« H18.08.04 八王子駅(その1) | トップページ | H18.08.06 大宮周辺 »

2006年8月 5日 (土)

H18.08.04 八王子駅(その2)

 貨車部会の例会も滞り無く終わるものの、入りの悪さがこの所目立つ様になり、存亡の危機に立たされつつも何とか維持しております。この時期は私自身、遠征に出掛ける事が多く、会場予約に赴く時間がなかなか取れず、幹事仲間の了承を受けて事前に申込手続を済ませて11月の例会も押える事が出来、実施日は11月3日(文化の日)の19時から大崎の南部労政会館にて実施致します。今年は納涼大会の内容変更で新体制もどこかチグハグした面が生じて来ました。
 帰りもいつも通り編成調査を行い、八王子まつりの見物から帰る乗客も多く、駅員さんも電車が入線する度、点字ブロックの内側に下がる様促すアナウンスが声高に叫ばれました。

○2087列車…オイル関連も今月のガソリン値上げの影響でしょうか編成が短い列車が見られる様になり、こちらも普段の17両編成から11両編成とかなり短くなりました。
△篠ノ井(坂城)
EH200−11
タキ1000- 44  JOT/郡山 A重
タキ1000-110 JOT[E]/郡山 A重
タキ1000- 36  JOT[E]/郡山 A重
タキ1000-215 JOT[E]/郡山 全検18-6-24川崎車、自重17.0t 石油類)黒地
タキ1000-499 JOT/根岸
タキ1000-571 JOT/根岸
タキ1000-220 JOT[E]/郡山 全検18-4-13川崎車、自重17.0t
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-596 JOT/根岸
タキ1000-610 JOT/根岸 無
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 全検18-5-25川崎車、自重17.1t 無

○2082列車…昨日の5479列車と同じEF64 50+EF64 49重連の牽引で到着。編成調査するものの、出発時も駆け足で飛び飛びとなり、車号がパーフェクトにメモ出来ませんでしたが、梶ヶ谷タ行きのコキ52485にはUT20A-5154(中央通運/塩化ビニール樹脂専用)が積載。

○5462列車…こちらも冬場は連日連結される根岸→坂城の5465列車で送られる分の返送が連結。OTのタキ43000やタキ44000で全検入場の対象車も続々出場し、7両目のタキ43271は平成15年に宇都宮タから倉賀野常備に移動した1両です。
△川崎貨物
EH200ー10→EF64 1012
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 ↑坂城→根岸
タキ1000-589 JOT/根岸 無
タキ1000-431 JOT/根岸 石油類)黒地
タキ43554   JOT/郡山 全検18-5-31川崎車、自重15.8t トケ
タキ43537   JOT/郡山  ↓ トケ
タキ43317 OT/西上田  ↑浮島町行き
タキ43271 OT/倉賀野 全検18-5-20川崎車、自重15.9t
タキ43032 OT/郡山 ※
タキ43226 OT/倉賀野
タキ43340 OT/倉賀野
タキ43402 OT/宇都宮タ ↓
タキ44022 OT/西上田  末広町行き 全検18-6-21川崎車、自重15.8t
※タキ43032=全検15-10-9郡山車(21-1-18切)、休車指定:隅田川区H16-7/61日、熊タ派H18-7/40日

○5275列車…いつもはオイルターミナル所有車オンリーの編成ですがOT基地向けには久し振りにJOT所有のタキ43000も連結。怪しかったタキ1000-446の現車データも確認し(倉賀野常備の同形式はパーフェクト)、ここでも全検上がりまもないタキ43000を見付け、3両目のタキ43014は平成11年まで八王子常備車です。

EF65 1094[JRF色、冷房]
タキ43257   JOT/仙台北港 青塗り
タキ43268   OT/倉賀野 全検18-5-17川崎車、自重16.1t
タキ43014   OT/郡山 全検18-5-9川崎車、自重15.9t
タキ1000- 94  OT/倉賀野■
タキ1000-393 OT/宇都宮タ
タキ43291   OT/倉賀野
タキ1000-446 OT/倉賀野■ 全検16-9-1川崎車、自重17.2t
タキ1000-662 OT/宇都宮タ■
タキ35385   JOT/郡山 常)浜川崎

