« H19.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »

2007年9月 7日 (金)

H19.09.07 八王子駅(その2)

 湘南新宿ラインが間引かれた影響でしょうか山手線の電車がやや混んでいた様子で大崎へ行き、南部労政会館の受付に着くと仮予約をしていた筈のM氏から話が行っておらず、台風の影響も受けているのだろうと思いましたが、こちらの勝手な(?)判断で押えました。12月の貨車部会例会は予定通り、12月7日、19時から南部労政会館にて実施致します。

 申込手続きの後は携帯メールを打ちつつスターバックスで一杯頂いてから山手線内回りで浜松町下車。昨年7月に四谷から移転した文化放送(私のご贔屓は左隣のAM局です)メディアプラスを見て世界貿易センターを左手に見て大門から大江戸線で20分弱、両国の出口を出るとすぐ江戸東京博物館の東口へ。今回の例会申込のついでに行こうと思った鉄道大博覧会を見学。7月10日から始まり、夏休み中は混むと思って控えたものの、今度の週末がラストなので行くなら今日しか無く、親が使った東京都内の博物館・美術館の割引券を綴ったぐるっとパスを携えて来た事もあって通常1,500円程の入館料が1,040円で入場出来ました。明治、大正、昭和の鉄道史に関する資料や模型が数多く展示。下工号や東洋活性白土の蒸機、『つばめ』号展望車のレプリカ、交通博物館に展示された101系のドア機構の実寸モデルと盛沢山。貨物輸送のコーナーでは大阪・弁天町の交通科学博物館から借りた家禽車の模型は1/25で迫力あり。タンク車を見ると住友セメントのタキ9600型、日本石油のタキ1500型とウソ電ならぬウソ貨車も散見。40分程回って6階、5階の常設展示室も見学。来月開館する大宮の鉄道博物館も楽しみですが、この手のものはお子ちゃま連れが多く、日本はもっと大人対象のこう言った博物館があっても良いのではとついつい思います。

 帰りは両国から総武線の中野行きで御茶ノ水乗り換え。この頃になると『かいじ』113号のE257系や『中央ライナー』1号の183系と送り込みも見られて昨夜来今日の午前中まで運休状態だった特急列車、ライナーとこの頃になるとすっかり通常通り。中央線も高尾以西の復旧が終わり、帰路では『スーパーあずさ』、竜王→根岸の2088列車と擦れ違いました。

○5479列車…今朝の状況でダメかな?と思ったら通常通りの運転となり、今日はタキ1000オンリーの顔触れ。夕方の時間に入ってホームも混んで来るので最近の全検車の撮影状況をチェックすると大丈夫でした。
△南松本
EH200−13
タキ1000-623 JOT/根岸 ↑村井行き[5578レ] 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 17  JOT[E]/郡山
タキ1000-164 JOT/郡山
タキ1000-571 JOT/根岸 ↓ 全検19-4-24川崎車、自重17.0t
タキ1000-358 JOT/郡山 全検19-4-7川崎車、自重17.0t
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 ↑辰野行き 無
タキ1000-363 JOT/郡山   ↓全検19-4-2川崎車、自重16.9t
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 ↑村井行き[8684レ] 無
タキ1000-502 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 76 JOT[E]/郡山 ↓

○5482列車…このブログでは久々の登場。8時間遅れで出発準備する所を見て、OT車の他、JOTのタキ43000も前後に連結されて先頭の43414番は浜五井、43555番は浮島町(根岸から移動)の仮常備車。タキ1000は郡山向けの1071/1070列車でお馴染みのナンバーも見られました。牽引機も役者揃いで通常、この列車はEF210牽引になりますが、運用のやり繰りの関係でEF65の535号機(本来は昨日の5464列車)、往路の5275列車(本来は昨日着)は茶色い57号機が登板しました。新金〜総武線経由の時代は少し早い時間帯でしたが、これよりやや遅く久し振りに頑張って撮影し、あと数週間もすると暗くなる時間が早くなるので本当に今のうちです。
△蘇我
EF65 535
タキ43414   JOT/根岸 常)浜五井
タキ43394   OT/南松本
タキ43357   OT/南松本
タキ1000-101 OT/倉賀野
タキ1000-658 OT/宇都宮タ■ 常)郡山
タキ43465   OT/八王子 黒無
タキ43434   OT/宇都宮タ 無
タキ43129   OT/郡山 無
タキ43565   OT/八王子 石油類)黒地(逆向き)
タキ43313   OT/西上田 無
タキ43334   OT/倉賀野
タキ43113   OT/倉賀野 石油類)黒地
タキ43555   JOT/根岸 千葉貨物(交検入場)→浜五井行き トケ
EF65 57(茶色)[5275レ]

