« H19.02.02 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.04 八王子駅&E233系見学会 »

2007年2月 3日 (土)

H19.02.02 八王子駅(その2)

 E233系の中央特快で東京駅まで乗り、それから銀ブラを楽しみ、天賞堂ではオリジナルのBトレを見付け、内容は昭和50年代後半から民営化直後の短い間、旧型国電を新性能電車に置き換えた線区で活躍した郵便荷物車で両方とも共に当時、地域カラーの走りで注目された身延線のクモユニ143、飯田線のクモユニ147です。61-11改正で失職し、前者は両国から房総方面へ夕刊輸送に活躍したクモユニ74の置換えに転属した後、平成8年12月以降、半数は長野総合車両センターに転属して事業用に活躍しています。後者は当時、201系の新製で玉突きになった101系を改造(丁度、現在E233系が201系の置き換えをしているのと同じ状況です)し、こちらも民営化に向けて身延線のローカル増発用にクモハ123の40番代(冷改後は5040番代、ナンバーで注目を浴びた45番は更に貫通扉を増設して5145番に改名)に使われてこちらも3月までには313系に置き換えられて引退する予定です。

 夕方からは年内最初の貨車部会例会に出席。4月からの回数見直しはあるものの、今月から大ベテランのWさんによる昭和40年頃の西関東の貨物列車事情の解説が始まり、既に『トワイライトゾーンマニュアル』シリーズでも紹介されてご存じの方もお有りと思われますが、その下地のお話という訳で今月は中央線の里線、青梅線、五日市線、南武線、西武池袋線(当時、吾野〜西武秩父間は未開通)と当時のダイヤグラムを参考資料にお話し下さり、当時は私と同じ東京都の多摩地区(小平市)の在住で意外な共通点が見出せ、こちらも温故知新と勉強のつもりでお話を聞きつつも突っ込みました。貨車部会は多摩地区や京浜地区在住に関係した方が偶然なのか多い様でちょっとした地域サークルの構成員と共通しています。

 時計の針を40年戻して例会の帰りの様子です。

○2089列車…立川で私が乗った中央特快の後続に到着してこの時期は一杯の17両で来るかなと思ったら若干短い15両編成で運転、タキ1000では全検上がりが未確認だった292番、キリ番が2両も連結。
△篠ノ井(坂城)
EH200−1
タキ1000-126 JOT[E]/郡山 (A重)、石油類)黒地
タキ1000- 35  JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-128 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-759 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-292 JOT/郡山 全検18-9-20川崎車、自重16.9t 石油類)黒地
タキ1000- 58  JOT[E]/郡山
タキ1000-192 JOT[E]/郡山
タキ1000- 87  JOT[E]/郡山
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t トケ
タキ1000-600 JOT/根岸
タキ1000-616 JOT/根岸 無
タキ1000-428 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-237 JOT[E]/郡山 全検18-8-3川崎車、自重17.0t
タキ1000-500 JOT/根岸

○2082列車…いつも満員御礼のコンテナも今日は珍しく先頭が空車になっていた他、梶ヶ谷タ行きはJOTのUR18A/UR19Aが目立ちました。
←梶ヶ谷タ EF64 64[JRF色]+EF64 68[JRF色]+コキ104-31+2616(全検18-10-14川崎車)+8+318+681?+1510[福岡タ行き]+51013+50426+51687+52071+52984

○ 5462列車…この時期の標準的な組み合わせでタキ43000の初期車で未確認の全検入場対象車を確認しました。
△川崎貨物
EH200−11→EF64 1004[更新、冷房色]
タキ1000-758 JOT/根岸 ↑坂城→根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-789 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ1000-259 JOT[E]/郡山 全検18-8-24川崎車、自重17.0t
タキ1000-796 JOT/根岸 ↓ 新製18-11-1川重、自重17.2t
タキ1000-384 OT/宇都宮タ
タキ43341   OT/倉賀野
タキ43316   OT/西上田
タキ43344   OT/倉賀野 [旧・宇都宮タ常備]
タキ43015   OT/郡山 全検18-4-25郡山車、自重15.8t
タキ43465   OT/八王子
タキ43233   OT/倉賀野
タキ44181   OT/宇都宮タ
タキ43273   OT/倉賀野 全検18-8-3川崎車、自重15.8t
タキ43022   OT/倉賀野 全検18-8-8川崎車、自重15.9t