○5464列車…最近、京葉臨海からのオイル専用列車がコスモ市原製油所の火災の影響で運休や編成短縮する例が結構見られ、こちらもオールツートンの編成ながら7両編成と短くなりました。
△千葉貨物
EF64 1037[更新色]→EF65 1046[JRF色]
タキ243697  JOT/郡山 A重
タキ243717  JOT/郡山 A重
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000-170 JOT/郡山
タキ1000-218 JOT/郡山
タキ1000-300 JOT/郡山
タキ1000- 11  JOT/郡山

○5478列車…昨日の5479列車で到着したタンク車をそのまま返送するものの、一部村井駅に8684列車で到着した編成が混じります。一部未確認だったタキ43000の全検上がりの車も確認しました。
△根岸
EF64 48[JRF色]+EF64 22
タキ43555   JOT/郡山  ↑村井発(8685レ) 全検18-4-12川崎車、自重16.1t トケ
タキ43470   JOT/根岸 全検18-7-26川崎車、自重15.8t トケ
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-570 JOT/根岸 ↑村井発(5579レ) 無
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ43471   JOT/根岸 全検18-4-1川崎車、自重15.7t
タキ1000-159 JOT[E]/郡山
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 無
タキ43373   JOT/根岸 トケ、石油類)青
タキ1000-202 JOT[E]/郡山
タキ43455   JOT/根岸
タキ1000- 62 JOT[E]/郡山
タキ1000-298 JOT[E]/郡山
タキ1000-567 JOT/根岸 ↓
タキ1000- 83 JOT[E]/郡山 ↑辰野発
タキ1000-574 JOT/根岸   ↓ 無

○5467列車…浮島町発だけでも少なくとも5両程とコキ50000の交検出場車が連結されると思ったらタキ1000とタキ43000が1両ずつの寂しい編成となり、同じEH200牽引列車でも高崎線の5761列車を大分落差があります。
△南松本
EH200−9
タキ1000-302 JOT/郡山 根岸発 無
タキ43020   OT/南松本 全検18-5-25川崎車、自重16.0t

○5470列車…こちらも水曜日に倉賀野で見た8780列車で連結したナンバーが結構連結しておりました。
△根岸
EH200−7
タキ1000-439 JOT/根岸 無
タキ1000-684 JOT/根岸 新製17-9-26川重、自重17.2t 無
タキ1000-435 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 全検18-4-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 
タキ1000-368 JOT[E]/郡山
タキ1000- 21  JOT[E]/郡山
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 全検18-6-28川崎車、自重16.9t
タキ1000-244 JOT[E]/郡山 全検18-4-6川崎車、自重17.0t
タキ1000-685 JOT/根岸 新製17-10-3川重、自重17.2t
タキ1000-511 JOT[E]/根岸
タキ43156   JOT/根岸 トケ、石油類)黒地
タキ1000-158 JOT[E]/郡山
タキ43615   JOT/郡山 全検18-7-28川崎車、自重15.9t
タキ44135   JOT/根岸 全検18-7-29川崎車、自重16.6t

 帰りの電車を待つと中央線の快速電車が中野駅近くで吸い殻が枕木に引火して火災となり、停止した為10分以上も止まり、普段は0時14分発の電車に乗る所、一本前の0時05分発の中央特快が13分遅れで八王子発となり、偶然にも新宿から乗った電車と同じナンバーに当たり、東京駅から折り返すには早く変だなと持ったら新宿始発でこの電車(23時29分発)と0時11分発と中央特快があり、民営化前に発足した旧通勤快速(新宿始発は三鷹までノンストップ、以遠は各駅停車)にて5本程新宿始発が設定されてこのまま昭和63年12月の大改正で中央特快に格上げされ、現在では東京発着のウエイトが高くなりこの2本しか存在しません。それにしても今日(後半は日が改まりましたが)は線路火災や東北新幹線で乗客が線路に降りる珍事件が相次ぎました。

|

« H18.08.04 八王子駅(その1) | トップページ | H18.08.06 大宮周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.08.04 八王子駅(その2):

« H18.08.04 八王子駅(その1) | トップページ | H18.08.06 大宮周辺 »