« H19.09.30 八王子駅 | トップページ | H19.10.03 高崎周辺(その1) »

2007年10月 2日 (火)

H19.10.02 八王子駅

 10月に入って早いもので拙宅の改築から丁度1年を迎え、1年前の今頃は荷造りやら何やらと大変で数ヶ月の間は高尾の山の上に居たのでヒーコラしたのも良い思い出です。建築の際にお世話になったパナホームの皆さんやうちのアパートの店子さんと関係する皆さんにはお礼申し上げます。

 今日は親の講座の日でもあるので午前中はあれこれと調査して、行き掛けに郵便局前のポストでRF10月号に載っていたE233系撮影会の応募葉書を投函し、この時期は赤い羽根募金の時期で例年、西八王子駅の南口に拙宅の向かいにある専修学校の生徒さんが集めるのでこれもちょっとしたこの時期の風物詩で仮住まいの昨年は出来なかったものの、毎年見掛けると少額ながら収めています。ずっと女子校だったのが最近の趨勢から共学に変わって男の子も居て昔と比べてチグハグするようになりました。1番線で電車を待つと『スーパーあずさ』6号が5分程遅れての通過で後続の中央特快も3分遅れて到着した為に下りのE233系は上手く撮れませんでした。現在はT21編成以降を頑張って見付けています。

○5270列車…タキ1000オンリーの編成でEF64・1000番代が片や標準色、片や更新色の前位2エンド(東京方にJRFロゴ寄り)と久し振りに色違いのダブルスに。
△根岸
EF64 1041[冷房]+EF64 1044[更新色、冷房 前2エンド]
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 全検19-5-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-754 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-258 JOT/郡山 無黒
タキ1000-267 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-158 JOT[E]/郡山
タキ1000-799 JOT/根岸 新製18-11-1川重、自重17.2t
タキ1000-786 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ1000-164 JOT/郡山
タキ1000-248 JOT/郡山
タキ1000- 19  JOT[E]/郡山
タキ1000-236 JOT[E]/郡山

○2089列車…今月に入った途端、タキ混結編成となり、嬉しい組み合わせとなりました。
△竜王
EH200−7
コキ104-1113
コキ104- 746 全検19-1-11川崎車
コキ104-1600 全検19-7-13川崎車
コキ104-1238
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-463 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-581 JOT/根岸 全検19-6-16川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-791 JOT/根岸 新製18-10-20川重、自重17.2t
タキ1000-789 JOT/根岸   ↓ 新製18-10-4川重、自重17.2t

○8272列車…前の5270列車と同様にタキ1000オンリーの顔触れで全検を受けたばかりのH14新製車を見る事が出来、途中4番線にE233系のラッピング電車が入線したので一時中断。
△根岸
EH200−14
タキ1000-569 JOT/根岸 全検19-5-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-482 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-564 JOT/根岸 全検19-7-10川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-424 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-681 JOT/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-195 JOT[E]/郡山
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-371 JOT[E]/郡山 全検19-5-30川崎車、自重16.9t
タキ1000-587 JOT/根岸 全検19-9-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-261 JOT/郡山

 一通り見た後は昨日の新聞の折り込みで『京王ニュース』の10月号に卓上サイズのカレンダーが昨日から売り出されたので京王八王子駅の定期券窓口で早速購入し、京王プラザホテルのスターバックスで一休みついでにお豆を調達。日替わりのドリップがホット、アイスとも買ったのと同じで驚きました。暇つぶしに一昨日からのPASMO使用開始のPRのゼッケンを掲げた路線バスをデジカメに撮りました。

 いつもの様に快速電車の運用状況をまとめてみました。E233系ではT12編成でニューカレドニアのラッピングが貼られてT18編成の美味しそうなラッピングに対してこちらはトロピカルな雰囲気です。201系についても気付くと後半年程の活躍ですので年明け以降、撮り鉄が増えやしないか戦々恐々としているマスターです。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):27T運用
・クハE233-2×10(八トタT2編成):31T運用
・クハE233-6×10(八トタT6編成):03T運用
・クハE233-12×10(八トタT12編成/ニューカレドニア政府観光局ラッピング):63T運用
・クハE233-14×10(八トタT14編成):75T運用
・クハE233-17×10(八トタT17編成):53T運用
・クハE233-26×10(八トタT26編成):59T運用
・クハE233-28×10(八トタT28編成):49T運用
・クハE233-32×10(八トタT32編成):豊田〜大月〜高尾〜甲府〜豊田の試運転
・クハE233-44×10(八トタH44編成):25H運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):71T運用
・クハE233-52×10(八トタH52編成):43T運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):17H運用
・クハE233-55×10(八トタH55編成):27H運用
・クハ201-60×10(八トタT133編成):15T運用
・クハ201-1×10(八トタH1編成):15H運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):37T運用

|

« H19.09.30 八王子駅 | トップページ | H19.10.03 高崎周辺(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.10.02 八王子駅:

« H19.09.30 八王子駅 | トップページ | H19.10.03 高崎周辺(その1) »