« H19.01.10 八王子駅(その2) | トップページ | H19.01.14 八王子駅&南大沢 »

2007年1月11日 (木)

H19.01.11 八王子駅

 八王子駅の近くへショッピングを兼ねてあれこれと見ました。

○5270列車…タキ1000オンリーの編成で昨年中の全検車も1両確認が出来、明日は『車掌車』2月号の締切日で嬉しくなりました。普段はこの時期、2089列車の編成と重なるものの、両者とも短く、10m弱の隙間が出来ました。
△根岸
EF64 1006+EF64 1033[更新色、冷房、前2エンド]
タキ1000-690 JOT/根岸
タキ1000-157 JOT[E]/郡山
タキ1000-254 JOT/郡山 全検18-12-1川崎車、自重17.0t
タキ1000-564 JOT/根岸 無
タキ1000-569 JOT/根岸
タキ1000-585 JOT/根岸 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-793 JOT/根岸 新製18-10-20川重、自重17.2t

○2089列車…コキ104がいつも通り4両連結された他、タキ1000は6両と短いものの、連結していた半数が新車と今日は見た3列車とも昨年の新製車が入ってこの列車で2両、5270列車で1両(793番は前に撮影しましたが、改めて地元でのショットと称して)、8272列車で2両撮影したので編成は短くも新車は大漁なり。東京駅での荷物挟みの影響が長引き、出発も11時過ぎと大分遅れました。
△竜王
EH200−4
コキ104-1105
コキ104-1632 常備駅消去?、全検14-10-12広島車
コキ106- 539 全検17-11-9川崎車
コキ104-1065
タキ1000-576 JOT/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-762 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000- 69  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-759 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-613 JOT/根岸
タキ1000-796 JOT/根岸 ↓ 新製18-11-1川重、自重17.2t

 今日もまた豊田から北長野(長野総合車両センター)へ201系の廃車回送が行われ、いつもより10分遅れて10時50分頃にクハ201-27×10(八トタT7編成)が通過し、この時期の風物詩である高尾臨も11時13分頃にゆっくりとした足取りで4番線を通過。こちらはクハ183-1527×6(宮オオOM103編成/旧:高シマS3編成)の担当で前は『あずさ』からの捻出車が入っていたものの、一昨年末の編成替えで旧幕張車と差し替えられ、東京方のクハ182-102が松本の183系で『あずさ』カラーから真っ先に国鉄特急色に戻されたM8編成の先頭車だった編成です。
 E233系の運用では43TにクハE233-1×10(八トタT1編成)が担当し、11時半頃の上り中央特快では青い地の方向幕を初めて見る事が出来ました。本来なら今日あたり、大崎へ貨車部会の4月例会の申込に行く所、昨日のうちに済ませたので一日違っていたら「トップナンバーの特快に乗った!」とメールを書いていた事でしょうが、28日のお楽しみにして。今日は行き帰りの電車が思ったより空いていた反面、カメラ片手でうろつく者も見ましたが、これを思うと「鉄道ファン=ニート、フリーター」と好印象を受けません。私は研究・調査活動と趣味人ながら学術へベクトルが向いているので語弊があるといけませんのでこの点、ご留意下さい。

○8272列車…5270列車は9両編成、こちらは10両編成とこの時期らしからぬ長さで例年、1月中は一杯連結するのが当たり前だったのが原油高の影響も相まって振るわない様子です。新車も2両連結されたものの、上り電車が遅れて撮影も空きを伺ってと意外と骨が折れました。
△根岸
EF65 1062[プレート反転]
タキ1000-263 JOT[E]/郡山 全検18-4-15川崎車、自重16.9t
タキ1000-149 JOT[E]/郡山
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 全検18-6-9川崎車、自重17.0t
タキ1000-632 JOT/根岸
タキ1000-509 JOT[E]/根岸
タキ1000-755 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-789 JOT/根岸 新製18-10-4川重、自重17.2t
タキ1000- 82  JOT[E]/郡山
タキ43156   JOT/根岸 全検18-11-10川崎車(青→黒)、自重16.2t
タキ1000-493 JOT[E]/根岸

 やや遅れてこの後は東急スクエアをぶらりとして気になっていた7階の三省堂の後継テナントをある求人情報誌を見ると3月の中頃に某在阪私鉄系の本屋さんが入るとの事で丁度ひと月前にこのブログで書いた予想が当たりました。本屋さんの業界でも紀伊国屋や三省堂、丸善クラスあたりは外商で大学や研究機関と取引するセクションもあり、最近はインターネットの普及、大学は少子化とこの影響が大規模店の運営にまで響いた事が伺えます。私の予想で多摩エリアに未だ出店していない在阪私鉄系かジュンク堂あたり出店しても悪く無いかなと思ったのは、これらと違って外商部門が無く、大型店の出店が積極的で且つ身軽な所に代替したら悪く無いだろうと思った次第です。

|

« H19.01.10 八王子駅(その2) | トップページ | H19.01.14 八王子駅&南大沢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H19.01.11 八王子駅:

« H19.01.10 八王子駅(その2) | トップページ | H19.01.14 八王子駅&南大沢 »