« H18.08.10 八王子駅 | トップページ | H18.08.10 松本周辺(その2) »

2006年8月11日 (金)

H18.08.10 松本周辺(その1)

 八王子から松本までは『ムーンライト信州』81号のグリーン車に乗って行くのが夏の松本行きのお決まりのパターンでクハ189-1×9(千マリC2編成)で先日、『中央ライナー』で乗った編成で今年はE257系500番代の置換えの影響で中間の普通車が旧『グレードアップあさま』→『グレードアップあずさ』の189系のモハに置き換えられたものの、従来通りで行ないました。事前に無印良品の小袋に入ったクッキーも仕入れて携えるのも私の密かな楽しみです。
 松本駅も駅構内が大分改良されてこれまでは駅ビルと直結した改札口が新しく架けられた自由通路と交わる位置に移設され、長野駅をコンパクトにした印象に変わりました。

○5463列車…普段は西上田行きのタンク車ばかりですが、前2両根岸からの長野行きも連結。松本駅には2番線に4時47分から6分程停車します。この後、5471列車(3番線を5時16分頃通過)、5465列車と来るものの、5465列車は5463列車の両数が多い分運休になった様子です。
△篠ノ井(西上田)
EF64 55+EF64 54
タキ44221 JOT/根岸 ↑根岸→長野
タキ43554 JOT/郡山 ↓ 全検18-4-12川崎車、自重16.1t トケ
タキ44006 OT/西上田 末広町発 ※
タキ43402 OT/宇タ  ↑浮島町発
タキ43261 OT/郡山
タキ43391 JOT/郡山 全検17-6-1川崎車、自重15.9t 常)浜五井
タキ43114 OT/倉賀野
タキ43436 JOT/郡山 全検17-5-24川崎車、自重16.0t 常)浜五井
タキ43340 OT/倉賀野
タキ43226 OT/倉賀野
タキ43032 OT/郡山
タキ43317 OT/西上田
タキ43120 OT/西上田 ↓
※タキ44006 全検13-10-11川崎車(19-5-19切)、休車指定:熊タ派H16-8/62日、H17-7/63日、H17-12/34日、隅田川区H18-6/41日

 松本から塩尻は松本車両センターから出庫した6時06分発の辰野行きに乗り、『ミニエコー』ことクモハ123-1が担当。塩尻から上諏訪は6時49分発立川行き(良く、私のブログに登場する西八王子10時11分発と同じ電車です)に乗り換え、上諏訪で折り返して7時27分発の始発長野行きで南松本へ向かい、上諏訪から岡谷までは諏訪湖のレイクビューを堪能。

 南松本駅は中信地方の貨物輸送では中核的な駅でコンテナや石油、セメントと多種類を扱う拠点駅として知られています。最近は情勢からセメント輸送が今年の3月で全廃した為に篠ノ井線の北側から上る輸送が無くなり、中央線の東西両方から来る輸送しか見られなくなりました。石油関係は日本オイルターミナルの基地と昭和シェル石油の油槽所から改組したJONET油槽所の二ケ所が主力で特に後者へ着く塩浜発の列車が盛んに運転されます。

○5578列車…根岸から5479列車で到着したタンク車を南松本に着け、荷役線の配線の関係から戻る様に村井、辰野と赴きます。平成10年10月以前の沼垂発のルートを継承しているものの、本来、南松本は過去の名残の様に思えますが、一部村井の荷役線の関係で分割する為に活用されています。
△辰野
EF64 62[JRF色、PS22]+EF64 59[JRF色]
タキ43145   JOT/根岸 全検18-5-23郡山車、自重16.1t 石油類)青地
タキ1000-439 JOT/根岸 無
タキ1000-684 JOT/根岸 ↑村井行き 新製17-9-26川重、自重17.2t 無
タキ1000-595 JOT/根岸 無
タキ1000-148 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-686 JOT/根岸 新製17-10-3川重、自重17.2t
タキ1000-424 JOT[E]/根岸
タキ1000-151 JOT/郡山 ↓

