« H18.09.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.09.05 八王子駅 »

2006年9月 2日 (土)

H18.09.02 八王子駅

 東京支部の納涼大会が東向島の東武博物館で行なわれるのでこれに出掛け、以前は東武伊勢崎線の沿線と言うと北千住か浅草で乗り換えがパターンでしたが、3年前に東京メトロ半蔵門線が開業してから錦糸町での乗換が出来るのでこれが出来ても八王子からは遠いですね。昼食も東京駅の中で簡単に済ませる程度でどうにか間に合います。
 10時の自治会バスで高尾の駅前まで乗ると10時18分発の電車は出発した後で次の30分発の中央特快(昨晩、新宿→八王子と乗ったのと同じ編成で後程、東京駅の中にある本屋で列車番号を確認したらすぐ次の運行番号でした)にて八王子へ。平日であれば5270列車で返送するタンク車が見られる所、月曜日の同列車まではOT基地構内に留置となり、竜王行きの2089列車がコキ104の編成だけだけでも調査しました。平日は10時43分発で上りが3分程遅れたのですぐ出発すると思ったら『あずさ』55号の後で命拾いしました。
←竜王 EH200-11+コキ104-1206(全検17-11-30川崎車)+1084+449+1891(海ナタ、全検14-12-17名古屋車)

 中央特快があると12時には確実に東京駅に着けるものの、この時間帯の中央快速線のダイヤはややおかしい様で次の中央特快は『あずさ』8号の後(11時23分)まで無く10時57分の快速で東京駅へ向かい、軽めの昼食の後は総武快速で錦糸町、メトロ半蔵門線に乗り換え、曳舟で更に東武伊勢崎線の区間準急(戸袋で生島ヒロシ氏の広告ともご対面)に乗り換えて東向島着。トートバッグには今日のために用意したNゲージのパーツ、夜遅く愛用のiMacでWordのワードアートを使って作成したPOPを携え、馳せ参じたものの、貨車部会のブースが無く、出展したのは私鉄部会と大田サークル、運転部会の3ケ所だけ。随分と部会、サークル関係が寂しくなり貨車部会もF氏の姿が見られず私の(密かな)構想も水泡に消えたものの、諸河 久氏のデジカメを使った写真撮影のお話や顔馴染みの会員仲間の皆さんと顔を合わせただけでも楽しめました。

|

« H18.09.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.09.05 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.09.02 八王子駅:

« H18.09.01 八王子駅(その2) | トップページ | H18.09.05 八王子駅 »