« H19.03.29 京浜地区(根岸駅・その1) | トップページ | H19.03.29 八王子駅 »

2007年3月30日 (金)

H19.03.29 京浜地区(根岸駅・その2)

 磯子駅での中休みを取って途中、北行線で逗子から長津田へ送られる東急5000系の6ドア車の甲種輸送に擦れ違い、逗子や本郷台との掛け持ちでしょうか結構カメラ片手のファンを見受けられました。現車も後刻、八王子で確認しております。

○8780列車…ダイヤ改正前までは倉賀野から定期の5780列車、臨時の旧8780列車で各々川崎貨物へ行き、5161列車に継送されて根岸に到着しましたが、浮島町発着列車の高速化で根岸行きに再編され、5760列車のダイヤに近いダイヤで高崎線を走ります。臨時列車ながら長い編成で気合いが入っています。

EF200−12
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 全検18-6-7川崎車、自重17.1t 石油類)黒地
タキ1000-499 JOT/根岸
タキ1000-158 JOT[E]/郡山
タキ1000-493 JOT[E]/根岸
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-222 JOT/郡山 全検18-6-24川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-231 JOT[E]/郡山 全検18-8-15川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-624 JOT/根岸 無
タキ1000-195 JOT[E]/郡山
タキ1000-151 JOT/郡山
タキ1000-352 JOT/郡山 全検18-9-21川崎車、自重16.7t
タキ1000-473 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-689 JOT/根岸
タキ1000- 22  JOT[E]/郡山
タキ1000- 69  JOT[E]/郡山 石油類)黒地、トケ
タキ44130   JOT/根岸 全検18-9-30川崎車
タキ1000- 48  JOT[E]/郡山 A重
タキ43299   JOT/根岸 全検189-22川崎車、自重15.8t A重
タキ44107   JOT/根岸

○5262列車…EF200が前の8780列車に繰り上がり、ブルーサンダー参上となりました。運用はこの後、5474〜5471列車の坂城行きの担当(3/18改正前は95Km/h返送の2086〜85列車)です。編成では現時点でタキ1000のラストグループに当たる800〜802番の連番が入り、浜川崎から移動した7番と確認するものの、前は到着すると1時間程と待っておりましたが、3番線に転線して15分程で積込線に移送するので慌ただしくなりました

EH200−10
タキ1000-802 JOT/根岸   ↑岡部発 新製18-11-8川重、自重17.2t
タキ1000-801 JOT/根岸 新製18-11-8川重、自重17.2t
タキ1000-258 JOT/郡山 全検18-10-4川崎車、自重17.0t
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 全検18-5-29川崎車、自重16.9t
タキ1000-593 JOT/根岸 無
タキ1000-166 JOT[E]/郡山
タキ1000-579 JOT/根岸 無
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-800 JOT/根岸 新製18-11-8川重、自重17.2t
タキ1000- 63  JOT[E]/郡山
タキ1000-466 JOT[E]/根岸
タキ1000-369 JOT[E]/郡山
タキ1000-126 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 36  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-128 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-116 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 7  JOT/郡山 全検16-6-11川崎車、自重17.2t A重
タキ1000-107 JOT[E]/郡山 ↓ A重

○87列車…ダイヤ改正前はEF200+EF210のハイテク機同士の重連が見物でしたが、訪れた日はEF210が本来牽く筈の3076列車のタンク車が無く空振りで今思うと残念な事になり、EF210の単機牽引となりました。

EF210−111
タキ1000-425 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-602 JOT/根岸 無
タキ1000-598 JOT/根岸 無
タキ1000-684 JOT/根岸
タキ1000- 27  JOT[E]/郡山
タキ1000- 17  JOT[E]/郡山
タキ1000- 21  JOT[E]/郡山
タキ1000-483 JOT[E]/根岸
タキ1000-118 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-105 JOT[E]/郡山 (A重)

○4091列車/5560列車…今回のダイヤ改正から5577列車がスピードアップして4091列車として改められ、共に根岸〜新鶴見と倉賀野行きの5777/5760列車とトレードした格好で設定されています。
△宇都宮タ
EF200−11[新塗色](4091レ)
タキ1000- 31  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-121 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-120 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-109 JOT/郡山 A重
タキ1000- 34  JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-588 JOT/根岸
タキ1000- 60  JOT[E]/郡山
タキ1000-429 JOT[E]/根岸
タキ1000-791 JOT/根岸 新製18-10-20川重、自重17.2t
タキ1000-600 JOT/根岸 無
タキ1000-501 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-148 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-614 JOT/根岸 無
タキ1000-194 JOT[E]/郡山
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 全検18-8-3川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-351 JOT[E]/郡山 全検18-11-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000- 23  JOT[E]/郡山
タキ1000- 85  JOT[E]/郡山
EF210−125(5560レ)


