« H19.01.11 八王子駅 | トップページ | H19.01.17 八王子駅 »

2007年1月15日 (月)

H19.01.14 八王子駅&南大沢

 南大沢駅の前にTOHOシネマ等が入っているfab南大沢があり、年末にオープン5周年を迎え、その頃に行こうと思ったら何かとバタバタしていたので松の内に行かなくてはと思い立ち出掛けました。
 本来なら西八王子から電車でも悪く無いものの、下手をするとこの時間帯でも15分近く空く程があり、先日の撮影会同様に甲州街道経由のバスで八王子駅北口まで乗り、時計を見ると9時半少し前の出発で到着が40分と昼間は15分前後掛かる所が意外と早く着いて驚きました。信号が気にならなかったら相模湖駅から来る神奈中のバスに乗れたのですが………。八王子と言うと平成13年7月に相模原の営業所を分割する格好で多摩営業所が南大沢に開設されてここ数年は神奈中でも八王子ナンバーが定着し、橋本や京王相模原線沿線ではすっかりお馴染みですが、この路線は津久井の担当で八王子駅では唯一、相模ナンバーのバスが担当します。

○5270列車…タキ43000が少し混じった格好でナンバーを見ると前に登場したナンバーが2両もありました。
△根岸
EF64 1041[冷房]+EF64 1020[更新色、冷房]
タキ1000-160 JOT[E]/郡山
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 全検18-5-25川崎車、自重17.1t 無
タキ1000-625 JOT/根岸 無
タキ1000-595 JOT/根岸 無
タキ1000-579 JOT/根岸 無
タキ1000-607 JOT/根岸 無
タキ1000-372 JOT[E]/郡山 無
タキ43106    JOT/根岸 トケ
タキ1000-226 JOT/郡山 全検18-6-30川崎車、自重17.0t
タキ1000-302 JOT/郡山 全検18-11-30川崎車、自重17.1t 無
タキ1000- 19  JOT[E]/郡山
タキ1000-419 JOT[E]/根岸
タキ43118   JOT/根岸
タキ43471   JOT/根岸 全検18-4-1川崎車、自重15.7t トケ

○2089列車…平日と同様、タキ1000の混結と期待したものの、コキ104オンリーとちょっと物足りない気がします。
←竜王 EH200-4+コキ104-2362(全検18-6-1川崎車)+2589(全検18-9-20名古屋車)+2554(全検18-11-28広島車)+1074(海ナタ/全検15-6-13名古屋車)

 またE233系の運用状況を見るとクハE233-1×10(八トタT1編成)が29T運用、クハE233-3×10(八トタT3編成)が37T運用(大月行きの中央特快もあります)に就いておりました。
 後はこの時期の風物詩、高尾臨も通過して、今日はクハ182-101×6(宮オオOM101編成)と正面は『初詣』、側面は『初詣(団体列車)』と表示あり。10年近く前まではDD51牽引で八高線経由の12系客車の組み合わせは名物で日曜日に運転される確率が高かった事から最後の2、3年はファンが沿線に群がる程の人気(?)列車になりました。当の高尾臨も以前は八王子の時間調整がお馴染みでしたが、一昨年から通過する様になりこちらも貨物列車の編成調査で手が空くと撮る楽しみがありましたが、ここ2年はすっ飛ばす様になって少々残念です。この所、快速電車の置き換えか貨物の入換を目当てかコンデジやカメラ付き携帯片手のファンが多い事。最近は学校へ行く様な年格好の少年さえもカメラ付き携帯を持っているのでこれでは撮影マナーが悪くなり、鹿島鉄道で締め出される事も伺えます。基礎学力が私の頃より劣る最近の子供共は趣味にうつつ抜かす暇があったら勉強せい!と思いつつも鉄道友の会での活動を通しても近年、中高生がなかなか入会しない現状を思うとどうかと思いますが、実際色々な例会やイベントに参加されても年齢層が幅広く楽しいものの、ファミコンやパソコンが当たり前にある時代に育った故、人付き合いの形成が下手な様です。

○8272列車…タキ1000オンリーの12両編成で根岸に居る300番前後のロッドで新製されたナンバーで唯一確認していなかった294番が連結されて2日遅かった『車掌車』の締切に間に合ったのですが、このブログも一応、補助的な役割をも担っております。後方にはチキ6033+6084+チ1002+チキ6155+チ1045(千マリ/越中島貨物)が連結されて南側のヤードに収容されました。
△根岸
EF65 1065[JRF色、冷房]
タキ1000-213 JOT/郡山 全検18-5-23川崎車、自重17.1t
タキ1000-764 JOT/根岸 新製18-10-3日車、自重17.2t
タキ1000-165 JOT[E]/郡山
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 全検18-6-28川崎車、自重16.9t
タキ1000-294 JOT/郡山 全検18-12-2川崎車、自重17.2t
タキ1000-440 JOT[E]/根岸
タキ1000-624 JOT/根岸 無
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 全検18-4-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-583 JOT/根岸
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 全検18-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-672 JOT/根岸
タキ1000-468 JOT[E]/根岸 無

 編成調査を一通り済ませ、11時30分発の横浜線・東神奈川行きで橋本へ向かい、北口にある神奈中のサービスセンター(案内所)で沿線ガイドの最新号を頂こうと思ったら前回のものが在庫処分の如く並べられて幻滅し、機会を改めて頂く事にして11時55分発の本八幡行き急行は9000系の担当で9732×10の編成。9000系の都営地下鉄乗入版で外を見るとLEDがカラーになっているのと運行幕がある点。車内も妻面に窓が無く、同じ9000系でもお隣の小田急3000型で一次と二次で差異が大きく異なる点と同様に違いも見出せます。
 南大沢では先ず、TOHOシネマがあるfab南大沢へ行き、3階(駅のデッキと直結)の奥にあるアウトバックステーキで厚切りのローストビーフ・プライムリブで昼食。サラダに付け合わせのバターライス、コールスロー、ハニーブレッドと盛沢山。お肉もレアがちの340gで注文した所、てんこ盛りで色々来たので残してしまい、225gで良かったかなと言った所です。前にRail's Americanaでどんなものだろうと思いましたが、平たく言えばステーキとローストビーフの中間と思って頂ければ分かります。何と言っても応対は素晴らしく、八王子近辺では『うかい』グループ(7月頃のブログで出て来たお別れ会はここの会長さんです)のお店がどこへ行っても良いのでここと甲乙付け難いかな?と思います。食後の散歩と称してロータリーを挿んで南側にオープンしたフォレストモールに立ち寄り、1階のローソン、蔦屋書店に行き、ローソンはいつも行く西八王子のお店のオーナーさんが運営を任されているのでちょっと覗いて蔦屋書店はTSUTAYAの紛い物と思われがちですが、提携関係がある別法人で店内の様子も似通っています。棚を覗くと”RM LIBRARY”も5冊程置かれて部会でお世話になっている渡辺一策さんの『車を運ぶ貨車』の2冊が入っていないのが惜しい所です。後は映画にもなった『三丁目の夕日』もそこそこ入っており、八王子駅の近くにある本屋さんを覗いてもなかなか入らないので嬉しいものです。30分程過ごしてある程度空きが出来た所でfabに戻り、スターバックスでラ・フェット多摩や首都大を借景に一杯頂きます。

|

« H19.01.11 八王子駅 | トップページ | H19.01.17 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.01.14 八王子駅&南大沢:

« H19.01.11 八王子駅 | トップページ | H19.01.17 八王子駅 »