« H18.08.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H18.08.03 八王子駅 »

2006年8月 3日 (木)

H18.08.02 高崎周辺(その2)

 5766列車の入線が遅れて昼食も20分遅れで高崎駅へ向かい、昼食は同駅きっての名物駅弁である『だるま弁当』でいつも来る度縁起担ぎで頂きます。12時58分発の上野行きで再び倉賀野へ戻ります。お昼の駅弁を食べている途中、空模様が明るくなって来たので午後はすっかり晴れ渡り、汗ばむ陽気となりました。

○5882列車…本来は倉賀野から京葉臨海の浜五井と北袖へタンク車を返送する他、倉賀野から熊谷タと宮城野行き、熊谷タから宮城野行き(以上コキ50000)、越谷タ行き(コキ104)とコンテナ車が併結されます。倉賀野まで8460列車で到着した安中発のタンク車も熊谷タまでこの列車の連結となり、東邦亜鉛の製錬所を拠点に運用される濃硫酸のタンク車も以前はタキ4000やタキ5750が多かったものの、最近は神岡鉱山前から転属したタキ29300(平成3年新製)が結構活躍しているのを目にします。惜しい事に京葉臨海行きのタンク車が見られませんでした。
△越谷タ
EF65 1034[JRF色]
タキ29324 NRS/岳南富士岡 ↑安中→中条 全検17-10-25川崎車、自重13.9t
タキ29327 NRS/岳南富士岡 ↓ 全検18-1-13川崎車、自重14.1t
コキ53217 倉賀野→熊谷タ
コキ52643 ↑倉賀野→宮城野
コキ50209 ↓ 全検18-7-14郡山車

 両数があれば気迫漲るものの、編成が短いとどこか気持ちが抜けてしまいます。倉賀野13時51分発の特別快速・高崎行きで高崎へ行き、一休みした後、高崎14時58分発の上野行きで夕刊輸送と入れ替わりに先頭に乗り、最後の倉賀野詣でに向かいます。

○3096列車…昨年3月ダイヤ改正まで1082列車として名乗った列車で倉賀野から新座タへ行くコンテナ列車で同じ高崎線内にある熊谷タからも増結され、時刻表通りの新座タ行きの他、広島タ行き(新座タから1079列車)、大阪タ行き(新座タから4052〜5053列車)も連結されます。3月のダイヤ改正からは倉賀野から南福井行き(熊谷タから2073〜72列車、金沢タから1072列車に継送)が新設され、以前は良く日本電気硝子のコンテナが敦賀港から宇都宮タや熊谷タの直通がありました。
←新座タ EF210-103+コキ104-1178+1209+1797[広島タ行き]+341[南福井行き]+798+86+898+2904[新座タ行き]+1270[大阪タ行き]

○5771列車…午前中の項(H18.08.02高崎周辺その1を参照)でご紹介した5765列車と並ぶ浜川崎発の列車でOT所有車とJOT所有車の混結編成です。目立った所ではステンレス製タンクのタキ143645やOT移籍車のタキ1000、浜川崎に配備されたナンバーで今年の全検入場対象車が一気に確認できました。

EF65 1044[JRF色、PS22]
タキ1000-379 OT/宇都宮タ
タキ1000- 93 OT/倉賀野■
タキ1000-276 JOT/郡山 全検18-6-16川崎車、自重17.0t
タキ1000-279 JOT/郡山 全検18-7-13川崎車、自重17.0t
タキ1000-280 JOT/郡山 全検18-7-21川崎車、自重16.9t
タキ1000-275 JOT/郡山 全検18-6-14川崎車、自重16.9t
タキ43405   OT/倉賀野 全検17-6-3川崎車、自重15.9t
タキ43606   JOT/郡山 全検18-7-17川崎車、自重16.2t
タキ43448   JOT/根岸 トケ
タキ43522   JOT/郡山 トケ
タキ43304   JOT/塩浜 トケ
タキ43473   JOT/根岸[旧OT] 全検18-4-7川崎車、自重15.8t 石油類)青地
タキ143645  JOT/郡山
タキ1000-278 JOT/郡山 全検18-7-20川崎車、自重16.9t
タキ1000-677 OT/宇都宮タ■ 新製17-10-25日車、自重17.2t
タキ1000-277 JOT/郡山 全検18-7-12川崎車、自重17.0t
タキ43341   OT/倉賀野
タキ1000-451 JOT/根岸[旧OT]
タキ1000-444 JOT/根岸[旧OT]

○5772列車…午前中の5765列車から後方の浜川崎行きがそのまま返送され、最初は先に入線した浮島町行きが送られるものの、5780列車に乗せる様で随分早く入った事になります。帰りは大宮の6番線、4番線と撮影を楽しみました。
△浜川崎
EF65 125[JRF色]
タキ43562  JOT/根岸 全検18-4-11川崎車、自重16.2t A重
タキ43557  JOT/根岸 全検18-5-9川崎車、自重16.0t A重
タキ43572  JOT/郡山 トケ
タキ43250  JOT/根岸
タキ43157  JOT/根岸 全検18-7-8川崎車、自重16.1t
タキ43310  JOT/根岸
タキ43580  JOT/郡山
タキ43216  JOT/根岸
タキ43217  JOT/根岸 トケ
タキ1000-8 JOT/郡山 全検16-7-16川崎車、自重17.0t A重

○5780列車…通常であれば5761列車で到着した分が入るものの、15時頃には早々と5765列車で到着した分が入りました。3096列車の出発後から5772列車の入線までの間に撮影が出来ました。
△川崎貨物
タキ43138   OT/倉賀野 ↑浮島町行き 全検18-5-13川崎車、自重15.8t
タキ43286   OT/八王子
タキ1000- 97  OT/倉賀野 全検16-4-3川崎車、自重17.2t
タキ43398   OT/宇都宮タ
タキ1000-392 OT/宇都宮タ
タキ43171   OT/南松本 ↓

 大宮へ向かう途中、千葉貨物(浜五井)発の5881列車が新町に止まるのでここで見ようと思ったら下り列車の遅れで空振りとなり、後で神保原でEF65 501(?)の牽引で擦れ違うが見られました。
 大宮で前述の5772列車の撮影を行い、以前は20時30分発だった『むさしの』4号が18時47分発に繰り上がり、平日ダイヤは北関東方面から帰る際にはちょうど良い時間帯になりました。八王子まで乗り通すものの、立川からの乗客が意外と多く(前が青梅行き)、ボックスが結構埋まりましたが、オレンジの電車同士が接続するのに筋が通りますが臨時スジに乗客を押し込めた格好でこの点参りました。
 八王子で南松本→川崎貨物の5460列車が見られるだろうと思ったら空振りでこのまま高尾へ向かいました。

|

« H18.08.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H18.08.03 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.08.02 高崎周辺(その2):

« H18.08.02 高崎周辺(その1) | トップページ | H18.08.03 八王子駅 »