○ 5275列車…先週の同じ日は八王子行きだけ5両の短編成でしたが、南松本行きのタキ43000を連結した迫力ある編成で気にして見ると年末に確認(H18.12.23 八王子駅その1を参照)したナンバーが多く、年跨ぎで居座ったナンバーが多い印象です。

EF65 1046[JRF色]
タキ43272 JOT/浜五井 ↑南松本行き 全検18-10-5川崎車、自重16.1t
タキ43443 JOT/郡山 全検17-6-7川崎車、自重15.8t
タキ43542 JOT/郡山 全検18-10-2川崎車、自重16.1t
タキ43147 JOT/根岸  ↓ 全検17-9-2川崎車、自重16.2t
タキ43402   OT/宇都宮タ
タキ43135   OT/郡山
タキ43108   OT/倉賀野
タキ43167   OT/西上田
タキ1000-395 OT/宇都宮タ
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ43412   OT/郡山
タキ1000-660 OT/宇都宮タ■
タキ43002   OT/西上田
タキ43001   OT/西上田 全検18-8-23川崎車、自重15.8t
タキ43390   OT/宇都宮タ

○5464列車…この時期には珍しく春夏と同じようにツートンカラー車が目立つ17両編成で来たものの、タキ43000がたった2両と些か物足りない雰囲気です。
△千葉貨物
EF641006→EF651095[JRFカラー、冷房]
タキ243873  JOT/郡山 A重
タキ43368   JOT/根岸
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ43141   JOT/根岸
タキ1000- 66  JOT/郡山 [車票]
タキ1000-182 JOT/郡山 [車票]
タキ1000-186 JOT/郡山
タキ1000-200 JOT/郡山
タキ1000-176 JOT/郡山
タキ1000-432 JOT/根岸
タキ1000-301 JOT/郡山
タキ1000-247 JOT/郡山 全検18-10-6川崎車、自重17.3t
タキ243697  JOT/郡山 全検18-10-31川崎車、自重16.3t (A重)
タキ1000- 65  JOT/郡山
タキ1000- 67  JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山 全検18-9-11川崎車、自重16.9t
タキ243717  JOT/郡山 A重
※ A重=黄色ステッカー貼付

 この列車の調査を終えて暫く5467列車に連結するタキ43000の様子を見ようと思ったところで到着した『かいじ』123号がなかなか出発出来ず、何でも降り過ごした乗客が手動でドアを開けてしまい、その為に5〜6分程出発が遅くなり、この影響も手伝ってこれまで順調だった下り電車も24時を回る頃には殆どが5分遅れとなり、本当に迷惑な話です。

○ 5478列車…青塗りのタキ43000が1両混じっていた他はタキ1000ばかりの顔触れで何と、川重で新製された分の最終出場に当たるナンバーが私も未確認で他へ配属されたと思ったら、根岸の運用に就いて最新のキリ番である800番とご対面。タキ1000も大所帯だなと実感。来年度は横綱昇進間違え無しと言った様相です。
△根岸
EF64 48[JRF色]+EF64 64
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 ↑村井発[8685レ] 全検18-11-3川崎車、自重17.1t
タキ1000-800 JOT/根岸 新製18-11-8川重、自重17.2t
タキ1000-612 JOT/根岸 無
タキ1000-559 JOT[E]/根岸 全検18-10-7川崎車、自重16.8t
タキ1000-592 JOT/根岸 無
タキ1000-159 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-567 JOT/根岸 ↑村井発[5579レ] 無
タキ1000-597 JOT/根岸 無
タキ1000-435 JOT[E]/根岸
タキ43560   JOT/根岸 青塗り トケ、石油類)黒地
タキ1000-199 JOT[E]/郡山
タキ1000-763 JOT/根岸 ↓新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-780 JOT/根岸 ↑辰野発 新製18-10-24日車、自重17.2t
タキ1000-151 JOT/郡山 ↓

