« H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H19.02.11 八王子駅(その2) »

2007年2月12日 (月)

H19.02.11 大宮駅(その2)

 毎年恒例である埼玉サークルのロングラン例会も楽しく過ごす事が出来、先週行われたE233系撮影会の様子をご披露。今回は予めデジカメもスライドショーモードに設定したのでスムーズに出来、日頃親しくしていただいているM君は私が使っているタイプの一つ後のものを持っているので当日、接続ケーブルを忘れてしまい、互換性も取れていたのでお願いして連続で映写した次第です。例会ではいつも顔を合わせる皆さんの他にもわざわざ大阪・高槻からいらしたKさんや郵送会員でいつも何かとお世話になっている秩父のKさん(今回は西武鉄道のお話で昭和44〜45年頃の写真や西武秩父線が開業した頃の新聞スクラップとファイリングしてものをお持ちしました)、Nさんと久し振りにお会いして埼玉サークルの会員さんにはJR貨物の職員さんも居られるので貨車部会の存在をアピールしました。

 また、席上にて交通博物館の元副館長・松澤正二氏の訃報に接し、この場をお借りしてご冥福お祈りいたします。

 今年は第1部だけ参加して本業(=貨車の調査)を少し補いたいので夕方には切り上げ、北浦和17時49分発の大宮行きで大宮へ向かいます。

 5772列車の到着まで20分近くあったのでエキュートの中をぶらりとして、いかりスーパーやデパートの地下さながらの食料品コーナーと見て歩くものの、地元の八王子は少し毛色が変わったり凝った品揃えのお店が少ないのが惜しい所だなと感じます。同じテナントが抱き合わせで出店するかSCの担当者が不勉強なのかは分かりませんが………。家族と話すと「売れない」やら「維持出来ない」のはスタッフ、担当者の努力不足で私ですら同じJRの支社がある都市にも拘らずこれだけ違うのは距離(例:東京駅から30Km圏内)やら市場規模という物差しでしか見ないと思います。私はラジオをよく聴くのである作家が聴取率調査の対象を働く人の年代に合わせて設定されたものを高齢化社会の現状にそぐわないと噛み付き、60歳から70歳まで引き上げ、某局が首都圏の聴取率調査でここ5、6年好調になった事例があるように物差しや考え方、意識を見直せば良い方へ導くのですが。

○ 5772列車…この列車というと対の5765列車と比較してOT所有車が何両かカットされますが、今日は珍しくフル編成での到着。移動車も多く根岸からのタキ43000(43568の指定票差しに書かれた『トケ専用』が消えておりました)、塩浜からのタキ243000、冬期の応援用でタキ35000(元・自衛隊用)、定番のタキ38000で停車時間一杯に調査、撮影と費やしました。
△浜川崎
EF65 115[JRF色]
タキ43642   OT/郡山 A重
タキ243827  JOT/郡山 全検14-11-29名古屋車、自重16.0t 無 S
タキ43224   JOT/郡山 青塗り
タキ43568   JOT/根岸 全検18-11-28川崎車、自重15.7t 石油類)青地 N
タキ43250   JOT/根岸
タキ243806  JOT/郡山 A重
タキ43380   JOT/根岸 A重 N
タキ1000-452 OT/倉賀野■
タキ243812  JOT/郡山
タキ43193   OT/倉賀野 全検18-9-15川崎車、自重16.0t
タキ35543   JOT/船川港 全検12-1-6川崎車(21-1-6切)、自重14.9t
タキ43020   OT/南松本 全検18-5-25川崎車、自重16.0t
タキ243828  JOT/郡山 全検15-3-1名古屋車、自重16.0t S
タキ43544   JOT/郡山 A重(青地の板に"A")
タキ43191   JOT/根岸 A重
タキ43303   JOT/根岸
タキ43297   JOT/根岸
タキ43357   OT/南松本
タキ38095  JOT/郡山 常)浜五井
タキ43499  JOT/郡山 全検18-10-27川崎車、自重15.9t
※ S=塩浜、N=根岸からの移動車、タキ35543の休車=塩浜派H17-10/1430日、H18-11/57日

 一通り見た後は19番線を19時01分発の新宿行きに乗り、出発待ちの間に5772列車のノートを整理しました。

|

« H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H19.02.11 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.02.11 大宮駅(その2):

« H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H19.02.11 八王子駅(その2) »