○8684列車…5479列車の一部(冬場は8469列車)を後から村井へ送る分を乗せる列車で対の8685列車はこの翌日分に相当します。機関車の運用もこの小運転用に設定され、8685列車で到着すると前方(松本方)に8684列車に乗せるタンク車が入り、暫くすると8685列車に乗せたタンク車を入換機によって転線され、自動的に機回しが行なわれるものの、当日は残念ながら8685列車の運転が無くこの光景は見られませんでしたが(スケジュールを組んだらこの時間は南松本→塩尻→村井と行ったので偶然かな)、奇しくもEF64の重連が昨年来た時と同じペアになっていました。
△村井
EF64 20+EF64 40
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t
タキ1000-490 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-501 JOT[E]/根岸
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-353 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-489 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
(5579列車ではタキ43145の後方に相当)


○5870列車…南松本から塩浜への返送列車で3月のダイヤ改正で初めて設定された塩浜発の高速列車(3082〜3081列車)の返送に当たります。この運転開始の影響でしょうか浜川崎から移動のタキ1000が見られました。
△稲沢(四日市)
EF64 33+EF64 74[JRF色]
タキ1000-299 JOT/郡山 ↑塩浜行き
タキ1000-209 JOT/郡山
タキ1000- 73  JOT/郡山
タキ1000- 14  JOT/郡山 全検16-6-9川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-174 JOT/郡山 全検17-10-20名古屋車、自重17.2t
タキ1000-142 JOT/郡山 全検17-12-17名古屋車、自重17.2t
タキ1000- 92  JOT/郡山
タキ1000-175 JOT/郡山 全検17-9-10名古屋車、自重17.2t
タキ1000-332 JOT/塩浜 無
タキ1000-342 JOT/塩浜 無
タキ1000-330 JOT/塩浜 ↓ 無

○5883列車…塩浜・南松本間の列車は14両編成が多く、編成調査も地元でよく見る根岸行きの8272列車に近い為か容易く見られるものの、遠隔地故に現車データや休車指定をつい確認します。たまに調査漏れが見られるので夏の松本行きや春先の四日市行きと年中行事みたいです。

EF6478+EF6467[JRF色/広島バージョン※]
タキ43474  JOT/塩浜
タキ243826  JOT/郡山 無黒
タキ43475  JOT/塩浜 1)
タキ43484  JOT/塩浜 全検18-7-15名古屋車、自重16.2t 無
タキ243724  JOT/郡山 全検13-11-20名古屋車、自重16.0t
タキ243798  JOT/郡山
タキ43485  JOT/塩浜
タキ43570  JOT/根岸 2)
タキ243775  JOT/郡山 無青
タキ243822  JOT/郡山 全検15-2-28名古屋車、自重16.0t 無
タキ1000-77 JOT/郡山
タキ44511  JOT/塩浜
タキ243678  JOT/郡山
タキ44514  JOT/塩浜
※JRF色広島バージョン=ブルーは水色だけ。プレートが黄土色、運転士席の下にJRFマーク入り
1)タキ43475 全検13-4-10名古屋車(19-9-13切) 休車指定:東港派H14-10/93日、H15-11/270日、H17-10/158日
2)タキ43570 全検14-4-11名古屋車(20-5-31切)  休車指定:東港派H15-12/292日、H16-11/124日

 午前中の調査を一段落して松本駅へ向かうものの、夏休みの期間中らしくどの電車も3分遅れで中央線の快速電車の午前中か夕方以降と似ていますが、3両編成で押し込み過ぎやしないか疑問に思います。

|

« H18.08.10 八王子駅 | トップページ | H18.08.10 松本周辺(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.08.10 松本周辺(その1):

« H18.08.10 八王子駅 | トップページ | H18.08.10 松本周辺(その2) »