« H19.03.13 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.03.14 八王子駅 »

2007年3月14日 (水)

H19.03.13 八王子駅

 埼玉サークルの例会を終わると速やかに退座し、北浦和から高架化成った浦和駅を過ぎて南浦和から西国分寺まで武蔵野線、西国分寺から国分寺で『中央ライナー』9号に抜かれた高尾行きで八王子へ。

 丁度下りは2087列車(根岸→坂城)が停車して17両編成一杯の連結。15両目のタキ1000-350は現車データ未確認で全検出場は18-9-20川崎車、自重16.8tと今年度の入場車もあと1〜2両チェックするとパーフェクトです。

○5462列車…この所8〜10両編成になる事が多かったものの、久し振りに10量オーバーの連結を見て一瞬、八王子発を増結したのでは?と目を疑いました。根岸行きが前に連結されると今日は長野発だけでそろそろ冬モードから解放かな?と言った様子です。
△川崎貨物
EH200−2→EF64 1040
タキ1000-154 JOT[E]/郡山 ↑長野→根岸
タキ1000-795 JOT/根岸 新製18-11-1川重、自重17.2t
タキ43232   JOT/根岸   ↓ A重
タキ43494   OT/八王子
タキ44005   OT/西上田
タキ43240   OT/倉賀野
タキ43358   OT/南松本
タキ43360   OT/南松本
タキ43161   OT/南松本
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43151   OT/西上田
タキ43334   OT/倉賀野 全検17-7-13川崎車、自重15.7t
タキ44125   OT/南松本 全検18-8-24川崎車、自重16.5t
タキ43369   OT/八王子
タキ38122   JOT/郡山 全検16-1-29川崎車(22-2-3切)、自重17.4t 常)浜川崎※
タキ1000-385 OT/宇都宮タ
※タキ38122の休車:塩浜派H17-12/231日、熊谷タ派H18-11/139日

○5275列車…南松本行きのJOT所有タキ43000も連結されて後で5464列車の編成調査が終わり、帰りの下り電車を待つ間、感度を変えつつ撮影を楽しみました。八王子行きのOT所有車はやや短め。

EF65 1101[JRF色]
タキ43436 JOT/郡山 ↑南松本行き
タキ43146 JOT/根岸 全検18-2-25川崎車、自重16.0t
タキ43328 JOT/浜五井 全検18-8-10川崎車、自重15.8t
タキ43325 JOT/根岸 ↓ 全検18-8-9川崎車、自重15.9t
タキ43001   OT/西上田 全検18-8-28川崎車、自重15.8t
タキ43135   OT/郡山
タキ1000-406 OT/宇都宮タ
タキ43235   OT/倉賀野
タキ43421   OT/南松本
タキ1000-676 OT/宇都宮タ■
タキ43388    OT/西上田


○5464列車…今朝は行き掛けに国立駅で往路の5481列車に擦れ違ったら全検出場間もないタキ1000が続いていたので予想通り入り、前方タキ1000、中間タキ243000やタキ43000(600番台)の重油用、後方タキ43000の見事な編成です。
△千葉貨物
EF64 1039[更新色、冷房]→EF65 1046[JRF色]
タキ1000-272 JOT/郡山 全検18-9-11川崎車、自重16.9t
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-162 JOT/郡山
タキ1000-300 JOT/根岸 全検19-2-20川崎車、自重17.1t
タキ1000-366 JOT/郡山
タキ1000-301 JOT/根岸 全検19-3-3川崎車、自重17.1t
タキ1000-348 JOT/根岸 全検19-3-1川崎車、自重17.0t
タキ1000-355 JOT/根岸 全検19-2-17川崎車、自重16.8t
タキ43324    JOT/根岸 全検19-1-9川崎車、自重15.9t
タキ243717  JOT/郡山 A重
タキ243823  JOT/郡山 A重
タキ44203   JOT/根岸 全検19-1-12川崎車、自重16.2t[車票]
タキ43637   JOT/郡山 A重[車票]
タキ243697  JOT/郡山 全検18-10-31川崎車、自重16.3t
タキ43622   JOT/郡山 A重
タキ43378   JOT/郡山
タキ43147   JOT/根岸
タキ43476   JOT/根岸 全検18-7-8川崎車、自重16.0t
タキ43447   JOT/郡山
タキ43404   JOT/郡山
タキ43252   JOT/根岸 全検18-7-22川崎車、自重16.1t

 一通り見終えると23時51分発の高尾行きはE233系の最後尾に乗りましたので締めは見た範囲での運用状況です。
・クハE233-2×10(八トタT2編成):07T運用
・クハE233-4×10(八トタT4編成):27H運用=『お〜いお茶』ラッピング終了
・クハE233-5×10(八トタT5編成):15T運用
・クハE233-43×10(八トタH43編成):71T運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):05T運用
・クハE233-47×10(八トタH47編成):61T運用=八王子23:51発高尾行き
・クハE233-48×10(八トタH48編成):21T運用
・クハE233-50×10(八トタH50編成):25T運用
他に45T、53Tでも確認されています。

|

« H19.03.13 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.03.14 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.03.13 八王子駅:

« H19.03.13 北関東近郊(その2) | トップページ | H19.03.14 八王子駅 »