« H19.08.09〜10 八王子駅 | トップページ | H19.08.10 松本周辺(その2) »

2007年8月11日 (土)

H19.08.10 松本周辺(その1)

 八王子から『ムーンライト信州』81号に乗るとこの間の姨捨ゼミナール行きと同じクハ189-1×9(千マリC2編成)にあたり、先月21日(新宿20日発)は3号車・モハ188-51の乗車でしたが、今日はサロ189-112の乗車。松本行きはグリーン車がお決まりですので丁度1年振りの乗車です。最前列の2人掛けが空車になっていた他は埋まって乗車率もなかなか。大月には定刻の到着。塩山、甲府、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、塩尻と停車して松本に到着。

 松本に着くと先程、八王子で確認した5463列車の再チェック、大門で休んだ5471列車、8465列車と来るものの、8465列車は運休。ホームを歩くと2・3番線のベンチだけ何処かしらに座っている人が居て中にはスキンヘッドのアメリカ人も。『ムーンライト信州』で来たと思われる青年の撮り鐵が多いかな?言った印象です。

○5471列車…松本駅は通過するものの、いつも見ている事も手伝って素早くメモしました。昨今の石油情勢から短い編成の列車が見られるものの、一杯の17両編成で頑張っていました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−7
タキ44131   JOT/根岸 A重
タキ1000-111 JOT/郡山 A重
タキ1000-107 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-135 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ43231   JOT/根岸 A重
タキ1000-769 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000- 23  JOT[E]/郡山
タキ1000- 70  JOT[E]/郡山
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-631 JOT/根岸 無
タキ1000-244 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ、無
タキ1000-488 JOT/根岸 無
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-620 JOT/根岸 無
タキ1000-360 JOT[E]/郡山

 8465列車は空振りとなりましたのでこのまま改札を出て再び18きっぷで入り、窓口に居た若い駅員さんにお願いしてスタンプを押して貰い4・5番線へ。松本車両センターから出入りする電車を見ても退屈しません。構内もE257系、E351系と特急車が多く、3月のダイヤ改正までは115系のC編成が配属されていました。

 松本から6時36分発の立川行き(426M、クハ115-1104×6/長ナノC3編成)で上諏訪へ。南松本では5479列車で到着したタキ1000の編成に隣の2番線にはEH200の向きを変えてタキ1000の3両を連ねてそのまま8684列車に仕立て、駅舎寄りに5467列車で到着したタンク車が後にDE10 1526(動車色)に連結してスタンバイ。JONET油槽所は全車タキ1000が入った格好で3081列車で塩浜から到着した事も分かります。塩尻では『おはようライナー』のクハ183-1525×6(長ナノN101編成)が4番線に停車。塩嶺トンネルから諏訪湖の畔を霞めて到着。

 上諏訪で一休みしてから再び戻る格好で南松本へ向かいます。足湯も悪く無いかなと思いますが、9時オープンなので午後再び来る予定です。

 上諏訪始発7時28分発の長野行きで南松本へ向かいます。

○5479列車〜5578列車…根岸からの列車で実質、同一編成で村井や辰野へ向かう為に一本化していますので8684列車の分を含めてご紹介します。タキ1000オンリーの編成で少々物足りないかな?と思いつつも最後尾にキリ番の800番が連結された点はせめてもの救いです。EH200の運用で5479列車と2082列車の間に南松本〜村井の小運転も含まれています。
△辰野
(8684レ)EH200−12
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-591 JOT/根岸 無
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 無
(5578レ)EF64 50[JRF色]+EF64 47[JRF色]
タキ1000-167 JOT/郡山
タキ1000-763 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-499 JOT/根岸 ↑村井行き 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-265 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-255 JOT/郡山
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山
タキ1000-159 JOT[E]/郡山
タキ1000-584 JOT/根岸 全検19-6-15川崎車、自重17.0t
タキ1000-800 JOT/根岸 ↓ 新製18-11-8川重、自重17.2t
EH200−12
▽(5479レ)

 この間は5467列車で到着したOTタンク車を色々と見て9時を回る頃にはOT基地へ向かいます。余裕ができると遠目においてあるコンテナのナンバーを見てW18Dや塩化ビニール樹脂専用のタンクコンテナ(UT20A-5129)、ヤンマーの冷凍コンテナ(UF16A-417)とチェックしました。

○3088列車…5467列車の到着分と入れ替えにOT基地から引き出したタキ1000が入ります。10両編成は固いかなと思ったら5両編成の短編成。一眼レフ片手で撮っていたオヤジさんも被写体の迫力不足かな?私が傍に撮り鐵が居ると気が散りますので出来るだけ場所を避けて調査や撮影して頂ければ幸いです(24時間テレビのマラソンランナーと同じ言い方になりますが、鉄道友の会の皆さんは大歓迎ですよ!)。
△稲沢(四日市)
EF64 72[JRF色]+EF64 79[JRF色]
タキ1000-245 JOT/郡山 全検18-8-16川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-173 JOT/郡山 全検17-11-16名古屋車、自重17.2t
タキ1000-184 JOT/郡山
タキ1000-266 JOT/郡山 全検18-9-16川崎車、自重16.9t
タキ1000- 91 JOT/郡山 無

