« H19.07.12 八王子駅 | トップページ | H19.07.20 八王子駅 »

2007年7月19日 (木)

H19.07.19 八王子駅

 この間の金曜日に実家の仕事を経営統合して、共済に掛けていた退職金を元手にiMacの新型を4年振りにムラウチにて購入しました。買い替えではなくデジタル編集の仕事用でさて、自室のテーブルに鎮座すると薄型テレビの如く、コンパクトさは一目瞭然。プロ野球のアメリカ人の監督ではありませんが「信じられない〜!」の一言がつい飛び出ます。12回ローンで購入し、信販会社のカウンターへ行くと偶々、一昨年の秋に結婚した妹の同僚さんが居たので世間話をしながら手続きを行ない、審査の間に上で書体のソフトとアドビのイン・デザインを購入したかったものの、後者は注文となってこれを今日はこれを引き取りに出掛けました。

 昨日、一昨日と梅雨寒で出られませんでしたが、今日は外出するには傘も要らずに出掛けて丁度、西八王子から電車に乗るといつもは115系の立川行きに乗るものの、前に到着するE233系の中央特快で後方が空いていたので思わず飛び乗り、いつもより5分程早く参上。今日は例によって豊田から長野総合車両センターへ廃車回送される201系が運転されるのでカメラ片手のファンは屯していないかな?気になります。

○5270列車…久し振りに短めの編成で丁度一月前に比べると半数に減ってしまいました。
△根岸
EF64 1021[更新色、冷房]+EF64 1036[更新色、冷房]
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-605 JOT/根岸 無
タキ1000-226 JOT/郡山 無
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ1000-571 JOT/根岸 全検19-4-24川崎車、自重17.0t
タキ1000- 70  JOT[E]/郡山 トケ
タキ43446    JOT/根岸 トケ

○2089列車…例によってコキ104・106オンリーの顔触れです。
←竜王 EH200-8+コキ104-1987(全検19-1-5川崎車)+106-958(新製18-8-8日車)+104-2857(全検18-12-13川崎車)+625

 この間に201系の廃車回送が4番線を通過して今日はクハ201-51×10(八トタT114編成)が北長野へ向かい、特徴は5号車に連結されたモハ201-113のバケットシート。201系のシートが平成2〜3年頃にブラウン+中央ベージュの二色からミントブルーのモケットに交換された際、同じ柄でもへこみが目立つバケットシートを持ち、異彩を放ったもののこの1両だけに終わりました。

○8272列車…こちらも編成が短くタキ1000オンリーの7両編成で『あずさ』8号出発後、3番線に入線。
△根岸
EH200−9
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-151 JOT/郡山 無
タキ1000-202 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-235 JOT[E]/郡山
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無

 8272列車が終わるといつもよりやや早く改札を出て日野行きの路線バスで大和田坂下まで乗ります。京王八王子駅から大和田橋まで国道20号の共同溝工事で渋滞にハマり、この間は歩いた方が速いかな?と思いつつ20分程で到着。ムラウチのコンピュータ館2階でイン・デザインの他、ケーブルを2種類購入し、昼食は住宅設備やソーラーの専門館を改装したカレーの王様でビーフカレーに今後の繁栄を祝して(?)ロースカツをトッピング。以前は八王子駅の近くのビルの1階にあってロゴを見ると懐かしく、当時はココイチがチェーン化する前でしたからね。何でも、市ヶ谷に有るとのお話で靖国通りの反対側(鉄道友の会本部があるビルもあります)には有名な『パク森』もあります。因みに今は分社化されてオンラインショップの社長さんになった息子さんのブログでもこのお店が紹介されております。

 行きのバスがヨドバシカメラのラッピングだったので帰りはどうも気を遣いますが、豊田からのバスでこちらはてんけんくん((社)東京都自動車整備振興会)のものと一安心。

 京王プラザホテルのスターバックスで昨日からのマンゴーフラペチーノを注文するものの、品切れでラズベリーカシスフラペチーノを頂き、もう少し暑いとちょうど良いかな?と言った味わいです。

 帰宅後はイン・デザインを新型のiMacにインストールし、夏休み中はこのトレーニングにどの程度費やせるか。ある程度習熟しましたら皆様からのご注文を大なり小なりお引き受けしますので是非ともご用命下さい。

 最後はE233系、201系の運用状況をまとめました。今月落成したばかりのT19編成の運用を確認し、秋風が吹く頃までにはT編成のほぼ半数が終わる計算です。
・クハE233-4×10(八トタT4編成):37T運用
・クハE233-5×10(八トタT5編成):53T運用
・クハE233-6×10(八トタT6編成):75T運用
・クハE233-14×10(八トタT14編成):65T運用
・クハE233-19×10(八トタT19編成):27T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):17H運用→こちらは帰りの乗車です。
・クハE233-44×10(八トタH44編成):25H運用→いつもは一本次の立川行きに乗りますが、不思議と後方が空いていたのでつい乗りました。
・クハE233-52×10(八トタH52編成):27H運用
・クハE233-56×10(八トタH56編成):49T運用
・クハ201-44×10(八トタT124編成):59T運用
・クハ201-50×10(八トタT127編成):31T運用
・クハ201-57×10(八トタT131編成):71T運用
・クハ201-60×10(八トタT133編成):03T運用
・クハ201-95×10(八トタT109編成※):75T運用

|

« H19.07.12 八王子駅 | トップページ | H19.07.20 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.07.19 八王子駅:

« H19.07.12 八王子駅 | トップページ | H19.07.20 八王子駅 »