« H19.08.03 八王子駅(その2) | トップページ | H19.08.07 八王子駅 »

2007年8月 6日 (月)

H19.08.05 大宮周辺

 埼玉サークルの昼間例会が実施されるのでお昼前は大宮周辺で軽く取材をして午後以降、北浦和へ行くコースを取りました。

 自宅を8時過ぎに出発して中央線には乗らず、踏切で行き交う電車をキャッチして甲州街道沿いの西八王子駅入口バス停へ向かうもこの時間は10分くらいかな?と思っていたら何と!15分も間が空いている穴の時間帯もあり驚きました。たまに中央線の土休日ダイヤが15分近くも空く事があるので待っている間に(JR)八王子駅へ着けるのにと思っていた所思わぬ誤算なり。こうした潜在需要があるにも拘らず数年前の京王八王子方面の減回が恨めしく思えます。待っていると和服姿のおばちゃんがやって来て八王子まつりの期間中も手伝って風情があります。夜店や国道沿いの提灯を目にしながら八王子駅北口前に着くや突っ込んだカードが残高不足で40円入れたところ、誤って5円玉を投入してしまいこれは雑収入として京王電鉄バスさんに寄付(と某レイルウェイライター氏を思わせるくだりとなりましたが………)。

 京王プラザホテルのスターバックスで軽めの朝食を済ませた後、八王子始発の快速(3番線から9時06分発)があってこれで西国分寺へ。本業の方は単5482列車がEF210−124がやって来たので気付いていたらデジカメを向けた所でここは今後の宿題として頭に入れておき、OT基地側線には昨日か一昨日の5279列車で到着したJOTタキ1000の列が並び、立川で隣の3番線には珍しくE233系のH編成6両運用を見ました。

 西国分寺で9時36分発の東京行き(京葉線)で南浦和まで乗り、新座貨タの様子を伺うと日本フレートライナーのU48A、ヤマト運輸のUV46A/UV50A、日通のU47A-39500、お馴染み日梱の30フィートウイングルーフと置かれておりました。

 南浦和で京浜東北線に乗り換え、先行の電車が26日実施の埼玉県知事選の啓発を促すラッピングを施したクハ209-73×10(宮ウラ71編成)がやって来てEF81 100牽引の『北斗星』82号の通過と見ながら過ごします。

 さいたま新都心の駅は大宮操車場の構内と続いている為、貨物列車を見るには持ってこい場所で丁度、乗った京浜東北線の窓越しから短絡線から出て来る所の4097列車(新座タ→宇都宮タ)のELが顔を出し、宇都宮線では珍しいEF64・1000番代の牽引でコキはコキ104中心の顔触れで空車が目立ちましたが、初期グループでグレーに塗り替えられたナンバーもちらほら見られ、写真集の足しに大きめのサイズで撮影しました。
←宇都宮タ EF64 1009[更新色、冷房]+コキ104-366+106-95(全検14-11-1広島車/グレー)+104-2662(全検19-2-19小倉車)+871(全検19-6-5川崎車)+106-9(全検19-6-7川崎車/グレー)+106-17(全検19-6-28広島車/グレー)+104-1892(全検19-6-26川崎車)+216+393+5017(全検18-5-17川崎車)+2191+1192+2370+724+10+2073+395+2587+997+505
注目コンテナ=コキ104-393 UT11A-5040(住友化学工業・NRS/水酸化アルミニウム)

 一度改札を出るとポケモンラリーの親子連れが行列を成して今後は夏休み中の前半の土日は外出を避ける様子が出て来そうです。暑い中ご苦労様です。線路伝いの歩道に降りて今度は3097列車(隅田川→熊谷タ)の編成調査を行ない、隅田川・札幌タ発のコキ50000は250000番代が目立つ他、珍しくFLのU31Aも発見。線路側は首都高から直結する道とぶつかる為に車道から外れて見るものの、周りの安全に気を配って調査しました(と言っても車の通行量が少ないので安心します)。
←熊谷タ EF65 1056[正面青プレート]+コキ252079+250447+20799[隅田川→倉賀野]+53240+252253+52606+252214+253130+51325[札幌タ→熊谷タ]+50022+53006+51020[隅田川→熊谷タ]+106-416+104-277+763(全検19-3-22川崎車)+1756(全検18-9-28川崎車)+2397[越谷タ→熊谷タ]+2074+106-1123(新製19-6-29日車)+104-2489(全検18-8-7輪西派)+583+2046[越谷タ→倉賀野]
注目コンテナ=コキ252253:FLU31A-361、コキ253130:W18D-9184、コキ104-763:JOTUR19A-15927、コキ104-2489:JOTUR19A-16050(2個とも幅広タイプ)、コキ104-2046:19G-5000

 今度は大宮へ戻ってエキュートで暇つぶしをして一度3・4番線に降りて川崎車両所の試運転列車・6794列車の通過を見ます。
←EF65 1138[JRF色、赤プレート、冷房]+コキ104-1849+103-82+102-82+81+102-81+ホキ1015(東オク/宇都宮タ、全検19-8-川崎車)

 再びエキュートに戻ってお昼の駅弁を『旨囲門』で仕入れ、直送ものはレパートリーがやや少ないものの、目に留まったのが一ノ関駅の『三陸海の子』を選びました。6・7番線へ行くと宇都宮線から5562列車のEF210ー125、3078列車のEF66 33[新更新色、冷房、PS22]と単機が顔を並べて財源の無い貨物列車は一味足りない印象です。

