« H19.03.21 名古屋市内 | トップページ | H19.03.26 八王子駅 »

2007年3月24日 (土)

H19.03.23 八王子駅

 名古屋行きの後は中1日、資料の整理やブログの編集(前の編集が一部滞ってしまいすみませんでした)に追われましたが、私の場合はiMac(2003モデルの17インチ)に形式別のリストや貨車部会の資料用に作成したデータとエクセルを用いて作成したものが多いので言わば、昔で言う台帳を拡げてのデスクワークと似た作業です。

 八王子駅の近くを用事ついでに出掛けるも今日は京王プラザホテルにあるスターバックスがオープン6周年を迎え、早いものだなと実感。当日は昼間ではなく常磐線の沿線を回った帰り(今行くと石岡は鹿島鉄道の廃止フィーバーで騒々しいですが………)の晩に立ち寄って、今でも使用しているマグカップや例会の日に資料等を入れるトートバッグもその時に購入しました。歴代、お店で働いて来た皆様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

○5270列車…EF64更新機同士の重連でタンク車はタキ1000オンリーです。
△根岸
EF64 1042[更新色、冷房]+EF64 1039[更新色、冷房]
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 全検18-5-25川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-619 JOT/根岸 無
タキ1000-229 JOT[E]/郡山 全検18-5-30川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-257 JOT/郡山 全検18-10-25川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-616 JOT/根岸
タキ1000-254 JOT/郡山 全検18-12-1川崎車、自重17.0t
タキ1000-679 JOT/根岸
タキ1000-763 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000- 53  JOT[E]/郡山
タキ1000-497 JOT[E]/根岸
タキ1000-298 JOT[E]/郡山 全検18-11-15川崎車、自重17.2t

 午前中はいつもの様に下り列車の遅れ(『かいじ』101号が遅れていないといつもの立川行きで八王子高校のカーブで擦れ違うのですが、今日は約10分遅れての到着)がひどくドサクサに紛れて2089列車は空振り。この間も名古屋支部の例会で役員を務める四国出身のM氏が地元の伊勢鉄道のダイヤ見直しのお話が出て「遅れの常習犯」と口にしていたのでまさにこの時間の下りは定刻に走る事が奇跡に近い様で週1回有るか無いかの状況です。

○8272列車…前後にタキ43000が混じった編成でブルーサンダーのトップ機が牽引。4月以降は8469列車〜8090列車の臨時スジの単機回送が始まるので区別付き難くなりそうです(そのままEF210が引き継いだら読めるのですが………)。
△根岸
EH200−1
タキ43116    JOT/根岸 トケ
タキ43547   JOT/郡山 全検18-7-11川崎車、自重16.0t トケ
タキ1000-627 JOT/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-578 JOT/根岸
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-160 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-495 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-787 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ43455    JOT/根岸 全検18-11-2川崎車、自重16.1t トケ、石油類)青地

 引き続き、E231系の運用状況と201系の編成番号が変わった編成をお知らせします。
・クハE233-46×10(八トタH46編成):27H運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):17H運用
・クハE233-51×10(八トタH51編成):25H運用
※他にも05H運用でも入っておりました。
 201系の編成番号を見ておりますと、4+6のH編成でも結構、編成番号が変わって組成そのままで4・5号車のクハをダミー扱いにしてT編成に編入した編成も見られます。
○H編成の組成そのまま
・クハ201-87×10(H9編成)
・クハ201-95×10(H10編成)
○H編成→T編成
・クハ201-71×10:H8編成→T107編成
・クハ201-97×10:H24編成→T129編成(8両目のモハ201は2丁パンタ)
・クハ201-130×10:H18編成→T117編成(二代目)
○H編成の組成変更
・クハ201-115×10:H14編成→H5編成
○T編成の編成番号変更
・クハ201-59×10:T33編成→T132編成

 改札口を出て新装成ったびゅうプラザを見学して真正面に従来のみどりの窓口、指定券や長距離切符の券売機、左手にびゅうプラザの受付カウンターに支社の本拠地だけあって対面式のカウンターや落ち着いたインテリアで駅の旅行センターと言うと何処か無機質な印象が強いものの、デパートにあるコンシェルジュサービスのカウンターを思わせる雰囲気で看板のロゴがカーブのスリットが入ったタイプから千葉県の観光キャンペーンのロゴに似た可愛らしいロゴに変わり、びゅうプラザのロゴも駅によって変わる所もこれから出回ると思われますので早いうちに記録される様お薦めします。

|

« H19.03.21 名古屋市内 | トップページ | H19.03.26 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.03.23 八王子駅:

« H19.03.21 名古屋市内 | トップページ | H19.03.26 八王子駅 »