« H18.12.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.12.05 八王子駅 »

2006年12月 3日 (日)

H18.12.03 八王子駅

 日頃親しくして頂いている会員仲間と親しい鉄道ファンの萩原 清氏達が中央線の沿線に来られるとのお話を伺ったので地の利を活かして八王子周辺をあれこれ案内しました。
 行きは上り電車が混む事もあって自宅から国道20号線のバス停まで歩き、止まっていた京王八王子行きのバスで八王子駅北口まで乗車。京王プラザホテルのスターバックスで朝食を済ませ、改札に入ります。昼間は賑やかな八王子駅界隈もこの時間帯は駅ビルも未だ開店しておらず静かなものです。ただ、夕方以降になると一張羅来てチャラチャラした身なりの兄ちゃんやら女子高生の集団が屯して目障りですね。

○5270列車…いつも見る列車ですが、1日に調査したものとほぼ同じ顔触れ(タキ43000が1両入りました)で当日は前方に連結されていたピカピカの2両も4番線の東京方から撮影が出来ました。
△根岸
EF64 1017[更新色、冷房]+EF64 1015[JRF色、冷房]
タキ1000-362 JOT[E]/郡山 
タキ1000-621 JOT/根岸
タキ1000-255 JOT/郡山 全検18-10-18川崎車、自重17.1t
タキ1000-498 JOT[E]/根岸
タキ1000-169 JOT[E]/郡山
タキ43527   JOT/郡山 トケ
タキ1000-260 JOT[E]/郡山 全検18-8-19川崎車、自重16.9t
タキ1000-351 JOT[E]/郡山 全検18-11-27川崎車、自重16.9t
タキ1000-686 JOT/根岸 無
タキ1000-477 JOT/根岸
タキ1000-475 JOT/根岸
タキ1000-226 JOT/郡山 全検18-6-30川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-465 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-471 JOT/根岸 無
タキ1000-604 JOT/根岸 無

 暫く経って3・4番線の高尾方にあるベンチが集合場所。私鉄部会でお馴染みの林氏や高石君、主宰の萩原氏、日頃顔馴染みの森君や吉原君、木澤君、奥野氏と初対面の黒岩氏(千葉県の富津から遠路ご苦労様です)と集合。集まった所で201系や『スーパーあずさ』6号や当ブログでもしばしば登場する松本→立川の115系426Mと撮影を各々楽しみ、10時20分頃には我が最寄駅である西八王子へ移動し、2番線には中央線の東京駅からの50キロポストがあり、3年前は丁度、鉄道友の会が創立50周年を迎えて暑中見舞に丁度良いなと手近な素材を絵柄にした事があり、すぐ後にJR乗車リレーが中央線を通ったので一緒になった皆さんへのお土産として絵葉書を作成した事があります。前はコンクリートの柱に数字の部分が凹んだ格好でしたがいつの間にか上から板で覆った格好になりました。30分程撮影を楽しみ、高尾駅の3・4番線で降りると萩原氏が早速、車掌さんに記念撮影を交渉し、何とか成功し、201系の他に115系の撮影、上りは11時15分頃にEF64 42+浪漫(長ナノ[長野総合車両センター]所属の14系お座敷客車)、下りは11時半頃にクハ183-1017×6(千マリ31編成、あずさ色)の団体列車と我々の訪問と合わせて思わぬご対面。3・4番線の名物である天狗の石像を煤払いに来た高尾山薬王院の皆さんや高尾駅の関係者が集まっていた様子でホームの上をホラ貝の音色を耳にしました。

○2089列車…数日前の様子は運休かなと思い込んでいたら高尾の通過線を11時45分頃通過し、八王子以遠は定刻より約1時間遅れで動いている様子です。タキ1000も併結すると思ったらコキ104ばかりの4両編成で主宰の萩原氏、可愛いと仰っておりました。
←竜王 EH200-4+コキ104-871+1446+1386+936(海ナタ)

 この辺で近場の撮影も終わり、高尾11時58分発の中央特快に乗り、皆さんは三鷹や吉祥寺、中野と足を伸ばすものの(この後、緩行線のトラブルで珍しく快速が停車するハプニングもメールで飛び込みました)、私は案内役の意味合いで参加したので西八王子で下車し、任務も無事終わりました。

|

« H18.12.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.12.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.12.03 八王子駅:

« H18.12.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.12.05 八王子駅 »