« H19.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.11 大宮駅(その2) »

2007年2月12日 (月)

H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1)

 大宮へ行く途中、西国分寺までは中央線に乗り、豊田ではこれから立川へ向かい、臨時快速の河口湖行きとして運用される201系『四季彩』が出発待ち。帰宅後に会員仲間のYさんが同じ頃、立川へ居られたとのお話を伺って驚きました。

 西国分寺から武蔵野線に乗り換えて3番線を宮城野→東京タの3072列車が通過し、EF200-6+EF65 1001[無動回送]+コキ50000×20(半数が空車で19両目に日通UM9A×3積載)の編成。9時2分発の東京行きで武蔵浦和まで乗車。205系はモハ205の5001番で武蔵野線の205系は山手線のE231系500番代の玉突きで改造・転入したグループが大多数でナンバーを示す通り最初2編成は253系200番代へ機器流用するため総武・中央緩行線用から転入したグループでドア窓のサイズが大きくなっています。一昨年(H16/2004)に京葉車両センターへ転属するまでは三鷹、豊田と八王子管内を離れませんでした。新座貨物ターミナル構内にコキ104×6(宇都宮タ行き4077列車の前方、前2両は西濃運輸で占めてコキ104-1342はUC7×2、U30B紺×1、コキ104-1763はU30B水×1、紺×1、UC7×1=カラーリングで形式を判別したので多少のズレはご容赦下さい)、3072列車で到着したコキ50000×10は最後尾(南浦和方)に日通UH6A×4と積載し、以前はよく八王子でも見掛けたコンテナでコキ5500が健在の頃は4個きれいに積まれた姿は良く私自身も見た事があります。

 武蔵浦和から埼京線の快速で大宮へ向かいます。いつもは車扱の列車、コンテナの列車と一緒に見ますが、季節柄石油類の列車の運転が活発な時期も手伝ってこちらを優先して編成調査しました。

○ 5761列車…普段通り根岸発+浮島町発の組み合わせでも前者は前2両だけと寂しい状況です。
△倉賀野
EH200−5
タキ43457   JOT/根岸 トケ
タキ1000-164 JOT[E]/郡山
タキ43392   OT/宇都宮タ ↑浮島町発
タキ1000-403 OT/宇都宮タ
タキ38113   JOT/郡山 ※社紋板直貼り
タキ43024   OT/倉賀野  ↓

○8565列車…こちらも根岸発と浮島町発の混結が当たり前ですが、浮島町発のみ9両編成と短めです。
△宇都宮タ
EF65 1121[前青プレート/旧:JR西日本]
タキ1000-406 OT/宇都宮タ
タキ1000-380 OT/宇都宮タ
タキ38051   JOT/郡山
タキ43181   OT/倉賀野
タキ43010   OT/西上田
タキ43285   OT/倉賀野
タキ1000-443 OT/倉賀野■
タキ1000- 94  OT/倉賀野■
タキ43151   OT/西上田

 20分程、11番線で編成調査を終えてから一度改札を出て、再びエキュート側から再入場。3・4番線で札幌タ→隅田川の8050列車を待つものの、年末の繁忙期は運転の確率は高い様子で2月は余り見られないご様子です。倉賀野→根岸の5760列車は10時50分頃に6番線を通過するとEF64 1018[更新色]+EF65 506[JRF色、無動力]+タキ1000-799+1000-689+43487+43400+43552+1000-578+1000-212………と編成を見ている間に4番線に『北斗星』4号が到着して調査が今一つになりましたが、帰りの電車で対の5777列車と北朝霞で擦れ違うと普段通りの20両編成で頑張っておりました。
 今度はエキュートの中のおにぎり屋で軽めの昼食を済ませて中を歩くと本屋さんの真向かいにはドイツからの輸入文具を扱うお店を覗いているとミシュランタイヤのビバンダムとエッソのオイルドロップのグッズが並んでいてオイルドロップのキーホルダー、チョコクランチ、ドロップと運ぶ方を見ているながら偶然の出会いはうれしいもの。目立つ電車はあまり見られず、大宮総合車両センターの構内にクハ189-8×6(東チタH61編成)、10時半頃に3番線で待避して上野へ向かい、11時半頃に『草津』83号としてクハ182-102×6(宮オオOM103編成)と国鉄時代のカラーリングに纏われた特急電車ぐらいしか見られませんでした。

○ 6794列車…全検出場や試運転のコキに混じり、シキ850が紛れておりました。
←東京タ EF65 1086[JRF色、赤プレート]+コキ104-2822(全検19-2-10川崎車)+52808(全検19-2-10川崎車)+200-16+シキ850C(日通/末広町)+コキ50392

