« H18.03.25 八王子駅〜岡部駅 | トップページ | H18.03.25 小山駅&再び大宮駅 »

2006年3月26日 (日)

H18.03.25 大宮駅&さいたま新都心駅

 岡部から10時39分発の湘南新宿ライン直通の特快・小田原行きはE231系の追加新製車(小山所属)に乗れたものの、大宮や都心へ直通する乗客で混雑していた為に岡部から大宮と立たされ、週末の午前中の高崎線、宇都宮線上り方面は混雑が一向に緩和されません。休日ダイヤだけでも午前中一杯は15連で運転するか乗車状況によって高崎線の深谷や本庄始発、宇都宮線の小金井や古河始発を増強しなくてはいけません。

○8592列車…ダイヤ改正前は矢板や宝積寺から返送されるセメント専用車が連結されましたが、ここで輸送中止となり、ルートも武蔵野線〜馬橋〜常磐線から宇都宮線を一直線に改め、編成もコンテナ車の空車ばかり連ねた編成だけとなりました。出発する頃にさいたま新都心付近で線路内の立ち入りが発生し、15分程足留めを喰らいました。
△隅田川
EF65 125[JRF色]
コキ104-1028 全検15-1-17川崎車 越谷タ発(交検車)
コキ251089 全検16-10-16川崎車 ↑試運転(隅田川→宇タ→隅田川)
コキ252223 全検17- 7- 9川崎車  ↓
コキ103- 71 全検16-9-28川崎車 ↑沼津発(静岡総鉄にて臨時検査入場)
コキ102- 71 全検16-9-28川崎車
コキ102- 72 全検16-9-28川崎車
コキ103- 72 全検16-9-28川崎車 ↓

※コキ104-1028は越谷タ→宇都宮タ5593列車、宇都宮タ→隅田川8592列車と指定票が差し込まれ、対の5593列車は従来通り武蔵野線経由です。

○5562列車…今回のダイヤ改正からEF210が岡山所属機から新鶴見所属機にバトンタッチした以外で変更点は無いものの、編成内容も変化ありません。
△川崎貨物
EF210−118
タキ43019   OT/南松本 ↑浮島町行き
タキ1000-443 OT/倉賀野■
タキ43140   OT/八王子
タキ43134   OT/郡山
タキ1000-385 OT/宇タ ※制輪子試験車
タキ43302   OT/倉賀野■
タキ44156   OT/宇タ
タキ43016   OT/郡山
タキ43369   OT/八王子
タキ1000-668 OT/宇タ■ 新製17-10-11日車、自重17.2t
タキ43129   OT/郡山
タキ43162   OT/南松本

 大宮から12時10分発(やや遅れて14分発)の上野行きでさいたま新都心へ向かいます。

 大宮操の構内は17日までは5592列車が停車してセメント専用車の調査や撮影が出来たものの、今回のダイヤ改正で臨時格下げ&東北線経由に変わった為に見られなくなり、奥に川崎貨物への試運転・6794列車(こちらもコキオンリーですがタンク車は1両だけタキ29330[NRS/岳南富士岡]も連結)や先程、岡部で調査した5764列車もホキ10000の大群を引き連れて到着します。この他『あずさ』色の団体列車クハ183-1017×6や貨物上り線を今回のダイヤ改正の目玉にもなった東武特急のJR新宿直通で485系を使った『きぬがわ』4号が通過しました。昨年の8月に郡山を訪れた際に平日は新幹線のフィーダー特急、土休日は新宿発の『あいづ』号で活躍した電車を改造した専用編成でスタート早々故障してスペーシアが代走したニュースも聞かれたのでもう回復した様子です。