○5777列車/5760列車…下りは16時台の前半に根岸を出発、上りは午前中に倉賀野を出発して根岸にはお昼過ぎに到着するダイヤを長年取っていましたが、今回のダイヤ改正からスーパーオイルエクスプレス設定の影響でしょうか倉賀野を6時過ぎに出発して朝の高崎線を上り、熊谷タで1時間停車の後、お昼前に根岸に到着と大幅に変わりました。
△倉賀野(高崎操)
EF210−111(5777レ)
タキ1000-132 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ43634   JOT/郡山 A重
タキ43578   JOT/郡山 A重
タキ44211   JOT/根岸 全検18-3-7川崎車、自重16.2t A重
タキ43480   JOT/根岸 全検18-4-8川崎車、自重15.9t トケ
タキ1000-225 JOT[E]/郡山 全検18-6-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-626 JOT/根岸
タキ1000-687 JOT/根岸
タキ1000- 90  JOT[E]/郡山
タキ1000-505 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 全検18-7-1川崎車、自重16.8t 無
タキ1000-611 JOT/根岸 無
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 トケ?※
タキ1000-476 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-620 JOT/根岸 無
タキ1000- 52  JOT/郡山
タキ1000- 86  JOT/郡山
タキ1000-232 JOT[E]/郡山 全検18-8-26川崎車、自重17.0t
タキ1000- 19  JOT[E]/郡山
EF210−110(5760レ)

※タキ1000-152の表示板=ガソリン専用の無地板の筈ですが、『トケ専用』と記載したものを掲出。

 16時前には4番線に次の編成が入りました。
○5278列車…このブログでもお馴染みの5270列車の積車に当たるのがこの列車です。
△八王子
EF65 1009[JRF色、PS22]
タキ1000-599 JOT/根岸 無
タキ1000-469 JOT/根岸 無
タキ1000-161 JOT[E]/郡山
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ43560   JOT/根岸 青塗り トケ、石油類)黒地
タキ1000- 28 JOT/郡山
タキ43555   JOT/根岸 全検18-4-12川崎車、自重16.1t トケ
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t トケ

○8781列車…以前は川崎貨物まで5692列車で送っていたものをダイレクトに根岸から送る格好に変わりました。
△倉賀野
タキ43571   JOT/根岸 A重
タキ43275   JOT/根岸 全検18-9-30川崎車、自重16.1t A重
タキ43576   JOT/郡山 A重
タキ44114   JOT/根岸
タキ43610   JOT/郡山 A重
タキ1000-758 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-690 JOT/根岸
タキ1000-753 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-582 JOT/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/郡山
タキ1000-424 JOT/根岸 無
タキ1000-240 JOT[E]/郡山

○5476列車…これまでは夜間の出発だった坂城行きの専貨分が繰り上がり、夕方根岸を出発します。EH200の到着がその分繰り上がり、4091列車の出発後に2番線から3番線に収容したこの編成を引き出し、再び2番線に戻って出発を待ちます。
△篠ノ井(坂城)
EH200−10
タキ1000- 39  JOT/郡山 (A重)
タキ43239   JOT/根岸 A重
タキ44134   JOT/根岸 全検18-7-26川崎車、自重16.3t A重
タキ44150   JOT/根岸
タキ1000-226 JOT/郡山 全検18-6-30川崎車、自重17.0t
タキ43118   JOT/根岸
タキ43457   JOT/根岸 トケ、石油類)青地
タキ1000-762 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸
タキ1000-163 JOT/郡山
タキ1000-617 JOT/根岸
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-287 JOT/郡山 全検18-11-11川崎車、自重16.9t
タキ1000-562 JOT[E]/根岸 全検18-9-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-150 JOT[E]/郡山
タキ1000-772 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-145 JOT[E]/郡山

○1152列車…いつも通りの編成で先頭はNRSの20フィート、JOT UT10C-5000(ENEOS用、潤滑油専用)、JOTU330149[9](ラテックス専用)、2両目のコキ106-3にはSTKU000206[5]とタンクコンテナが積まれ、中程は八戸貨物行きの19系コンテナが目立ちます。因みに牽引機は鶴見線の項で5987列車を牽引したEF65でこの後、私は安善経由で鶴見線に乗ったものの、鶴見駅で機回し停車でまたお会いしました。
←東京タ EF65 506[JRF色]+コキ166-698+3+556(全検19-3-24川崎車)+478(全検17-6-25川崎車)+227+586(全検18-9-28広島車)+93(全検18-12-7川崎車/グレー塗替)+103-26+102-26+25+103-25+103-146+102-146+145+103-145+103-107+102-107+108+103-108

 夕方近く、根岸駅の跨線橋から海側を見ると発着線がツートンカラーのタキ1000が所狭しと並べられてこの姿は壮観でした。

|

« H19.03.29 京浜地区(根岸駅・その1) | トップページ | H19.03.29 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.03.29 京浜地区(根岸駅・その2):

« H19.03.29 京浜地区(根岸駅・その1) | トップページ | H19.03.29 八王子駅 »