 高崎線からの211系でさいたま新都心へ行き、チチブセメントの石炭列車・5764列車の停車時刻に合わせて来たものの、大宮操12時14分着/22分発に繰り上がったのと運休で空振り、京浜東北線の南行にて北浦和で向かうと丁度真向かいに偶然、旧日曜サークルで活動されておられたT氏が座っておりました。別行動になったものの、後で会場である埼玉県労働会館で合流し、3階のロビーで昼食を取ろうとした所で支部委員のK氏の付き添いで事務室からテレビ(+DVDプレーヤー、ビデオデッキ)、スライド映写機と引き取り、エレベーターで運ぶものの、3階へ先回りして持ち方を知らず危うく落とす格好なってしまい不慣れでスミマセン。幸い、破損せず安心したものの、貨車部会の会場である大崎の南部労政会館では部屋に備え付けの為か受付でテレビ台の鍵をお借りするだけで慣れは怖いものです。慣れと言うと日頃何かとお世話になっているU氏のデジカメが何と、小生が3月に購入したものと同じタイプで(『鉄道ファン』のフォトコンで銅賞の商品でもあります)驚きましたが、デジカメ画像の映写の際は自前のケーブルを携えた事からそのまま引き続き繋いだ次第です。情報交換からデジカメ映写、DVD、スライド上映と行ないながら楽しく過ごしました。お馴染みの面々の他、久々に見えられた年配の方やシニアの方でも暇になった事から入会する例が目立つ様になった一方で若い会員さんが見えられても近年入会した様な方は先輩会員さんと接触する意気込みが感じられず、6月に実施された支部総会の際に「短期間で退会して毎年これの繰り返し」と仰ってられて近年、新卒社員が環境に馴染めず短期間で退職する例と何処か似ています。幹事クラスも若くて私より少し年少のS君が頑張っておられる程度で何処の部会・サークルも幹事の後継者難が肌で感じております。

 例会の終了後は北浦和駅前(西口)の居酒屋・庄やの2階の窓際を陣取って二次会を行うと激しい夕立が降るものの、帰る頃にはすっかり上がり、20時50分頃に散会。

 北浦和から20時55分発の大船行きで南浦和まで乗り、クハ209-515×10(宮ウラ84編成)に当たり、乗った車が弱冷房車とK君の身体に合わない様で。

 南浦和で武蔵野線に乗り換えて21時07分発府中本町行きは先頭に乗ってクハ205-50×8(千ケヨM10編成)の乗車。新秋津を過ぎて空席が目立つものの、7人掛けで私、K君の二人とお姉ちゃんと座っていて左手(南浦和方)へ私が移動し、あれこれ話しつつ最近は夜の空いた電車は若い年齢層の乗客が多く、K君相手に年齢の話題をネタに話すとオジサンの域に突っ込みつつある我が身もそろそろ楽をしたい所、目的意識が無いダメな若者が多いと嘆きつつ、貨車の調査やこのブログとますます磨きを掛けて参ります。詰め込み教育世代(=私)とゆとり教育世代(=若者)と考え方が違うものですな。

 西国分寺で中央線に乗り換えると高尾行きが21時56分まで20分以上空いてしまい、京王線みたいに等間隔で上手く来れば読めるのですが、中央線のダイヤパターンは滅茶苦茶で土休日ダイヤで豊田以西の午前中の間引き、西国分寺の接続で高尾行きと上手く取れれば嬉しいもの。来年度のダイヤ改正は20年振りに劇的に変わるのか後向きになるのかどうか分かりません。

 仕方なく21時43分発の豊田行きに乗るとこれが3番線の到着で前の方に乗ったものの、これが失敗。次の中央特快に乗換、K君と別れて降りると暫く止まった様で人騒がせですね。

 この間、姨捨ゼミナールへ出掛けた時も長野支部さんの会員さんからもこのブログ、好評とのお話を頂きましたが、埼玉サークルの会員さんでも愛読者が居られる事で嬉しくなりました。これから思う事やらお嘆きを綴りつつも皆さんのお役に立てる事、調査や趣味にプラスになる様な情報をお届けして参りますのでご期待下さい。

 最後は中央線快速電車の見たまま情報で締めさせて頂きます。
・クハE233-3×10(八トタT3編成):55T運用→西国分寺→豊田はこの編成
・クハE233-9×10(八トタT9編成):75T運用
・クハE233-12×10(八トタT12編成):33T運用→豊田→八王子はこの編成
・クハE233-17×10(八トタT17編成):05T運用
・クハE233-18×10(八トタT18編成):03T運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):69T運用→八王子→西八王子はこの編成
・クハE233-43×10(八トタH43編成):23H運用
・クハE233-48×10(八トタH48編成):83T運用
・クハE233-49×10(八トタH49編成):25T運用→乗車した八王子始発9:06の快速はこの編成
・クハE233-50×10(八トタH50編成):15H運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):19H運用(午前中は五日市線の運用を中心に6連、1218Hの拝島から10連)
※他にも41T、77T、09H、13HとE233系が担当
・クハ201-19×10(八トタT102編成):81T運用
・クハ201-45×10(八トタT111編成):09T運用
・クハ201-87×10(八トタT108編成※):29T運用
・クハ201-95×10(八トタT109編成※):49T運用
・クハ201-99×10(八トタH2編成):45T運用
・クハ201-128×10(八トタH7編成):19T運用

|

« H19.08.03 八王子駅(その2) | トップページ | H19.08.07 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.08.05 大宮周辺:

« H19.08.03 八王子駅(その2) | トップページ | H19.08.07 八王子駅 »