○5683列車…こちらもタキ38000の応援が2両、連結していた他にも少し前に良く地元で見掛けたタキ1000の445、454番に京葉線経由の貨物列車が始まった頃から八王子のOT基地に居た400番もここ半年程は各地を転々して気が付くと里帰りしたのでデジカメに撮り、この頃は新車の670番が代替要員で配備された様子です。他にも402、458、462と郡山常備からそのまま居着いて平成15年の全検入場前にタキ1000では初めて八王子常備になった413、415とお馴染みのナンバー揃いでした。
△宇都宮タ
EF65 1043[JRF色]
タキ1000-658 OT/宇タ■
タキ44008   OT/倉賀野
タキ43621   OT/郡山 A重
タキ44009   OT/宇タ
タキ44517   OT/宇タ 全検14-6-14川崎車、自重16.2t
タキ43602   OT/南松本 A重
タキ44513   OT/倉賀野
タキ43565   OT/八王子
タキ43372   OT/南松本
タキ43375   OT/宇タ
タキ43265   OT/西上田
タキ38007   JOT/郡山 常)浜五井、3F(XF-4)制輪子 ※1
タキ38091   JOT/郡山 常)浜五井、3F(XF-4)制輪子 ※2
タキ43024   OT/倉賀野
タキ43360   OT/南松本
タキ1000-454 OT/倉賀野■
タキ1000-400 OT/宇タ
タキ43465   OT/八王子
タキ43143   OT/西上田 全検17-9-30川崎車、自重16.2t
タキ1000-445 OT/倉賀野■
※1 タキ38007 全検13-10-13川崎車(19-7-15切)、自重17.8t、休車指定:千葉区H15-10/122日、H17-11/153日
※2 タキ38091 全検15-12-25川崎車(21-4-22切)、自重17.2t、休車指定:千葉区H17-9/118日

再び、大宮駅へ戻り、昼食休憩を挿んであれこれ見ました。

○5584列車…冬場のピーク時でタキ1000、タキ243000とツートン車中心の陣営に統一されてタキ43000が根岸へ移動したのでは?と思ったら未だ相当数残り、根岸へ移動した車とトレードで復帰した車も見られ、タキ1000でも定期検査上がりの車の未確認も何とか頑張って確認しました。
△浜川崎
EF65 1077[赤プレート]
タキ1000-108 JOT/郡山 (A重)
タキ1000-127 JOT/郡山 全検17-10-6川崎車、自重16.9t(A重)
タキ1000- 7 JOT/郡山 全検16-7-1川崎車、自重16.9t
タキ243812  JOT/郡山 石油類)黒地
タキ1000-279 JOT/郡山
タキ1000- 9 JOT/郡山 全検16-7-14川崎車
タキ1000-451 JOT/根岸 石油類)青地
タキ43575   JOT/根岸 トケ
タキ1000-275 JOT/郡山
タキ243808 JOT/郡山
タキ1000- 13 JOT/郡山 全検16-6-10川崎車
タキ1000-241 JOT/郡山
タキ243801  JOT/郡山
タキ1000-444 JOT/根岸 石油類)青地
タキ243807  JOT/郡山
タキ243885  JOT/郡山
タキ1000-246 JOT/郡山
タキ1000-243 JOT/郡山
タキ43499   JOT/郡山 トケ
タキ43283   JOT/根岸

○1070列車…こちらも3月のダイヤ改正から新鶴見のEF210牽引に変わり、タキ1000の黒油専用で306を確認し、305〜311まで連番で指定された模様です。
△蘇我(浜五井)
EF210−124
タキ1000-309 OT/郡山 ●
タキ1000-306 OT/郡山 ●
タキ1000-307 OT/郡山 ●
タキ1000-311 OT/郡山 ●
タキ1000-308 OT/郡山 ●
タキ1000-320 OT/郡山
タキ1000-653 OT/郡山■
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000- 5 OT/倉賀野■
タキ1000-654 OT/郡山■
タキ1000-417 OT/郡山
タキ1000-655 OT/郡山■
タキ1000-411 OT/郡山
タキ1000-312 OT/郡山
タキ1000-317 OT/郡山
タキ1000-414 OT/郡山
タキ1000-657 OT/郡山■
タキ1000-416 OT/郡山
※●=黒油専用

ここまで終わるとお昼の駅弁を物色すべく『旨囲門』、『エキッチン』と品定めしてお目当ては大宮駅オリジナルの『大宮弁当』で済ませたかったものの、両店とも無く結局、『エキッチン』で買った『深川めし』を頂きました。この前後には新宿からの『きぬがわ』5号が11番線に到着し、結構カメラを向けるファンが多く、後日談ながら会員仲間のY君も11番線に居られた話を帰宅後のメールで知りました。

