« H18.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H18.08.29 八王子駅 »

2006年8月30日 (水)

H18.08.29 千葉周辺(その2)

 一度千葉駅へ行き、お昼の駅弁を品定めし、伝説に因んだ『里見八犬弁』を内房線ホームの駅弁で探すものの、入荷しなかったので『潮干狩り弁当』を頂きました。アサリやはまぐりを散らした炊き込みご飯がメインでこの貝類の盛り付けが厚岸の『かきめし』と似ています。再び蘇我駅へ戻って二度目の調査を進め、この辺は4月に京葉線のE331系の撮影会に出掛けた帰りに見たものとほぼ同じ内容ですので見比べてみて下さい(H18.04.06 千葉周辺のページです)。

○5960列車…高崎線の5881列車で最近、JOTの車が多いなと思ったら予想に反してOT所有車が多い変遷で目当ては昨年進められたタキ43000の移籍車探しで後方にタキ43423のみ連結で1番線の前から反れてどうも分が悪い様です。前方のJOT所有タキ44000やタキ43000と中央線の5481列車や5464列車で馴染みのナンバーが見られました。
△倉賀野
EF65 1095[JRF色]
タキ44155   OT/南松本
タキ44182   JOT/郡山 青塗り
タキ43622   JOT/郡山 A重
タキ43623   JOT/郡山 A重
タキ43009   OT/西上田
タキ1000-337 OT/倉賀野
タキ1000-462 OT/宇都宮タ■
タキ38112   JOT/郡山 A重、3F改、1)
タキ43413   OT/郡山
タキ43245   OT/倉賀野
タキ43483   OT/八王子
タキ43102   OT/西上田
タキ1000-455 OT/倉賀野■
タキ43398   OT/宇都宮タ
タキ43030   OT/八王子 全検18-6-14川崎車、自重16.1t
タキ43027   OT/倉賀野 全検18-6-10川崎車、自重16.2t
タキ43423   JOT/浜五井 全検18-5-10川崎車、自重16.0t
タキ1000-348 JOT/郡山
タキ43315   OT/西上田
タキ1000-651 OT/倉賀野■
1)タキ38112 全検15-12-18川崎車(21-5-20切)、休車指定:千葉区H17-11(153日)

○4095列車…東京貨タから京葉線経由で京葉臨海各駅へ行くコンテナ列車です。コンテナもお馴染みのものが多く、その1の1357列車の項で紹介したJOTのISOバルクコンテナも前方で見られました。
△千葉貨物
EF210−4
コキ200- 67 ↑京葉久保田行き JOT20ft×2
コキ200- 70 JOT20ft、UH
コキ106-429 全検16-12-23広島車 UH、IPCU20ft、JOT20ft
コキ106- 40 ↓ JOT20ft×3
コキ101- 23 ↑千葉貨物行き 全検15-2-7川崎車(4両とも) UH20A-502,488,489(宇部丸善ポリエチレン/ポリエチレン専用)積載
コキ100- 23  UH20A-499(宇部丸善ポリエチレン/ポリエチレン専用)積載
コキ100- 24 20B-83m、134、75m積載
コキ101- 24 20B-113m積載
コキ101- 71 全検14-8-16川崎車(4両とも)
コキ100- 71
コキ100- 72
コキ101- 72 ↓
コキ103-198 ↑玉前行き、全検17-8-26川崎車(4両とも)
コキ102-518
コキ102-517
コキ103-197 ↓
※JOT20ft=JOT所有22B0、22G9、IPCU20ft=出光興産(石油化学)所有、20Bの”m”入り=広島タ常備、“mazda”のロゴステッカー貼付

○8972列車…本来なら北袖から宇都宮タへオイルターミナルのタンク車を連ねて行く列車ですが、4月に訪れた際は木曜日で空振りとなり今回もEF65 49[JRF色]の単機で参上しました。北関東方面はウィークデーでもどの列車は毎日の様に動いていたものの、最近の原油情勢の影響を受けている様子も若干見受けられ少なくとも今年度の上半期は火曜、木曜の運休の確率が高い様子です。

○1070列車…午前中の5178〜5989列車の運転が空振りだったものの、スーパーオイルエクスプレスのダイヤは通常通り動いておりました。先週見た時に比べると1両増結されてお馴染みのナンバーが揃い、23日は前の方からH9新製車をデジカメ撮影したものの、今日は1番線から比較的取り易い位置に止まったナンバーを撮影。この少し前に新座タから単機で今夜の1071列車を牽引するEF210−118が13時45分頃に到着します。
△千葉貨物(浜五井)
EF210−122
タキ1000-307 OT/郡山 ●
タキ1000-309 OT/郡山 ●
タキ1000-311 OT/郡山 ●
タキ1000-308 OT/郡山 ●
タキ1000-305 OT/郡山 ●
タキ1000- 5 OT/倉賀野■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000- 12 OT/倉賀野■
タキ1000-321 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-655 OT/郡山■
タキ1000-312 OT/郡山
タキ1000-320 OT/郡山
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-417 OT/郡山
※●=黒油専用

 蘇我の調査もここで終わり、早々のご帰還なるものの、千葉駅にあるコンビニ風KIOSKで銚子名物である銚子電鉄のぬれ煎餅を探しましたが、何処も入っていなかったので残念でした。千葉から15時09分の快速電車で東京へ向かい、途中、新小岩操の構内には鹿島スタジアム→東京タの72列車が停車してEF65 530+コキ200×6(MCLC UT17C-8000積載)と解放して76列車に回されるコキ106×5と入線しておりました。

|

« H18.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H18.08.29 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.08.29 千葉周辺(その2):

« H18.08.29 千葉周辺(その1) | トップページ | H18.08.29 八王子駅 »