« H19.04.06 八王子駅(その1) | トップページ | H19.04.10 八王子駅 »

2007年4月 7日 (土)

H19.04.06 八王子駅(その2)

 例会の前は京王線で新宿まで乗り、新宿に着くと昨秋、踏切事故に遭った9708Fが15時02分発の快速で止まっていた所を見てから新線新宿へ移り、都営新宿線に乗ると小川町での人身事故があった為に一部、ダイヤが乱れ、橋本からの急行は新線新宿折返で笹塚〜本八幡間の各停のみの運転となりました。神保町まで行って靖国通り沿いにある古本屋に立ち寄り、むき出しの鉄道雑誌を立ち読み。『鉄道ファン』でも昭和50年代の号を買いたいなと思っても資金の工面、スペース諸々で悩みますが、昭和30年代位の厚さなら収納に苦労しませんが………。岩波ホールからメトロ半蔵門線に乗り、中央林間行きで東武50050系に初乗車。戸袋には半蔵門線直通では久し振りに元TBSアナウンサーが登場するデベロッパーの広告が掲げられてマンションよりもリゾートの方が多い様です。デジカメを同じ局でお馴染みのアラシ隊員の似顔絵が入った巾着袋に入れたので思わず目が点になります。

 大崎の南部労政会館で貨車部会の例会が行なわれ、渡辺一策さんの昔撮られた写真が『車掌車』に載って撮られた場所も通る事があるので司会席に座る私も思わず突っ込み、この事から10月までは沿線の様子の写真を募集するとのお話で該当作はあるかな………。

 帰りは話が長引き、先月のダイヤ改正から中央特快から通勤快速に化けたダイヤに乗れるかなと思って山手線の外回りに乗ると代々木辺りで中央線の快速電車が新宿駅での人身事故で遅れている事を知り、快速を何本か待って(10分以上の遅れ)定刻が21時36分発(遅れて49分頃発)の通勤快速で八王子まで乗りました。こちらも新宿出発間際に5号車で急病人発生、少し遅れての出発となり、八王子は22時半を過ぎての到着でこの時点で約20分遅れでした。

○2087列車…定刻であればそろそろ出発する時間帯ですが、人身事故の影響で定刻より30分遅れて23時を回っての出発となりました。先頭にはこの間の根岸行きで確認したタキ1000-7が連結。
△篠ノ井(坂城)
EH200−1
タキ1000- 7  JOT/郡山 A重
タキ1000-112 JOT/郡山 A重
タキ1000- 32  JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-113 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-771 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-781 JOT/根岸 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000- 88  JOT[E]/郡山
タキ1000-188 JOT/郡山
タキ1000-510 JOT[E]/根岸
タキ1000-584 JOT/根岸 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無
タキ1000-297 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-268 JOT/郡山 無
タキ1000-599 JOT/根岸 無
タキ1000-588 JOT/根岸

○5462列車…普段は八王子まで牽くEH200が見られるものの、先の人身事故の影響で到着が遅れた為、見られませんでしたが2両しか存在しないタキ1000の八王子常備や八王子発の返送も連結。
△川崎貨物
EH200−*→EF64 1040
タキ1000-413 OT/八王子
タキ43453   OT/宇都宮タ 石油類)黒地
タキ43369   OT/八王子
タキ43315   OT/西上田
タキ43464   OT/倉賀野
タキ43172   OT/南松本 全検18-5-30川崎車、自重16.0t
タキ44125   OT/南松本 全検18-8-24川崎車、自重16.5t
タキ43521   OT/郡山  ↑八王子発
タキ43235   OT/倉賀野 ↓

○5464列車…3月のダイヤ改正からタキ1000の大半が四日市へ移り、タキ43000が目立つ顔触れとなりました。残ったタキ1000が黒地の『石油類』臨時専用表示板からグレーの無地(根岸の車と同じくガソリン輸送用)が掲げられています。又、OT→JOT移籍車の未確認で43339(倉賀野→浜五井常備)、43519(郡山常備)と見掛けました。
△千葉貨物
EF64 1012→EF65 119[JRF色]
タキ1000-359 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ243873   JOT/郡山 石油類)黒地
タキ43112   JOT/根岸
タキ43368   JOT/根岸
タキ43436   JOT/郡山 [車票]
タキ43339   JOT/浜五井 全検18-7-25川崎車、自重15.9t[車票]
タキ43519   JOT/郡山 全検18-1-10郡山車、自重16.2t
タキ43219   JOT/根岸
タキ43146   JOT/根岸
タキ43449   JOT/根岸
タキ43175   JOT/郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 無
タキ1000-301 JOT/郡山 全検19-3-3川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-348 JOT/郡山 全検19-3-1川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-272 JOT/郡山 全検18-9-11川崎車、自重16.9t 無
タキ43221   JOT/根岸
タキ43184   JOT/根岸  全検18-12-26川崎車、自重15.9t

