« H19.07.21 松本駅&南松本駅 | トップページ | H19.07.22 篠ノ井駅&南松本駅 »

2007年7月23日 (月)

H19.07.21 篠ノ井駅

 松本から8時39分発(遅れて43分発)の『みすず』長野行きで今日の撮影地、姨捨駅と向かいます。駅前では長野支部のS事務局長、シニア会員のT氏、K氏、支部報編集担当のY氏、東京支部エリアから参加のお馴染みK氏と現れ、先ずは私含めて5名で姨捨公園のベストポジションで撮影し、『しなの』は通常の6連の他に2連を増結した列車が多く、他の目玉は『風林火山』号のクハE257-116×9(長モトM116編成)、3月ダイヤ改正で静岡の115系から神領の313系に置き換えた『みすず』はクモハ313-1702×3(海シンB152編成)と通過。肝心の貨物列車はゼロであっても8469列車(EH200-6)、2086列車の単機のみとサッパリ。

 昼食は松本駅で駅弁を買ったものの、Y氏と相伴して川中島平が見下ろせるそば屋での昼食。あれこれお話しながら舌鼓を打ち、姨捨駅北側の撮影からホームに入って『風林火山』2号で来たE257系の撮影を楽しみました。

 姥捨で皆さんと撮影を楽しんだ後は単独で篠ノ井へ行き、停車する貨物列車の編成を調査します。動くと思いきや、今日のうちにしなの鉄道線を撤収して篠ノ井に滞留してから月曜日の列車にスライドする格好を取ります。

○2085~2086列車(23日発)…下り方面の3番線から見えた編成で先頭のタキ1000-586が全般検査出たてでした。
△根岸
タキ1000-586 JOT/根岸 全検19-7-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-151 JOT/郡山 無
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-779 JOT/根岸 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000-250 JOT/郡山
タキ1000- 81  JOT[E]/郡山
タキ1000-466 JOT[E]/根岸
タキ1000-610 JOT[E]/根岸
タキ1000-794 JOT/根岸 新製18-10-20川重、自重17.2t
タキ1000-682 JOT/根岸
タキ1000- 33  JOT/郡山 (A重)

○5773~5462列車(23日発)…夜中、早朝と見た5463列車の返送に当たり、西上田で更に2両、長野から返送されるツートン車と連結。タキ1000の100番が連結されて今春以降、スーパーオイルエクスプレス(主に1071/1070レ)のA重油専用として郡山へ出向したと思ったらこれまでと同じ白油輸送用にて活躍しております。どうも同じ新製年の車が揃うと巻き添え喰うかな?とつい短絡的に考えてしまいがちです。
△川崎貨物
タキ1000- 47   JOT[E]/郡山 ↑長野→根岸 A重
タキ1000-132  JOT[E]/郡山 ↓ A重
タキ43017    OT/郡山
タキ44006    OT/西上田 全検19-4-2川崎車、自重16.3t
タキ43137    OT/倉賀野
タキ43396    OT/南松本
タキ43213    OT/倉賀野
タキ1000-672  OT/宇都宮タ■
タキ1000-100  OT/倉賀野■
タキ43270    OT/倉賀野
タキ43025    OT/倉賀野 全検18-7-10川崎車、自重16.2t

 止まっている面々が見慣れている顔触れが多い為かあっさり(?)片付き、15時20分発の戸倉行きで屋代まで向かいます。しなの鉄道は今年の10月1日に転換されて丁度10周年を迎え、信越本線の時代は18きっぷや『信州ホリデーパス』(現在発売されている『信州ワンデーパス』の前身、しなの鉄道線内の適用の有無が違います)と気にせず使えたものの、『土日きっぷ』もフリー適用外の為に一度改札を出て切符を買い(ご丁寧にもきっぷの地紋がしなの鉄道のものです)、しなの鉄道に初めて乗車しました。115系の運用はクモハ115-1013×3(S3編成)に乗りで番号の通り、JRの払い下げでカラーリングが違う他ワンマン運転対応の外部スピーカー、E231系の500番代やE233系で見られる鴨居の液晶ディスプレイも特徴。リニューアル車の座席はJRがブルー系ですが、こちらはグレーのツートンでチェック柄。

 屋代駅からタクシーを拾い、今回の宿となる稲荷山温泉・杏泉閣へ向かいます。途中の更埴体育館前にはD51 1001が鎮座し、ややくたびれている様子と後で長野支部の会員さんから伺い、ロビーでブログの整理を行ないながら17時頃まで直接お見えになった会員さんや姨捨撮影組はこの後ポイントを移動して更に稲荷山、篠ノ井と回ったそうで全員揃ってひと風呂浴びてから宴会場での夕食(場所が分からず迷ってしまいすみませんでした)を楽しみ、別の部屋に移って話に加わるものの、眠くなって来て自分の部屋へと移動しました。

|

« H19.07.21 松本駅&南松本駅 | トップページ | H19.07.22 篠ノ井駅&南松本駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.07.21 篠ノ井駅:

« H19.07.21 松本駅&南松本駅 | トップページ | H19.07.22 篠ノ井駅&南松本駅 »