« H18.05.28 八王子駅 | トップページ | H18.06.02 八王子駅(その1) »

2006年6月10日 (土)

H18.05.30 八王子駅

 今日は親の講座が実施される日で一緒に出て、最初、西八王子から電車に乗ろうと思ったら飯田橋の人身事故で中央線の緩行電車、快速電車と大幅な遅れで八王子駅近くまで代行輸送で向かいました。北口前にあるポストで来月17日に実施される東京支部総会の委任状を投函して改札口へ。

○5270列車…先頭だけがタキ43000で他はタキ1000ばかりの編成。全検上がりのタキ1000も244番を初確認。
△根岸
EF64 1019[冷房]+EF64 1020[更新色、冷房]
タキ43116   JOT/根岸 トケ
タキ1000-231 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-582 JOT/根岸 無
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-271 JOT[E]/郡山 全検18-4-5川崎車、自重17.0t
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-681 JOT/根岸 新製17-9-26川重、自重17.2t 無
タキ1000-581 JOT/根岸
タキ1000-610 JOT/根岸
タキ1000-282 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-423 JOT[E]/根岸
タキ1000-155 JOT[E]/郡山
タキ1000-244 JOT[E]/郡山 全検18-4-6川崎車、自重17.0t


○2089列車…火曜日にしては珍しく積むコンテナが少なく、19系コンテナ、JOTのUR18A合わせて7個積載。中間2両は空車状態で編成全体の撮影やメモも書き出しました。牽引が日曜日に続きEH200トップナンバーの牽引。先の事故の影響で出発が20分遅れて11時03分発。
←竜王 EH200−1+コキ104-1612+291(海ナタ 全検15-3-28名古屋車)+852+2866

10時台発の2列車を調査した後は10時46分発(定刻)の東京行きで豊田へ行き(合間にSuicaを読み込む)、普段は八王子駅のホームで見送る5270列車も豊田駅のホームからデジカメの望遠レンズを使って撮影。『スーパーあずさ』11号も20分程遅れての通過となり、八王子までは10時55分発(定刻では32分発ですが運行番号が965Tと表示されて実際は1時間遅れ)高尾行きで戻ります。浅川鉄橋傍にあるオイルターミナルの基地にはこれから8272列車に乗せる根岸行きの編成と本線側にはタキ43390、43170、1000-455、38032とオイルターミナルの車が留置中。

○8272列車…前述通り電車の車窓越しから予備知識を吸収しました。普段より少し短い11両編成。
△根岸
EF65 1061[JRF色、赤プレート、冷房]
タキ1000-463 JOT[E]/根岸
タキ43107   JOT/仙台北港 トケ、石油類)黒地 青塗り
タキ43446   JOT/根岸 トケ
タキ1000-440 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-197 JOT[E]/郡山
タキ1000-154 JOT[E]/郡山
タキ1000-293 JOT[E]/郡山
タキ1000-287 JOT/郡山 無
タキ1000-618 JOT/根岸 無
タキ1000-256 JOT/郡山 石油類)黒地

|

« H18.05.28 八王子駅 | トップページ | H18.06.02 八王子駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.05.30 八王子駅:

« H18.05.28 八王子駅 | トップページ | H18.06.02 八王子駅(その1) »