○5275列車…3月18日のダイヤ改正から八王子着がやや繰り下げられ、3番線に5464列車の入線とほぼ同時になりましたが、昨日の5482列車に続いて単機(EF65 1037[JRF色])での到着となりました。

○5478列車…1両だけタキ43000が入った以外は全てタキ1000の顔触れで唯一の辰野発は現時点で最大ナンバーの802番が連結。
△根岸
EF64 50[JRF色]+EF64 60[JRF色]
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 ↑村井発[8565レ] 石油類)黒地
タキ1000-146 JOT[E]/郡山
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 トケ
タキ43409   JOT/郡山   ↓トケ
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 ↑村井発[5579レ]
タキ1000-565 JOT/根岸 無
タキ1000-568 JOT/根岸 無
タキ1000-150 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-562 JOT[E]/根岸
タキ1000-482 JOT[E]/根岸
タキ1000-755 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-772 JOT/根岸   ↓ 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-802 JOT/根岸 辰野発 新製18-11-8川重、自重17.2t

○5470列車…”坂城発着=タキ1000”と言うと2087レ〜2086レが定着しておりますが、珍しくA重油専用車含めてオールタキ1000、短い10両編成で来ました。
△根岸
EH200−2
タキ1000-475 JOT/根岸
タキ1000-283 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-430 JOT/根岸
タキ1000-787 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ1000-290 JOT/郡山
タキ1000-788 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ1000-628 JOT/根岸
タキ1000- 68  JOT/郡山
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 A重

○5467列車…この列車と前述の5470レがほぼ同時に到着する為、帰り際ながらもこの辺りがバタバタしますが、5470レの編成が短かったので余裕もって見る事が出来ました。前日の5460レで浮島町に到着した2両と3両増結。3両目のタキ44105は我が師匠のHPにて派手な書き込みが映されたナンバーとして紹介されております。最後尾のコキ50000は熊谷タからの回送車。
△南松本
EH200−10
タキ1000-407 OT/宇都宮タ
タキ43362   OT/倉賀野
タキ44105   OT/倉賀野
タキ43021   OT/南松本
タキ44149   OT/宇都宮タ
コキ251438 熊谷タ発 全検15-2-10川崎車(常備駅標記消去)

 最後にE233系の運用と201系の編成番号が変わった編成をまとめました。E233系でH54編成の試運転が行なわれていたので後少しです。
・クハE233-5×10(八トタT5編成):21T運用
・クハE233-6×10(八トタT6編成):15T運用→53T運用
・クハE233-9×10(八トタT9編成):63T運用→83T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):37T運用
・クハE233-44×10(八トタH44編成):15H運用
・クハE233-45×10(八トタH45編成):43T運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):07T運用
・クハE233-52×10(八トタH52編成):37T運用→19T運用
・クハE233-53×10(八トタH53編成):19T運用
・クハE233-54×10(八トタH54編成):11:25頃に豊田から高尾方面への試運転。
 当日は20:30頃、新宿駅にて人身事故発生となり、金曜日の晩+人身事故=終電まで大混乱となるので運行番号は確認時点のものですのでこの点ご了承下さい。。
 201系の編成番号ではクハ201-85×10がH23編成からT125編成、クハ201-107×10がH13編成からH4編成と変わっております。
 八高線〜川越線の209系でクハ209-3001×4(宮ハエ61編成)が側窓開閉化工事を受けて、全車完了しました。

 帰路はいつもと同じ0時15分発(遅れて20分発)で西八王子まで乗り、例会が隔月実施となると帰路の苦痛も少し和らげる反面、情報収集がやや手薄になる面が出て来ますので今後は何らか努力して参りますのでご期待下さい。

|

« H19.04.06 八王子駅(その1) | トップページ | H19.04.10 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.04.06 八王子駅(その2):

« H19.04.06 八王子駅(その1) | トップページ | H19.04.10 八王子駅 »