 さて、中央線快速電車の運用状況をまとめてみました。朝のピーク時が70%の運行状況だった影響もあって運用が大きく変わりましたので捕捉した時点での運行番号を記しましたのでこの点はご容赦下さい。
・クハE233-3×10(八トタT3編成):41T運用
・クハE233-5×10(八トタT5編成):05H運用
・クハE233-6×10(八トタT6編成):19H運用
・クハE233-7×10(八トタT7編成):71T運用(1070T〜)
・クハE233-8×10(八トタT8編成):03T運用(〜903T)→37T運用(1136T〜)
※1136Tは通常大月始発
・クハE233-11×10(八トタT11編成):27H運用(〜927H)→17H運用(1016H〜)
・クハE233-12×10(八トタT12編成):17H運用(〜917H)→27T運用(1126T〜)
・クハE233-13×10(八トタT13編成):71T運用(〜871T)→59T運用(1058T〜)
・クハE233-16×10(八トタT16編成):63T運用
・クハE233-17×10(八トタT17編成):43T運用→八王子〜新宿はこの編成に乗車し、この頃から運用の順序も定順に回復
・クハE233-19×10(八トタT19編成):31T運用(1030T〜)→西八王子〜八王子はこの編成の乗車
・クハE233-28×10(八トタT28編成):47T運用
・クハE233-×10(八トタT編成):
・クハE233-44×10(八トタH44編成):67T運用(〜867T)→19T運用(1018T〜1418T)→11T運用(1611T〜)→御茶ノ水〜八王子はこの編成の乗車
※通常1018Tは豊田10:38分発ですが966Tを繰り下げる格好で八王子始発で運転
・クハE233-46×10(八トタH46編成):23H運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):03T運用(1102T〜)
※通常1102Tは高尾発ですが、豊田着の19T、35T、23Tの運用のどれかと振り替えた関係で豊田発になっておりました
・クハE233-49×10(八トタH49編成):15T運用(〜915T)→27H運用(1027H〜)
・クハE233-51×10(八トタH51編成):27T運用(〜927T)→53T運用(1152T〜1253T)→79T運用(1478T〜)
・クハE233-55×10(八トタH55編成):15H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):59T運用(〜959T)→75T運用(1074T〜)
・クハ201-13×10(八トタT101編成):77T運用
・クハ201-19×10(八トタT102編成):51T運用
・クハ201-46×10(八トタT112編成):29T運用
・クハ201-54×10(八トタT116編成):11T運用(〜1510T)→19T運用(1619T〜)
・クハ201-60×10(八トタT133編成):05T運用
・クハ201-87×10(八トタT108編成※):25H運用
・クハ201-132×10(八トタT118編成※):75T運用(975T)→15T運用(1014T〜)
・クハ201-99×10(八トタH2編成):55T運用
・クハ201-101×10(八トタH3編成):17T運用

 編成調査の後は京王プラザホテルのスターバックスで一休みした後はヨドバシカメラで169系(長野色)のBトレインを買い、八王子管内でも中央東線の115系でも見慣れたカラーリングで親近感があり、この間の『あずさ』の183系と同様に『あさま』の189系も塗色変更やグレードアップ車のセットがリリースされて碓氷峠の廃止から10年を迎える記念商品なのではと感じ取れます。この後は甲州街道経由の京王電鉄バスに乗車。最近は八王子管内でも日野のブルーリボンII(いすゞエルガの日野版)が目立つ様になり、これを見ると6月に行なわれたスーパーレールカーゴ撮影会の時にチャーターした都営バスを思い出します。

|

« H19.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.09.07 八王子駅(その2):

« H19.09.07 八王子駅(その1) | トップページ | H19.09.10 京浜地区(鶴見線沿線) »