« H19.10.05 八王子駅(その2) | トップページ | H19.10.09 北関東近郊(その2) »

2007年10月10日 (水)

H19.10.09 北関東近郊(その1)

 「鉄道の日」切符を使って北関東方面を回り、今日は埼玉サークルの定例日でもあるので帰路はそのまま、北浦和で実施される例会に出席しました。

 自宅を出ると京王電鉄バスのPASMOラッピング(C20210)を早速発見し、踏切で根岸→竜王の2081列車を待つもなかなか来ないので一度駅へ向かったものの、編成をチェック。
←竜王 EH200-6+タキ1000-778+230+81+58+129+9+307+32+308+61+493+782+566+792+616+477+265
 A重油専用車の部分が浜川崎からの移動車(129,9)やOT郡山常備(307,308)の移籍車とすぐわかり、後者2両もそのうちチェックしなくては………。

西八王子を7時01分発の東京行きで西国分寺まで乗り、立川で通勤特快を待避するところ、この通勤特快で急病人が発生して暫く出発が遅れて2分遅れで到着。

 西国分寺から予定では7時35分発の海浜幕張行きの予定でしたが、新小平~新秋津間の立ち入りで暫く止まり、定刻7時20分発(遅れて7時46分発)の東京行きで南浦和へ。

 南浦和から8時31発の大宮行きは6ドア車に乗るとこの時間帯は折り畳んでいる筈がどうしたことかシートが出て浦和で前に座っていた小学生が降りたのでそのままさいたま新都心へ。

 さいたま新都心で貨物列車の様子を伺うとEH500-33牽引の3087列車(名古屋タ→札幌タ)が定刻通りの通過。郡山タへ行く8175列車を目当てにしたものの空振りでした。

 大宮から『アーバン』高崎行きで岡部へ向かいます。新都心の駅で買った缶コーヒーの『ジョージア・キックオフ』を頂き、総合車両センター構内には幕張や高崎の211系、E257系の500番代、埼京線の205系、253系と入場。後は熊谷の手前まで居眠りして熊谷で塀越しに秩父鉄道の構内をウオッチすると1000系は白地が3編成のみ。籠原で切り離しの後は少し日が出た格好で(晴れませんでしたが)岡部に到着。

○5764列車…普段なら扇町行きのホキ10000が連結されますが、根岸行きのタキ1000ばかりの編成でそれも13両と短い編成で後で大宮操で見た際にはどこか物足りない印象です。
△梶ケ谷タ
EF65 1116[冷房]
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 ↑根岸行き 無
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-191 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 トケ解
タキ1000-166 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 トケ、無
タキ1000-771 JOT/根岸 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000-757 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000- 10  JOT/郡山
タキ1000-592 JOT/根岸 全検19-9-11川崎車、自重17.1t
タキ1000- 44  JOT/郡山 A重
タキ1000- 40  JOT[E]/郡山 ↓ A重

 一通り見ると岡部10時22分発の上野行きで大宮へ向かいます。熊谷タの構内にはホキ10000、8月の遠征の際に見たのと同じチチブセメントのホキ5700、タキ12200とそのまま。コンテナホーム側に珍しくEF64 1000[更新色]が入線。

 大宮に着くとしばらくエキュートで一休みして3・4番線へ。普段なら川崎車両所の試運転列車である6794列車、宇都宮タから隅田川へコンテナ車の検査入場や試運転を行う8592列車と前者はEF65 1086[JRF色、冷房]、後者はEF65 1036[JRF色]と単機だけと3連休の後も手伝っていつもに比べると少々物足りない気がします。

○5562列車…いつものように16両編成で健闘しています。冬場のタキ38000よろしくJOT黒塗りのタキ43000の混結が目立ちます。
△川崎貨物(浮島町)
EF210-112
タキ43397   OT/宇都宮タ
タキ43283   JOT/根岸 常)浜川崎
タキ43581   JOT/浜五井 常)浜川崎
タキ43350   OT/倉賀野
タキ43121   JOT/根岸 トケ
タキ43137   OT/倉賀野
タキ1000-102 OT/倉賀野■
タキ43369   OT/八王子
タキ1000-458 OT/宇都宮タ■
タキ43471   JOT/根岸 トケ/石油類)青地
タキ43167   OT/西上田 全検19-5-8川崎車、自重16.2t
タキ43015   OT/郡山
タキ43472   OT/郡山
タキ1000-449 OT/倉賀野■
タキ43390   OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43353   OT/倉賀野 石油類)黒地

 ここまで見終えたところでいつもは高崎線の普通電車でさいたま新都心へ向かうところ、同じ宇都宮線のホームから12時10分発の上野行きで向かいました。

○5772列車…3日の高崎行きの際に確認したものと似通っていますが、やや短くなった最近はこの列車の先頭と言うとタキ1000のトップナンバーが定位置に定着した印象が強く、今日は浜川崎で控えと言ったところです。
△浜川崎
EF65 1094[JRF色]
タキ1000-336 OT/倉賀野■ 全検19-6-23川崎車、自重17.1t A重/石油類)黒地
タキ1000-446 OT/倉賀野■ A重
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000-666 OT/倉賀野■ 石油類)黒地
タキ1000-243 JOT/郡山
タキ1000-646 OT/倉賀野■ 
タキ1000-444 JOT/根岸 無青
タキ1000- 6  JOT/郡山 A重
タキ1000-246 JOT/郡山
タキ1000-621 JOT/根岸
タキ1000-566 JOT/根岸 全検19-6-8川崎車、自重17.1t 無

○5683列車…こちらもいつも通り20両編成で頑張っておりました。目立ったところではタキ38000や盛岡タ常備のタキ1000が連結されている点です。
△宇都宮タ
EF210-123
タキ43582   OT/郡山
タキ43317   OT/西上田 
タキ43140   OT/八王子
タキ38043   JOT/郡山 3F改
タキ38070   JOT/郡山 3F改
タキ43156   JOT/根岸
タキ43346   OT/郡山 全検19-4-24郡山車
タキ43381   OT/倉賀野
タキ1000-303 OT/盛岡タ 全検19-8-31郡山車、自重17.2t 石油類)黒地
タキ43398   OT/宇都宮タ
タキ43411   OT/郡山
タキ1000-645 OT/倉賀野■ 石油類)黒地
タキ43384   OT/西上田
タキ44167   OT/倉賀野
タキ44173   OT/郡山 全検18-8-28郡山車、自重16.6t
タキ44016   OT/郡山
タキ44010   OT/南松本
タキ44153   OT/倉賀野
タキ44155   OT/西上田
タキ44187   OT/宇都宮タ

|

« H19.10.05 八王子駅(その2) | トップページ | H19.10.09 北関東近郊(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.10.09 北関東近郊(その1):

« H19.10.05 八王子駅(その2) | トップページ | H19.10.09 北関東近郊(その2) »