« H19.08.24 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.08.25 八王子駅 »

2007年8月25日 (土)

H19.08.24 八王子駅&E233系運用調査等

 帰りが先月の高崎行きと同じ位になったので大宮から八王子はほぼ同じ電車に乗り、帰りに丁度、根岸発の坂城行きが八王子に停車するので途中下車して編成調査を行ないました。乗っていると日野駅の南側の待避線で2086列車が休んでいるので連結したタキ1000の両数を数えると10両編成でしたので量が気になります。

○5471列車…最初、15両ぐらいは来るだろうと思ったら先に見た2086列車と同じ10両編成とかなり短く、先頭だけタキ44000で後は全てタキ1000の顔触れです。
△篠ノ井(坂城)
EH200−12
タキ44216   JOT/根岸 A重
タキ1000-362 JOT[E]/郡山 全検19-4-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-779 JOT/根岸 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-290 JOT/郡山 無
タキ1000-596 JOT/根岸 無
タキ1000-510 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-591 JOT/根岸 無

 編成が短かった事から用事が早く片付き、遅れていた通勤快速(八王子19:20発)に乗り、高尾は3番線の到着で先行の快速電車がE233系だったので上手い具合に隣の4番線に止まっていたのでUターンして西八王子に到着。夏遠征の折返し点を無事通過。今日は先週ほどの猛暑でないのが幸いしましたので気にする事無く回る事が出来ました。

 遠征の内容と別に見た範囲での中央線の快速電車の運用状況をまとめてみました。
・クハE233-7×10(八トタT7編成):23T運用
・クハE233-9×10(八トタT9編成):63T運用
・クハE233-14×10(八トタT14編成):43T運用
・クハE233-15×10(八トタT15編成):37T運用
・クハE233-16×10(八トタT16編成):49T運用→高尾から西八王子はこの編成
・クハE233-19×10(八トタT19編成):39T運用→西八王子から西国分寺はこの編成に乗車
・クハE233-25×10(八トタT25編成):25T運用
・クハE233-45×10(八トタH45編成):27H運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):79T運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):29T運用
・クハE233-57×10(八トタH57編成):11H運用
・クハ201-13×10(八トタT101編成):15T運用
・クハ201-47×10(八トタT113編成):17T運用→西国分寺から八王子はこの編成に乗車
・クハ201-52×10(八トタT115編成):85T運用
・クハ201-95×10(八トタT109編成※):47T運用
・クハ201-101×10(八トタH3編成):77T運用
・クハ201-107×10(八トタH4編成):15H運用
・クハ201-115×10(八トタH5編成):05T運用→5471レの編成調査後はこの電車で高尾へ

 明日は王子で東京支部のPRと須田会長(JR東海初代社長の須田 寛氏)の講演と出掛け、手土産にE233系を撮り貯めしてプリントしたものを携え、目標は中央線用の総本数に当たる57本ですのでこれに因んで57面相と銘打ちました。

|

« H19.08.24 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.08.25 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.08.24 八王子駅&E233系運用調査等:

« H19.08.24 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.08.25 八王子駅 »