« H18.06.02 八王子駅(その2) | トップページ | H18.06.07 八王子駅(その2) »

2006年6月10日 (土)

H18.06.07 八王子駅(その1)

 貨車部会の9月例会の申込手続に大崎へ出掛ける前に色々調査し、今日は東急5000系の甲種輸送が南側の構内に入線してこの間、田園都市線の電車が6ドア車入りで来たものの、今回は東横線用の5159Fが現れました。今日は元町・中華街方の4両(5559〜5859)が送られ、入換にDE10 1073(入換動車色/上から赤[キャブ部分オレンジ]、白、グレーの3色)、長津田までの本務にDE10 1182(更新色/赤基調[JRFマーク入り])と新しいカラーリングに纏ったDE10が担当しました。
○5270列車…機関車、編成内容と少し前に見たものと同じ内容です。
△根岸
EF64 1019[冷房]+EF64 1020[更新色、冷房]
タキ43153   JOT/根岸 全検18-4-1川崎車、自重15.7t トケ
タキ1000-463 JOT[E]/根岸
タキ43107   JOT/仙台北港 青塗り、トケ・石油類)黒地
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-487 JOT[E]/根岸
タキ1000-625 JOT/根岸 無
タキ1000-597 JOT/根岸
タキ1000-250 JOT/郡山
タキ1000-570 JOT/根岸 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無

○2089列車…再びコキ104オンリーの寂しい編成で来ました。最後尾の554は側面のJRFマークと番号標記の間に大きなベタ塗りが見られ、海上コンテナ専用車の名残が見られました。
←竜王 EH200−4+コキ104-1268(全検18-1-19広島車)+115+967+554(旧海コン対応、全検14-3-22小倉車)

○8272列車…タンク車はオールタキ1000の顔触れでしたが、入換のDE10が差し替えられてオリジナル色の1155号機が新鶴見へご帰還。
△根岸
EF65 1091[JRF色、赤プレート、冷房]+DE10 1155
タキ1000-585 JOT/根岸 無
タキ1000-298 JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-690 JOT/根岸 新製17-10-17川重、自重17.2t
タキ1000-296 JOT/郡山
タキ1000-161 JOT[E]/郡山
タキ1000-684 JOT/根岸 新製17-9-26川重、自重17.2 無
タキ1000-369 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-295 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-145 JOT[E]/郡山
タキ1000-190 JOT[E]/郡山

|

« H18.06.02 八王子駅(その2) | トップページ | H18.06.07 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.06.07 八王子駅(その1):

« H18.06.02 八王子駅(その2) | トップページ | H18.06.07 八王子駅(その2) »