○ 5467列車…秋頃までに見た時には短い事が多かった南松本行きの編成が12両編成と5470列車と挟み撃ちで見るものの、意外や意外、八王子行きや根岸発、コキ50000の交番検査上がりとフルコース満腹なり。浮島町発はタキ38000の連結が多く、数年前まで見られた浜五井〜北館林間を思わせる編成でOTのタンク車をタキ35000、タキ45000、タキ9900に置き換えるとドンピシャリ。因みに5275列車からのタンク車はここで撮影しました。
△南松本
EH200−5
タキ38034 JOT/郡山 ↑八王子行き 全検16-2-24川崎車(22-5-29切)、自重17.7t K、◇
タキ43317 OT/西上田 ↓
タキ43272 JOT/浜五井 ↑浜五井発[←5275レ] 全検18-10-5川崎車、自重16.1t
タキ43443 JOT/郡山 全検17-6-7川崎車、自重15.8t
タキ43542 JOT/郡山 全検18-10-2川崎車、自重16.1t
タキ43147 JOT/根岸  ↓ 全検17-9-2川崎車、自重16.2t
タキ1000-231 JOT[E]/郡山 根岸発 全検18-8-15川崎車、自重17.0t
タキ43137 OT/倉賀野 全検18-4-6川崎車、自重15.8t
タキ38083 JOT/郡山 全検16-8-3川崎車(22-5-23切) U、◇
タキ43123 OT/倉賀野
タキ38060 JOT/郡山 全検14-10-29川崎車(20-3-30切) H、◇
タキ38075 JOT/郡山 全検17-7-27川崎車、自重17.5t K、◇
タキ38132 JOT/郡山 全検17-8-30川崎車(23-11-6切)、自重17.3t ◇
タキ44010 OT/南松本
タキ38127 JOT/仙台北港 全検16-3-22川崎車(22-1-8切)、自重17.6t N
タキ38026 JOT/郡山 全検13-1-12川崎車(23-1-12切)、自重18.0t U
タキ43242 OT/郡山
タキ38072 JOT/郡山 全検16-3-11川崎車(22-1-15切)、自重17.2t K、◇
コキ53212 ↑交検出場車(北長野→川崎貨物→南松本)
コキ50133 ↓
※ ◇=3F改制輪子装着(検査票差しに赤ペンキ色差し)
※ タキ38000の臨時常備駅=K:浜川崎、U:浮島町、H:浜五井、N:根岸
※ タキ38000の休車指定
タキ38034:塩浜派16-11/116日、17-12/204日、熊谷派18-11/139日
タキ38083:熊谷派17-10/134日、18-11/139日
タキ38060:千葉区17-11/153日
タキ38132:熊谷派18-11/139日
タキ38127:千葉区17-11/153日、熊谷派18-11/139日
タキ38026:郡山総13-6-1/183日、15-4-1/366日、16-4-1/365日、17-4-1/184日、熊谷派18-11/139日
タキ38072:千葉区17-11/153日、隅田川区18-10/157日

○5470列車…EF64の無動回送を牽きつつ、タキ1000メインで後3両タキ44000が続き、5467列車の長編成と並行してみた為に両数が少ないなと思ったら帰り際に5471列車を見ると現車14両編成とやはり短くなっておりました。
△根岸
EH200−10+EF64 22[篠ノ井派→新鶴見区]
タキ1000-587 JOT/根岸 無
タキ1000-438 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-262 JOT/郡山 全検18-11-8川崎車、自重17.2t
タキ1000-496 JOT[E]/根岸
タキ1000-194 JOT[E]/郡山
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000- 20  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-684 JOT/根岸
タキ1000-610 JOT/根岸
タキ1000- 26  JOT[E]/郡山
タキ1000-433 JOT[E]/根岸
タキ44139   JOT/根岸
タキ44129   JOT/根岸
タキ44207   JOT/根岸

 最後は当日のE233系の様子をまとめてみました。先月30日に新津から回送されたクハE233-6×10(八トタT6編成)が10時40分頃、豊田と甲府方面への試運転で動いており、またクハ201-33×10の編成がT10編成からT110編成に改めて居ります。
・クハE233-1×10(八トタT1編成):17T運用
・クハE233-4×10(八トタT4編成):09T運用
・クハE233-46×10(八トタH46編成):23T運用=八王子から都心へ向かう際に高尾へ向かう中央特快の折返が14:00発の中央特快と上手く当てました。
・クハE233-47×10(八トタH47編成):61T運用
 他にも私が確認した範囲で豊田電車区にH編成が1本休み、中野電車区にクハE233-503×4(八トタH45編成付属)が貸し出されていた他、17T運用、31T運用、33T運用と入り、帰りの中央特快で国分寺にて3、4番線とE233系同士の待避が見られました(中央特快=17T、快速=61T)。
 明後日の撮影会は盛況になる事祈ります。

|

« H19.02.02 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.04 八王子駅&E233系見学会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.02.02 八王子駅(その2):

« H19.02.02 八王子駅(その1) | トップページ | H19.02.04 八王子駅&E233系見学会 »