« H18.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H18.12.23 大宮周辺(その2) »

2006年12月24日 (日)

H18.12.23 大宮周辺(その1)

 八王子から西国分寺まで中央線に乗り、途中で豊田電車区にはE233系のT編成が一本入庫し、日野の手前ではEF64・1000番代の原色機が牽く2083列車(東京タ→南松本のコンテナ列車)に擦れ違いました。西国分寺の4番線に着くと丁度、4番線をEF65 1009[JRF色、PS22]がコキ200(MCLC[三菱化学物流]のUT17C-8000積載)を連ねた列車が通過し、東京タから東海道貨物線、武蔵野線、常磐線、新金線を経て新小岩操から総武〜成田〜鹿島各線へ赴く73列車と分かります。このコキ200は関西本線の塩浜発で前に四日市で調査した際にも対に当たる8251列車(今年3月改正から5381列車〜251列車に変更)を見た事があり、この編成も塩浜から8262列車(稲沢)5054列車(東京タ)73列車の経路で継送されます。新座ターミナルの構内には八王子に居るDE10 1073と同じ入換動車カラー(キャブ部分がオレンジ色に塗られています)に纏われた1136号機が片隅で休んでおりました。
 武蔵浦和で埼京線に乗り換え、大宮へ向かう途中で忘年会の会場である与野本町でコインロッカーに荷物を預けて途中下車。すぐ次の電車で大宮駅へ向かいます。
大宮駅に着くと11番線でEH200が牽く5761列車が通過するのでこれを先ず見ました。

○5761列車…根岸発がメインで番号を見ると当ブログ、『車掌車』原稿で未紹介のナンバーがゾロゾロと現れ、特にタキ44134はシニア会員のK氏が撮影されて自らの出不精が出て来ました。来年以降、追ってご紹介致します。
△倉賀野
EH200−6
タキ1000-291 JOT/郡山
タキ1000-350 JOT/郡山
タキ1000-759 JOT/根岸 新製18-9-26日車、自重17.2t
タキ1000-219 JOT[E]/郡山
タキ1000-157 JOT[E]/郡山
タキ1000-297 JOT[E]/郡山
タキ1000-230 JOT[E]/郡山
タキ1000-372 JOT[E]/郡山
タキ1000-464 JOT[E]/根岸
タキ1000-476 JOT[E]/根岸
タキ44134   JOT/根岸
タキ43239   JOT/根岸 A重
タキ43582   OT/郡山 ↑浮島町発
タキ1000-671 OT/宇都宮タ■
タキ43397   OT/宇都宮タ
タキ43286   OT/八王子
タキ44017   OT/郡山 ↓

 一旦改札を出て南側から再び入り、3・4番線で色々と見て過ごしました。

○8565列車…普段は根岸発と川崎貨物を回って浮島町発を連結して宇都宮タへ向かいますが、この時期は両方連結しておかしくないものの、浮島町発の4両だけの編成でした。
△宇都宮タ
EF65 1068[JRF色]
タキ43030 OT/八王子
タキ38136 JOT/郡山
タキ38062 JOT/郡山
タキ43388 OT/西上田

○8050列車…札幌タ→隅田川の臨時列車で編成はコキ100系の4両ユニット2組とコキ106が4両の12両編成です。東京タ〜横浜本牧の1153/1152列車の編成を短くした感じで丁度この時間帯は地元でもコキ104を連結した列車が停車するので1年近く続けるとコキ100系の編成調査もお手の物(?)で身に付きました。コンテナはコキ103-171に西濃運輸U30B(紺色)、UC7(ベージュ)、コキ102-171に名鉄運輸U32A、UC7(Tomixで発売されているものと同デザイン)、コキ102-172には名鉄運輸U50A、西濃運輸のUF40A(某サイトでは引退が囁かれていましたが、未だ現役です)と行先の割には名古屋系企業で占めておりました。他にもUT4C-90(JOT/ENEOS、ソンベンドA専用?)も積載。大宮の5番線に10:35から15分程停車し、電車待ちの間に頑張って調査しましたが、前のコンテナはナンバーを端折ってしまいご勘弁を。
←隅田川 EF65 1062[プレート反転]+コキ103-171+102-171+102-172+103-172(全検18-2-16広島車)+101-75+100-75+100-76+101-76□+106-739□+224+938(新製18-6-15川重)+880
※□=苫小牧でE&S荷役あり

 大宮から10時42分発の上野行き(宇都宮線)でさいたま新都心へ移動します。コンテナの3097列車の調査をメインに過ごし途中、倉賀野→根岸の5760列車や『スペーシアきぬがわ』3号の通過に目立つ所でクハ189-10×8(東チタH81編成)の回送も到着。

○3097列車…いつもの編成順でコキ50000の部分は首都高の出口近くでぶつからない様に調査し、コキ104の部分(駅から新都心郵便局方向へ2つ目の信号あたり)に来ると外側に出てナンバーを書き出すものの、時期柄年賀状を積んで郵便局に出入りするトラックが多くなりました。
←熊谷タ EF65 1061[JRF色、プレート反転]+コキ52457+52043+50979[隅田川→倉賀野]+52990+51896+50460+52592+50737[札幌タ→熊谷タ]+52650+52776+251076(全検18-10-24郡山車)+53335[隅田川→熊谷タ]+104-1106+139+2443+106-131(海ナタ、全検14-9-25名古屋車)+104-1251+2039[越谷タ→熊谷タ]+106-500(全検17-12-10名古屋車)+104-689(全検18-10-26川崎車)+17+1114(全検18-1-7広島車)+106-316(常備駅消去、全検15-3-6小倉車)+104-1520[越谷タ→倉賀野]
※コキ104-2443には秩父鉄道UT12A-440、エムティビーUT20A-5023(塩化ビニール樹脂専用)、JRFリースUF12A-5165(さいたま新都心の土砂輸送時代そのままのカラーリング)と積載。他にもコキ104-1251には今年初登場したV19C-71が積まれて一見、V19Bに似ているものの、SE開→SS開に変わり、『地球環境にやさしい〜』のステッカーが19系に比べると苦しい(?)ポジションに貼られております。また、越谷タ→倉賀野の編成はJOTのUR18Aが多く、目立つコンテナは同社のUF15A-719(コキ106-316に積載)位です。

|

« H18.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H18.12.23 大宮周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.12.23 大宮周辺(その1):

« H18.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H18.12.23 大宮周辺(その2) »