« H19.03.20 笠寺駅 | トップページ | H19.03.23 八王子駅 »

2007年3月22日 (木)

H19.03.21 名古屋市内

 午後は黒川(市営地下鉄名城線)にて名古屋支部の例会が実施されるので午前中は熱田経由で臨海部を見に行きました。

 ホテルアソシア・名古屋ターミナルを8時半にチェックアウトして不要な資料や衣類を詰めたトートバッグをコインロッカーに預けて名鉄名古屋駅の北口からトランパスを買って入場。何本か見送って8時55分発の豊明行き普通はパノラマカ−7000系の担当で7037×4の最後尾・7038番に乗り、シートの色がブラウン基調でかつて、117系を東海道線に投入した際に名鉄の特急列車でも7000系の一部を特急運用の専属に改装した編成の一部で白い細帯が引かれてご存知の方もお有りではと思いますが、パノラマスーパーが闊歩する現在となっては乗り得電車と言った存在で正面の行先表示、車内と当時の名残も見られ、最後尾の逆眺望はお客さんの入りが今一つ。乗務員室が豊橋方に有るので到着や出発の合図で鳴らすベルの音が車内に鳴り響きました。

 神宮前から9時16分発のワイルドフラワーガーデン行きの市営バス(金山19系統)に乗り、基幹バスのお下がりで落書きバスになったタイプに当たって乗ると途中、昭和町南で降りて、東亞合成の貨車の様子を確認しました。

 私が名古屋に訪れる契機をつくったのはコキ71型(名古屋タ〜新潟タ、米子のカーラック専用車)見学会に参加した事で本来なら前年の10月にローレル賞の授賞式で行く筈が事前に信越本線での脱線事故の影響で延びてしまい平成9年5月に実施の運びとなり、支部の皆さんや私より2歳年長であるNさんと親交を持つ様になり、7年程前に支部の事務局長が交替して『車掌車』を郵送で読まれている方と同姓でお住まいが近くなのでご関係がお有りだろうと思ったら従兄弟同士と知って驚いた事が有ります。昨年から始まった支部選択制でも引き続き登録した格好となりました。その際に部会の笠井さん、山鹿さん(実名が出てすみません)とご一緒に名鉄の柴田駅からタクシーを拾い、潮見町一帯から昭和町と回って現在は潮見町が平成15年に休止状態となった為にバスで折り返して昭和町だけ見る事となりました。

 昭和町は曲がり角で工事している様子が見えてあわや廃線で撤去と思いきや、保線作業中で一安心し、構内にはコキ200(3363列車で到着した川崎貨物からの返送)、タキ7750、タキ7050と入っていました。タンク車は4両で3両がTR225の振替車、タキ7050は初期に東亞合成の所有車が存在したものの、現存車は日本曹達の移籍車です。普段はタキ5450の姿も見掛ける所、塩浜向けで大群が駆り出されたのでしょうか見られませんでした。
○1番線
△東港
タキ37782 東亞合成□/昭和町※ 全検16-1-29金沢総、自重15.4t TR225、カリ併、F(新井発)
タキ7064 東亞合成□/昭和町※ 全検18-8-23金沢総、自重13.7t TR225、カリ専、F
タキ7058 東亞合成□/昭和町※ 全検18-3-1金沢総、自重13.7t TR225、カリ専、F(新井行き)
タキ47791 東亞合成○/昭和町 全検15-3-19金沢総、自重16.4t 東港(三洋化成3/9)発
※□、○=社紋板の形状、昭和町※=旧伏木常備、カリ併/カリ専=カセイカリ液の併積/専用車、F=タキ7750・7050の富士重製
・タキ37783=元々、子会社の鶴見曹達所有車で昭和61年の貨物輸送合理化で一度除籍されたものの、昭和63年に車籍復帰。
・タキ7064・7058=共に日本曹達(二本木常備)からの移籍車
○3番線
コキ200-82 全検19-1-10川崎車 川崎貨物行き 東亞合成UT13C-8005,8001を積載

 30分程調査した後は昭和町南のバス停からワイルドフラワーガーデン行きは貸切状態で以前は三菱ふそう・エアロスターが多く入った路線ですが、ノンステップ車も進出してこちらは日野・ブルーリボンシティのCNGノンステップ車と以前は1営業所に一つのメーカーを入れる習わしが民間でも公営の交通局でも当たり前でしたが、後者は調達方法の見直しである営業所はどのメーカーという形を辞めて同じタイプをどの営業所に満遍なく配属されるスタイルが東京都の都営バスでも行なわれています。
 ワイルドフラワーガーデンで降りて近くにあるトイレで一休みの後は入れ替わりに到着した同じブルーリボンシティのCNGノンステップ車(ナンバーが1番違い)が10時25分発の金山行きとしてやって来ました。これまたお客さんが私だけだったので車内を観察するも、昭和町南で降りた時に開橋付近の工事や東橋の架け替え工事の影響で渋滞が激しく普段でも30分弱かかる所、神宮東門(=神宮前)まで1時間近く掛かり、途中の公営住宅近くにあるバス停から乗ったお客さんにもドライバーさんがこの事を説明しておりました。

 熱田神宮を参拝して、宮きしめんの昼食。神宮前の駅前にスターバックスで一休みした後は神宮前から金山まで急行・名鉄岐阜行きで移動。乗換で名鉄の上にあるお店を見てから市営地下鉄の名城線で黒川へ。

 黒川の高速沿いにある名古屋市の北社会教育センターが名古屋支部の例会の定例会場でいつもは第4日曜日(今月は25日)に実施される所、祝日である今日に繰り上げ、会員皆さんによる情報交換、スライド上映、昭和29年頃の飯田線の電車についての解説が行なわれ、中央東線の山スカ・71系のお話が有り、来た甲斐がありました。名古屋支部では豊橋にお住まいで永らく鉄道雑誌の投稿欄でお馴染みだった白井良和氏が先月14日にお亡くなりになられ、飯田線の電車のお話もこれが絡みました。この場をお借りしてご冥福をお祈りします。

 16時少し過ぎに終わると静岡の湖西市から来られたY氏と一緒に栄まで名城線に乗るとプロ野球開幕に合わせて2115Fがドラゴンズのラッピングが貼られました。栄から名古屋まで東山線で移動し、セントラルタワーズのスターバックスで一杯飲むとカードにチャージしたお金が足りなくなったので110円自腹で出し、東急ハンズのステーショナリーやBトレインのコーナーを覗き、コインロッカーからトートバッグを引き取ってからギフトステーションでお土産を品定めすると宮きしめんと青柳ういろうの一口ういろうと選んだものの、私はお酒が飲めない分、日本酒の酒粕を使った甘酒や酒まんじゅうが大好きで交通公社の時刻表の復刻版が出た時に何セットか購入した事が有り、ここで見付けた『納屋橋まんじゅう』という酒まんじゅうが気に入ったので(日持ちはしませんが、余ったらフリーザーに入れます)冬場は買う様にしていますが、ここでは先客に最後の1折が取られてしまい頭が凍りましたが、後で14・15番線の売店でゲットして事無きを得ました。待合室でシグマリオンを使ってあれこれまとめ、過ごしました。

|

« H19.03.20 笠寺駅 | トップページ | H19.03.23 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.03.21 名古屋市内:

« H19.03.20 笠寺駅 | トップページ | H19.03.23 八王子駅 »