○ 5562列車…12月に来た時と同様に9両編成の短い編成で来ました。牽引のEF210・113号機は平成15年の新製機でその年の『鉄道の日』きっぷを片手に回った際、倉賀野駅にて地元のT運輸の方が新車が来た事も手伝ってカメラ片手に見に来た所、ご相伴して撮影した事があり、最近は"撮り鉄"と言うと悪いイメージが根付くものの、地元の現場の方とご一緒は嬉しい面もあります。岡山から新鶴見へ転入したのは『トヨタロングパスエクスプレス』運転の関係です。
△川崎貨物
EF210−113
タキ43227   OT/倉賀野
タキ44019   OT/倉賀野 ※旧・南松本
タキ38066   JOT/郡山 全検14-4-16川崎車(20-7-30切)、自重17.1t 常)浜川崎 3F改 1)
タキ1000-387 OT/宇都宮タ
タキ43148   OT/西上田
タキ43629   OT/郡山 A重
タキ38082   JOT/仙台北港 全検16-4-28川崎車(22-11-9切)、自重17.0t 常)浜川崎 2)
タキ43643   OT/郡山 A重
タキ44017   OT/郡山
1)タキ38066の休車:千葉区H15-10/161日、H17-11/153日、隅田川区H18-10/157日
2)タキ38082の休車:塩浜派H17-1/199日、H17-12/204日、隅田川区H18-10/157日

 5562列車の編成を見てから高崎線の6番線へ向かいます。前には5764列車(岡部→扇町)が通過し、EF65 1049[JRF色]の牽引でホキ10000はいつもの20両ですが、タキ1000は10両編成と普段の凡そ半分と大変短くなり、上野方からタキ1000-235+629+198+147+691+419+188+594+117+118の順に連結。

 大宮からさいたま新都心へ12時18分発の上野行きで移動し、5764列車の後方を見ながら合間にSuicaを通してからOT専用列車を2列車来るので宇都宮タ行きの5683列車はしっかりまとめた次第です。

○8780列車…浮島町行きだけの8両編成で半数はタキ1000です。
△川崎貨物
EF64 1011[JRF色、冷房]
タキ1000-102 OT/倉賀野■
タキ1000-404 OT/宇都宮タ
タキ44112   OT/倉賀野
タキ1000-376 OT/宇都宮タ
タキ1000-447 OT/倉賀野■
タキ44106   OT/郡山
タキ38128   JOT/仙台北港
タキ43313   OT/西上田

○ 5683列車…午前中からこれまでは10両編成程度の短い編成が続きましたが、ここでやっと長い(と言っても中央線の最長列車と同じ17両編成)列車が来ました。後方はタキ43000が続き(タキ1000含めて少し前に八王子向けで入ったナンバーが多めでした)、新車のタキ1000が続々出場するものの、3月のダイヤ改正まではお預けの様子です。
△宇都宮タ
EF65 1095[JRF色]
タキ1000-386 OT/宇都宮タ
タキ43167   OT/西上田
タキ38017   JOT/郡山 全検17-7-27川崎車、自重17.6t 常)浜川崎
タキ38098   JOT/郡山 全検16-5-29川崎車(21-12-19切)、自重17.5t 常)根岸
タキ43600   OT/南松本 全検18-4-25川崎車、自重16.3t (A重)
タキ44021   OT/西上田
タキ1000-395 OT/宇都宮タ
タキ43253   OT/郡山
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ43383   OT/倉賀野
タキ43109   OT/西上田
タキ43494   OT/八王子 全検18-9-9川崎車、自重16.2t
タキ43421   OT/南松本
タキ43108   OT/倉賀野
タキ43245   OT/倉賀野
タキ43348   OT/西上田
タキ43213   OT/倉賀野 全検18-8-5川崎車、自重15.8t
※タキ38098の休車:塩浜派 H17-12/204日

 ここまで終わると6794列車に連結されたシキ850を慌てて撮影し、宇都宮行きの電車に飛び乗り、大宮駅へ戻ります。

○ 1070列車…『スーパーオイルエクスプレス』も愛称通り好調で頑張っています。JOT移籍車の1両だけが倉賀野常備以外は全て郡山常備と面白みは少し薄いかな?と言った印象です。
EF210−118
タキ1000-309 OT/郡山 ●
タキ1000-311 OT/郡山 ●
タキ1000-308 OT/郡山 ●
タキ1000-307 OT/郡山 ●
タキ1000-312 OT/郡山
タキ1000-321 OT/郡山
タキ1000- 12  OT/倉賀野■ 石油類)グレー
タキ1000-656 OT/郡山■
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-410 OT/郡山
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-657 OT/郡山■
タキ1000-317 OT/郡山
タキ1000-320 OT/郡山
タキ1000-322 OT/郡山
タキ1000-655 OT/郡山■

 ここまで終わると北側の改札を出て再びエキュート側の改札から改めて入り、13時14分発の京浜東北線で北浦和へ向かいます。

|

« H19.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.11 大宮駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1):

« H19.02.11 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.11 大宮駅(その2) »