き[8575] 全検18-7-6小倉車
コキ104-1189 
コキ101- 36 全検19-10-4川崎車
コキ100- 36 全検19-10-4川崎車
コキ100- 35 全検19-10-4川崎車
コキ101- 35 ↓ 全検19-10-4川崎車
*日産カーパック(コキ104-5024から):U41A-9513,9519,9516/9526,9511,9515/9520,9529,9543/9503,9551,9524/9512,9554,U38A-42◎/9544,9521,9525
※ゼロ(◎=日産陸送)/宇都宮ターミナル運輸所有

○5262列車…岡部から返送するタキ1000を連ねて着く所、今回はA重油の専用車を含めてこれと言って気になるナンバーが見当たりませんでした。

EH200−12
タキ1000-364 JOT[E]/郡山 ↑岡部発 全検19-4-14川崎車、自重16.9t
タキ1000-213 JOT/郡山 無
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-288 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-478 JOT/根岸 無
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-799 JOT/根岸 新製18-11-8川重、自重17.2t
タキ1000-786 JOT/根岸 新製18-9-25川重、自重17.2t
タキ1000-753 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-762 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-474 JOT[E]/根岸
タキ1000-438 JOT[E]/根岸
タキ1000-135 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-125 JOT/郡山   ↓ A重

○87列車…こちらもタキ1000オンリーの編成で到着しました。

EF210−119
タキ1000-763 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000- 20  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-350 JOT/郡山
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 トケ解除/無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-482 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-215 JOT[E]/郡山
タキ1000-195 JOT[E]/郡山
タキ1000-284 JOT/郡山
タキ1000-163 JOT/郡山
※到着後にタキ1000-163の後にタキ1000-47,108,45,308[全検19-4-4郡山車、自重17.3t],33(JOT/郡山、308のみ根岸)とA重油専用車が連結されて積込み線へ移動。

○5560列車〜4091列車…宇都宮タと往復するタキ1000オンリーの高速列車。今春から見掛ける様になったタキ1000のOT移籍車も連結されて全検出場後の姿を初めて確認すると入場が川崎ではなく郡山の車両所で驚き、仙台北港の配備車でも見られる角張ったハイフンが目立ちます。掲示板で8175列車にタキ1000がまとまって連結された理由が解明され、首都圏に活躍の場を置きつつ全検、塗り替えは里帰りとなりました。5560列車の到着時にカメラを向ける兄ちゃんが居て邪魔臭かったものの、思わぬ発見も。
△宇都宮タ
EF200−17[4091レ]
タキ1000- 41  JOT/郡山 A重
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 30  JOT/郡山 A重
タキ1000-125 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-130 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-306 JOT/根岸 全検19-10-5郡山車、自重17.2t A重油/石油類)青地
タキ1000-679 JOT/根岸
タキ1000-767 JOT/根岸 全検18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-770 JOT/根岸 全検18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-153 JOT/郡山
タキ1000-249 JOT[E]/郡山 トケ解除/無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-255 JOT/郡山
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-293 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-233 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000- 64  JOT[E]/郡山
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
EF200−123[5560レ]


○5777列車…14時前から奥で待機し、87列車(竜王発)が到着してから発着線へ移動します。A重油専用車含めてタキ43000、タキ1000が連なる顔触れですが、タキ1000に続いてタキ43000のオイルターミナルから移籍したナンバーを発見。同じ昭和57年の新製車は平成10年にJOT郡山常備に大量移籍したものの、このグループにも根岸の常備車が登場。オイルターミナル所有時は地元の八王子常備車が大半を占めて日石関係をOT基地分含めてJOT車で動く様になってから大半が移籍して京葉地区の貨物列車が京葉線経由メインに切り替えてから残ったナンバーも郡山へ常備変更しました。
△倉賀野
EF210−119
タキ43284   JOT/根岸 A重
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-120 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-133 JOT[E]/郡山 A重
タキ43616   JOT/根岸 全検19-5-15川崎車、自重16.0t A重/石油類)青地 ◇
タキ43232   JOT/根岸 A重/石油類)青地
タキ43552   JOT/郡山 トケ
タキ1000- 50  JOT[E]/郡山
タキ1000- 84  JOT[E]/郡山
タキ43549   JOT/根岸 トケ
タキ43308   JOT/根岸 トケ
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-607 JOT/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 無黒
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-228 JOT/郡山 トケ解除/無
タキ1000-625 JOT/根岸 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 21  JOT[E]/郡山
タキ43473   JOT/根岸 トケ
※◇=旧OT/郡山

○5476列車…坂城行きも今月初めあたりは10両前後が多かったものの、やや延びて15両の連結。後一ヶ月程すると一杯なるかな?と言った様子でタキ1000が続く中1両だけタキ44000が連結。
△篠ノ井(坂城)
EH200−12
タキ1000-112 JOT/郡山 A重
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 A重
タキ44127   JOT/根岸 全検18-9-23川崎車、自重16.5t
タキ1000-110 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-123 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-778 JOT/根岸 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000- 29  JOT[E]/郡山
タキ1000-787 JOT/根岸 新製18-10-20川重、自重17.2t
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-292 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-606 JOT/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 トケ解除/無
タキ1000-681 JOT/根岸 無
タキ1000-285 JOT/郡山 台車日車風 石油類)黒地

○1152列車…いつもの組み合わせで到着するも10月下旬の今頃となるとさすがに暗くなり、先頭のコキ106は確認出来ず。
←東京タ EF65 1054+コキ106-***+626+231(海ナタ、全検15-6-10名古屋車)+698+520+982+636+101-130+100-130+129+101-129(全検19-9-29広島車)+103-118+102-118+117+103-117+101-113+100-113+114+101-114(+神奈臨DD60 1)
※積載コンテナ=先頭:JOTのISO20フィートタンク×3(白地/ラテックス専用)、コキ106-626:JOTU330174[0],TOLU926041,JOTU330164[7]、コキ106-231:NFAU220023[3],NFAU220022[5]

 タキ1000では新車が確認出来なかったものの、オイルターミナルからの移籍車が意外な展開に驚き、来る度勉強してしまいます。いつもの様に17時24分発の八王子行き(1713K、クハ205-74×8/横クラH14編成)で乗り通し、横浜駅から相模原辺りまでは熟睡モードをとりたい所、桜木町から乗って来たお子ちゃま連れが騒々しく夕方のこの時間帯は避けて欲しいのが本音ですが、この頃は時間帯が無頓着な親子連れが多い気がします。

|

« H19.10.24 根岸駅(その1) | トップページ | H19.10.25 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.10.24 根岸駅(その2):

« H19.10.24 根岸駅(その1) | トップページ | H19.10.25 八王子駅 »