 ここで南松本の調査も一段落ついて村井へ行きます。OT基地入口(11両)、JONET(4両)と5872列車で返送されるナンバーが待機。

 9時43分発の甲府行き(436M、クモハ115-1015×3)で村井へ向かいます。この間、永らく駅が無かったものの、周辺の開発が進んだ事から3月のダイヤ改正に併せて平田駅が開設。ホームの柱に掲げた駅名板を見ると既存の駅は青いものが使われているものの、理由は不明ですが橙色のラインになっています。

 村井駅に着くとホーム前の側線、エネオス油槽所とタキ1000が在線し、有効長の関係でしょうか3両ずつに小間切れして荷役を行なう事が特徴。私が訪れた時にはこの様な様子です。(線名は便宜上、上り線から1番線です。左側は塩尻方)
側線1番線)タキ1000-159+584+800
側線2番線)タキ1000-613+764+492
油槽所1番線)DL+タキ1000-255+216+235
油槽所2番線)タキ1000-499+611+265

 村井から10時10分発の松本行き(429M、クハ115-1116×6)で再び南松本へ。反対側の1番線を四日市行き3088列車に擦れ違います。

○5870列車…全車塩浜行きで編成の顔触れを見ると全てタキ1000ですので3072…3081列車の返送に相当します。塩浜駅もだいぶタキ1000が増強されて昨年は浜川崎との間でタキ243000をトレードしましたが、今年は根岸やOT郡山常備からの移動車と見られ、前者はここ2、3年の新製車、後者は5年振りに登場した青塗りJOT車ですぐ前にはピカピカになった先に移籍した同期車(常備駅違いで新製)が続きました。
△稲沢(四日市)
EF64 77[更新色]+EF64 58[更新色]
タキ1000- 73 JOT/郡山
タキ1000-185 JOT/郡山 全検17-11-15名古屋車、自重17.2t
タキ1000- 77 JOT/郡山
タキ1000- 74 JOT/郡山
タキ1000- 57 JOT/郡山 全検16-7-8川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-684 JOT/根岸
タキ1000-347 JOT/塩浜 全検19-8-7名古屋車、自重17.2t 無青
タキ1000-324 JOT/塩浜 全検19-4-24名古屋車、自重17.2t 無青
タキ1000-330 JOT/塩浜 全検19-7-25名古屋車、自重17.2t 無青
タキ1000-321 JOT/塩浜 青塗り[旧OT/郡山] 無
タキ1000-312 JOT/塩浜 青塗り[旧OT/郡山] 無

○5883列車…お馴染みのタキ243000の他にタキ1000も2両連結されて、OT移籍車も1両ありました。例年はこの時期でも14両編成で組まれる事が多い塩浜発着も大抵の列車が10両前後と抑え気味と言った様子で白油=タキ1000、タキ243000ツートン、黒油=タキ44000、タキ40000、タキ243000黒とコントラストがハッキリしているものの、今シーズンは少々物足りません。

EF64 15+EF64 73[JRF色]
タキ243841  JOT/郡山 無
タキ243856  JOT/郡山 無
タキ243851  JOT/郡山 無
タキ243774  JOT/郡山 無
タキ1000-141 JOT/郡山 全検17-11-11名古屋車、自重17.2t
タキ243872  JOT/郡山 石油類)黒地
タキ243718  JOT/郡山 全検18-9-13名古屋車、自重16.0t
タキ243723  JOT/郡山
タキ1000-322 JOT/塩浜 青塗り[旧OT/郡山] 無
タキ243864  JOT/郡山 無

 この前後でこれから松本駅の新しい自由通路へ見に行かれる障がい者施設の皆さんが大勢集まって普段は通勤、通学の時間帯から反れると列車が来る前後しか昼間でもひとっこ一人居ない(今日は何が目的か撮り鐵の兄ちゃんも居ましたが………)南松本駅も大勢集まって何事だろうと思った次第で松本駅からもサービス介護士のネームプレートを掲げた駅員さん達が4名派遣して10時54分発の電車に合わせて誘導されました。

 さすがに今年1、2を争う暑さで見るべきものを見てしまうと何処か退屈しますが、目の前が空くと尚更と言った様相を呈します。11時39分発(遅れて42分発)の長野行きに乗って松本駅へ向かいます。

|

« H19.08.09〜10 八王子駅 | トップページ | H19.08.10 松本周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.08.10 松本周辺(その1):

« H19.08.09〜10 八王子駅 | トップページ | H19.08.10 松本周辺(その2) »