« H18.12.08 八王子駅 | トップページ | H18.12.19 八王子駅 »

2006年12月13日 (水)

H18.12.13 八王子駅

 暫く間が空きましたが、八王子駅周辺の用事ついでに出掛けた際の調査です。いつも乗る立川行きの115系を待つものの、今日はどういう事か雪崩れ込む乗客が多く、この後に10時14分発の快速、17分発の中央特快と続くものの、少しは待てないのかと現代人の行動意識を疑います。それでもっていつもの5号車から最後尾の6号車の乗車となりました。私の場合、遠征で貨物列車を見る時にはいつも時刻表のコピーを携えて出掛けますが、これを思うと最近は時刻表すら読まず、案内表示を意識して見ない若い人が多いのかと思う事もしばしばあります。

○5270列車…今回も一杯の連結でタキ43000が色違いで1両ずつ混じっておりました。最近、調査するとタキ1000の表示板がいつの間にか無地に交換されているのでリストの※印入りはこの対象車で全検入場車も入場の前後で交換されている様子です。
△根岸
EF64 1041[冷房]+EF64 1011[更新色、冷房]
タキ43400   JOT/根岸 トケ
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 全検18-7-1川崎車、自重17.0t
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 全検18-5-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-482 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 全検18-4-13川崎車、自重17.0t
タキ1000-624 JOT/根岸 無※
タキ1000-270 JOT[E]/郡山 全検18-4-8川崎車、自重16.8t 石油類)黒地
タキ1000-583 JOT/根岸 ※
タキ1000-684 JOT/根岸 無
タキ1000-575 JOT/根岸 無
タキ1000-584 JOT/根岸 無
タキ1000-164 JOT/郡山
タキ1000-690 JOT/根岸
タキ1000-463 JOT/根岸
タキ43101   JOT/仙台北港 青塗り トケ、石油類)黒地
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 全検18-11-3川崎車、自重17.1t

○2089列車…5270列車の編成が短いとコンテナのナンバーまで記入しますが、今日はコキ104のナンバーだけ控え、前2両は先週、全検出場から上がったナンバーが続きました。
△竜王
EH200−4
コキ104-2590 全検18-12-6川崎車
コキ104-2820 全検18-12-6川崎車
コキ104-1791
コキ104-2905 全検14-6-6川崎車
タキ1000-576 JOT/根岸 ↑根岸発 無
タキ1000-682 JOT/根岸
タキ1000-418 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-437 JOT/根岸 無
タキ1000-298 JOT/郡山 全検18-11-15川崎車、自重17.2t 無
タキ1000-683 JOT/根岸 ↓

○8272列車…5270列車に対してこちらはタキ1000オンリーの編成です。何時の間に今年、全検入場したナンバーの指定票差しに『トケ専用』の『ト』が入って新製時〜1回目の全検入場前の様子に似ています。
△根岸
EF65 1067[JRF色、赤プレート]
タキ1000-611 JOT/根岸
タキ1000-569 JOT/根岸
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-565 JOT/根岸
タキ1000-422 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 全検18-6-6川崎車、自重17.0t トケ※
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t トケ※
タキ1000- 52  JOT/郡山
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ1000- 51  JOT/郡山
タキ1000- 29  JOT[E]/郡山
タキ1000-158 JOT[E]/郡山

 一通り調査を終えて東急スクエアのスターバックスで一休み。今日でオープン4周年を迎え、顔馴染みのパートナーさんも私が来店するのを心得ていた様子で来年は切りが良い5周年を迎えるので今年、京王プラザホテルのお店にお花を贈ったので来年は送る予定です。ドリップ(この時期らしくクリスマスブレンド)とクリスマスシーズン恒例のクランベリーブリスバーで祝いました。おめでたい一方で残念なのが昨日、ネットを見ておりましたら7階にある三省堂書店が来月21日で閉店と知り、私が通っていた高校と取引があった本屋さんで進出して喜んだものの、永続出来ると思ったら寝耳に水です。ここで嬉しかったのがJRRの編成表シリーズが遠出せず購入出来たので来年以降、どのような品揃えのお店が出店するか分かりませんのでこの様な本も扱う所が入って頂ければ幸いです(出来れば多摩地区に未進出の阪○系あたりが良いものの、八王子の駅前にはSuica払いが出来るK書店がありますが、品揃えより店舗展開に力点が置いているのと販売員のスキルが低い事もあって期待出来ません)。

|

« H18.12.08 八王子駅 | トップページ | H18.12.19 八王子駅 »

コメント

時刻表がなくても電車が頻繁に来るところでも、目の前に電車がとまるとあとにすいた電車がくるけど、一駅二駅のるだけならば混んだ電車でも乗り込みたくなる現代人についての感想はおもしろかった。
そのわけは、われわれ鉄道フアンならではの感じとうけとめたわけで、駅のホームや、電子表示をみることに自然に目がいくわれわれの感覚がそうでない人を見た時にあらためて認識する意識がめざめるからでしょう。ちょっとした旅行でも、携帯時刻表はもってでかけるのが、旅先でやくにたったことを経験すると、列車時刻の大事さをおぼえ、ダイヤに関心をおおいにもつきっかけになるんだとおもいます。
八王子の店舗の話も生活の利便性をかんがえると、このような情報は常におさえておく必要が最近は大きくなりました。
貨物の編成の乱れもどうやらもとに戻ったようで、冬場にしか運用されない車両との遭遇にやりがいがでてくるでしょう。では。

投稿: 嘉森えい一 | 2006年12月14日 (木) 15:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.12.13 八王子駅:

« H18.12.08 八王子駅 | トップページ | H18.12.19 八王子駅 »