« H19.08.24 八王子駅&E233系運用調査等 | トップページ | H19.08.30 八王子駅 »

2007年8月25日 (土)

H19.08.25 八王子駅

 東京支部の新会長講演会と部会・サークルのPR(以前の納涼会相当)が王子の北とぴあで実施されるので出掛けて参りました。

 夏場の土曜日は貨物列車で動いてもコンテナの列車程度で物足りませんが、いつも通り中央線快速電車の見たまま情報も加えております。

 いつも乗る立川行きの115系普通電車に乗ると前後に土曜運転の『かいじ』186号(竜王発の臨時で通常の『かいじ』と違い、山梨市と塩山を通過)の待避の関係で変更されるかなと思ったら運転自体も定着した様子で後続の快速電車を繰り下げる格好でやって来て平日よりやや早いかなと言った実感です。

○2089列車…普段通りコキ104の4両を連結。短いと機関車が4番線の公衆電話前ですが、今日はやや後退した格好で停車。
←竜王 EH200-3+コキ104-2811(全検19-4-6川崎車)+792+1705(全検19-7-6川崎車)+1750

 土日の4番線は『あずさ』を待つお客さんが多く、需要が旺盛なものの、最近は国内の旅行でもキャスター付きのトランクを携えて出掛けるお客さんや歩きながら携帯のメールに一心不乱な若者が多く、この所取り組んでいるE233系の撮影でもこの辺が些か目障りです。本来なら点字ブロックの外側は歩いてはいけないのですが………。

 行きの電車からOT基地の様子を見るとORSとOT基地間に昨日の5279列車で到着したタキ1000が12両程止まり、OT基地の本線側には(←八王子)JOTタキ1000-19+43554+OTタキ43122+43129+43410+43434+43456+43193+43165の順に入線し、OTタキ43000の方は黒塗りから戻った車やTR214B履きの新製車で台車を新調したナンバーと曰く付き(失礼)の顔触れです。

 八王子での調査の後に乗った大月からの中央特快はE233系のT20編成の担当。先週の金曜日に搬入されたばかりの編成で新しいものの何とかは嬉しいもの。

 新宿で埼京線に乗り換えて丁度1番線を札幌タ→名古屋タの3086列車がEH500牽引で通過し、コキ104、コキ106を連ねて私有コンテナはJOTのUR18A、UR19A、UR20A-0(1個だけ)、旭川通運、北海道JR物流のUR18A、ヤンマーのUF15A、UF16Aと積まれ、20フィートではFL(日本フレートライナー)のU30A-14、浪速運送のU28Aが1両分。前者はトミックスで発売されている同社のUC7の民営化後バージョン、後者はデパートの納品車と同じデザインが特徴のコンテナです。12時13分発の赤羽行きで赤羽へ。この運行系統と言うとある程度の年齢の方にとっては赤羽線を連想させますが、池袋〜赤羽を黄色い電車(山手線のお下がりの101系で新性能化)が往復していた事から『赤チョン』の愛称が名付けられ、昭和60年9月の埼京線開業後は同線に組み込まれ、103系も黄色から黄緑色に衣替え、暫くは実家の山手線と黄緑色が並んで走った事もあり、今であれば昔の横浜線の様にステッカーがベタッと貼られていた様ですが、丁度205系の投入時期で難を免れましたが。池袋では結構座席が埋まり、元来の赤羽線の区間なので利用客もそこそこ定着している様子です。

 赤羽駅で昼食を取って京浜東北線の南行で王子へ向かい、13時前に北とぴあ着。私が到着した頃は準備中で入口から右手に運転部会、資料調査部会、私鉄部会、写真部会、大田サークル、外へ向かって東京支部、貨車部会、JR電車部会とブースが設営され、受付が始まると部会・サークル紹介のレジュメで貨車部会のページに『車掌車』8月号の拙稿がチラッと出ていました。私鉄部会のM氏、H氏、支部委員のT君、S君、貨車部会の支部委員F氏、JR電車部会の支部委員U氏、貨車部会&JR電車部会のT氏、埼玉サークルの支部委員K氏と顔馴染みのお仲間さんともご対面。貨車部会のブースでいつも資料を出していたのですが、反応が今一つで近年はサッパリです。中央線の快速電車でE233系の投入が進んでこのブログでも運用状況を良く紹介しますが、今回、デジカメで撮影したものを編成毎に整理してこれをF氏やJR電車部会の皆さんにお見せした所、反響も良く嬉しくなりました。これを思うと元支部長の吉川文夫さんがお亡くなりになった直後で色々な分野でお話し出来る方がこれから少なくなって行くのかな?と少々寂しい気がします。その分私も色々と勉強しなくては………。

 1時間程部会・サークルの紹介を行なった後は須田会長の東海道新幹線にまつわるお話。私自身も昭和50年代〜平成初期の『鉄道ジャーナル』でお馴染みだった事もあって民営化直後の上層部でも東日本の山之内秀一郎氏や九州の石井幸孝氏が良く出て来た印象で最近は代替わりした影響でとんと出て来ないのが残念です。

 16時半頃に終了し、南北線の16時41分発白金高輪行きに乗るといつもは9000系や埼玉高速の2000系でしたが、初めて東急3000系(3111×6)に乗りました。市ヶ谷で降りて都営新宿線の改札前にTBSラジオのPR誌が備え付けているので覗くと乗換改札を回ってしまい、それらしき場所には無かったので『荷風』の池86系統(池袋〜渋谷間を結ぶ路線バス)沿線を紹介した小冊子を頂いてこのままJRの連絡改札経由でホームに出て三鷹行きのE231系に乗車。パスモで乗ったので四ッ谷で一旦下車。Suicaを通して中央特快の到着まで余裕があったので編成調査をしながら待つ事にして新宿で座れて座るなり『国電』(JR電車部会の部会報)や私鉄部会のM氏から頂いた『私鉄部報』の先月号を読みつつ車中で過ごし、八王子で下車。京王八王子SCによって細々買物をして1階のバスターミナルでバスを待つと15分待たされ、昔は10分の間に1〜2本は来たのですが、途中からの便と合わせている影響は時々、間が空く事があるので同じ方面は極力、ダンゴにならない方が望ましい所です。地方や昔の神奈中で数分の間に続いて来ると思ったら30分以上間が空くひどいダイヤが見られますが、まだ八王子のバスは良い方かなと思います。

・クハE233-2×10(八トタT2編成):11T運用
・クハE233-9×10(八トタT9編成):65T運用
・クハE233-11×10(八トタT11編成):09T運用
・クハE233-20×10(八トタT20編成):45T運用→先週の金曜日に回送された所を見たので大月発の中央特快(1144T)で来た時は嬉しくなりました
・クハE233-25×10(八トタT25編成):27T運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):15H運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):27H運用
・クハ201-13×10(八トタT101編成):17T運用
・クハ201-46×10(八トタT112編成):33T運用
・クハ201-47×10(八トタT113編成):19T運用
・クハ201-87×10(八トタT107編成※):31T運用
・クハ201-95×10(八トタT109編成※):49T運用
・クハ201-1×10(八トタH1編成):23H運用

|

« H19.08.24 八王子駅&E233系運用調査等 | トップページ | H19.08.30 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.08.25 八王子駅:

« H19.08.24 八王子駅&E233系運用調査等 | トップページ | H19.08.30 八王子駅 »