« H18.09.01 八王子駅(その1) | トップページ | H18.09.02 八王子駅 »

2006年9月 2日 (土)

H18.09.01 八王子駅(その2)

 貨車部会の例会の帰りにあれこれと見て明日は東京支部の納涼大会が東向島にある東武博物館にて実施される予定で入りが気になる所です。このお話をしようと思いつつも支部委員のF氏の姿が見えず、多分支部委員会と重なったのではと?と思った次第です。

○2087列車…新宿から乗った中央特快の後に到着。編成も普段は17両編成の所、11両編成とかなり短くなっていました。全検入場の対象車も2両確認する事が出来、タキ1000-281も試運転列車で確認したものと同一値で間違え無し。お昼前の分を含めて計5両と良い具合です。
△篠ノ井(坂城)
EH200−1
タキ1000- 31  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 全検18-8-22川崎車、自重17.0t
タキ1000-156 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-239 JOT[E]/郡山 全検18-7-1川崎車、自重17.0t
タキ1000- 51  JOT/郡山
タキ1000-573 JOT/根岸 無
タキ1000-509 JOT[E]/根岸
タキ1000-569 JOT/根岸
タキ1000-489 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-510 JOT[E]/根岸

○2082列車…いつも通りの編成で福岡タ行きのコキ104が7両、梶ヶ谷タのコキ50000が4両と順序が多少変わっておりました。例会の席上、JOTの冷蔵コンテナに書かれたエコレールマーク入りの話題で盛り上がり、コンテナ(12フィート/5t積み)を見ると少し前は旧国鉄の黄緑色や水色、民営化後に製作されたブルーの18系コンテナが三本柱ですが、ここ1、2年はマルーンに塗られた19系コンテナやJOTの冷蔵コンテナ、冷凍コンテナではJOT、ヤンマーと比較的目にする事が多く、世代交代が著しい事も感じ取れます。
←梶ヶ谷タ EF64 50[JRF色]+EF64 69+コキ104-197+103+1082(全検17-8-31川崎車)+532+1680+270_(全検18-4-13川崎車)[福岡タ行き]+252492+52934+51851+52280[梶ヶ谷タ行き]
・コキ252492にUT20A-5152(みなと運送/塩化ビニール樹脂専用)が積載

○5462列車…オイルターミナルのタキ1000、タキ43000ばかり10両編成(全車浮島町行き)で到着し、先日の遠征で見掛けたタキ43213が西上田の運用に入り、ちょっとの間に試運転で見掛けたナンバーを見た一方、GW後から暫く倉賀野で留置したナンバーも現役復帰しています。
△川崎貨物
EH200−8→EF64 1042[更新色、冷房]
タキ1000-672 OT/宇都宮タ■ 新製17-10-11日車、自重17.2t
タキ43226   OT/倉賀野
タキ43213   OT/倉賀野 全検18-8-5川崎車、自重15.8t
タキ43357   OT/南松本 1)
タキ43133   OT/郡山
タキ43355   OT/南松本 2)
タキ43032   OT/郡山
タキ1000-388 OT/宇都宮タ
タキ43469    OT/八王子
1)タキ43357 全検15-5-24川崎車(21-1-27切) 期限延長:八王子派H15-8(62日)、熊タ派H16-8(91日)、H17-3(55日)、H18-7(40日)
2)タキ43355 全検15-4-28川崎車(21-1-23切) 期限延長:熊タ派H16-8(82日)、H17-3(55日)、H18-7(40日)

 この前後には『中央ライナー』の回送が普段は9号の回送がこの頃来るものの、前の7号の回送が20分程遅れて通過すると5分と経たずに9号(こちらは定刻)と来て一時代前の特急列車が続行する様子を彷彿させます。編成は7号がクハ183-1009×9(千マリC4編成)、9号がクハ189-1×9(千マリC1編成)です。

○5275列車…29日に蘇我で調査した5482列車とほぼ同じ顔触れでやって来て先頭は全検出場ホヤホヤのタキ43582が連結。この辺りもここ1年程、JOT所有へ復帰する例が多く、OT所有のまま残っていたのには一安心。

EF65 125[JRF色]
タキ43582   OT/郡山 全検18-8-29郡山車、自重15.9t
タキ43036   OT/郡山
タキ1000-334 OT/倉賀野 全検14-9-11川崎車、自重17.3t n
タキ1000-646 OT/倉賀野■
タキ1000-651 OT/倉賀野■
タキ1000-446 OT/倉賀野■ n
タキ43396   OT/南松本
タキ43257   JOT/郡山 青塗り、石油類)黒地
タキ1000-393 OT/宇都宮タ
タキ43291   OT/倉賀野
※n=踏板側面中央にナンバー標記がある車

○5464列車…このところ気になっていた編成長も先月中旬(松本行きの当日)から普段通り、現車17両に戻りました。タキ43000で根岸や仙台北港の移動車を確認した他、タキ1000の全検出場も245が先陣を切りました。
△千葉貨物
EF64 1021[更新色、冷房]→EF65 118[JRF色]
タキ1000-274 JOT/郡山
タキ1000-300 JOT/郡山
タキ43368   JOT/根岸 (A重)
タキ43389   JOT/根岸 (A重)
タキ1000-221 JOT/郡山 <車票>
タキ1000-170 JOT/郡山 <車票>
タキ1000-301 JOT/郡山
タキ43128   JOT/仙台北港 青塗り 1)
タキ1000-193 JOT/郡山
タキ1000-432 JOT/根岸
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-186 JOT/郡山
タキ1000-200 JOT/郡山
タキ1000- 67  JOT/郡山
タキ1000- 11  JOT/郡山
タキ1000-247 JOT/郡山
タキ1000-245 JOT/郡山 全検18-8-16川崎車、自重17.1t
1)タキ43128 全検15-7-29郡山車(21-6-1切) 休車指定:郡山総鉄H16-6-1(122日)、H16-10-1(55日)、H17-7-1(130日)

 明日は東京支部の納涼大会当日で帰ってから明日の準備をするべく普段は0時14分発の電車に乗る所、23時40分頃の電車に乗る事にして下りは南松本行きの5467列車だけでこれも最近の状況から今晩は運休の可能性が高く上りは5478列車、5470列車と根岸行きの返送が続く為にこの辺が妥当で切り上げました。貨車部会の例会がある第1金曜日の夜は比較的ダイヤが乱れ易く今夜も荻窪にて非常停止ボタンが押された為に5〜6分程遅れており、"魔の1金"と自ら揶揄します。昨年の今頃も直後の土日が長野支部の姨捨ゼミナールが甲府で行なわれて早めに帰宅して休もうと思いつつ、神田にて嘔吐客が発生して15分遅れの所、高尾行きが暫く間引かれた事もあって八王子で急遽下車。京王八王子駅へ向かう途中にあるセブンイレブンで夜食を仕入れて南口のロータリーでマイカーのお迎えを呼んだ次第です。今夜は23時40分発(『かいじ』123号出発後で44分発)の電車で高尾まで無事到着すると2番線を坂城から来る5470列車がEH200−901牽引で通過しました。

|

« H18.09.01 八王子駅(その1) | トップページ | H18.09.02 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.09.01 八王子駅(その2):

« H18.09.01 八王子駅(その1) | トップページ | H18.09.02 八王子駅 »