○5766列車…川崎貨物(浮島町、末広町)から倉賀野向けの返送列車で同じルートではEF210牽引、積車23両編成で運転される5763/5764列車が有名ですがこの二番手のポジションに相当し、一時期は定期スジながら短編成の寂しい時期があったものの、平成15年10月改正から熊谷タ継送のルートを見直し、現行の5773列車/5766列車として仕立て直されました。オイルターミナルのタキ43000・1000・44000を中心にJOTタキ38000(38083)も併結。

○5771列車…こちらも浜川崎・倉賀野の運用で2番手の運行です。5765列車/5772列車、5771列車/5770列車と対になって運用されています。長い事大宮の10番線で5分程乗務員交替で停車しましたが、昨年3月から通過する格好に変わりました。
△倉賀野
EF65 1116
タキ1000-276 JOT/郡山
タキ1000-280 JOT/郡山
タキ43170   OT/南松本
タキ1000-278 JOT/郡山
タキ43164   OT/倉賀野
タキ38109   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子
タキ43032   OT/郡山
タキ43135   OT/郡山
タキ1000- 1 JOT/郡山 A重
タキ38103   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子
タキ1000-392 OT/宇タ
タキ1000- 98 OT/倉賀野■
タキ1000-277 JOT/郡山
タキ1000-663 OT/宇タ■ 新製17-10-11日車、自重17.2t
タキ43528   OT/郡山
タキ1000- 16  JOT/郡山 A重
タキ44017   OT/郡山
タキ44003   OT/西上田

○3091列車…石巻港にある日本製紙(旧・王子製紙)の工場から石巻線、東北本線を経由し、田端操から北王子へ赴く紙輸送のコンテナ列車でワム80000を連ねた列車としてお馴染みでしたが、コンテナ化で5181列車をスピードアップ。混成編成のコキ50000×10+ワム80000×30の編成からコキ50000×20の編成に変わり、13〜18両目には真ん中30A、両側に18Dや19B,19Dと積載した格好です。因みに運用は下記の通りで小牛田や田端操での作業の影響で読み辛い面がありますのでこの点ご容赦下さい。
・H17.12改正前
北王子着・往路東北経由=5680列車+5682列車(一部)→5180列車→11/13列車
北王子着・往路常磐経由=5682列車(一部)+5684列車→5262〜261列車 (常磐経由)→15列車
復路常磐経由=14/16列車→354列車→5263列車→5683列車(一部)/5685列車(一部)
復路東北経由=12列車→5183列車→5681列車/5683列車(一部)
隅田川着・常磐経由=5684列車→5262列車(隅田川)5263列車→5685列車
・H17.12改正後
往路東北経由=2680列車+2682列車(一部)→3090列車→11/13列車
往路常磐経由=2682列車(一部)+2684列車→96列車→15/17列車
復路東北経由=12/14列車→3091列車→2671列車+2673列車(一部)
復路常磐経由=16/18列車→97列車→2673列車(一部)+2679列車

○5569列車…3月ダイヤ改正後、唯一のEF210岡山所属機によるオイル輸送列車の牽引です。さすがに昼下がりの大宮はカメラを向けるファンが多く、アングル選びに骨が折れますが、編成の様子も15日に根岸で見た際には重油組はタキ43000、タキ44000そのままでも白油組は両側で入れ替わりました。
△宇都宮タ
EF210−18
タキ44161   JOT/根岸 A重
タキ43571   JOT/根岸 全検17-9-28川崎車、自重16.3t A重
タキ44107   JOT/根岸 全検16-6-18川崎車、自重16.3t
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 A重
タキ44221   JOT/根岸
タキ43576   JOT/郡山 A重
タキ43552   JOT/郡山
タキ1000-511 JOT[E]/根岸 全検17-10-5川崎車、自重17.1t
タキ1000-685 JOT/根岸 新製17-10-3川重、自重17.2t
タキ1000-165 JOT[E]/郡山 全検17-10-4川崎車、自重17.1t
タキ1000-441 JOT/根岸
タキ1000- 64 JOT[E]/郡山
タキ1000-571 JOT/根岸 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検17-6-9川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-361 JOT[E]/郡山
タキ43310   JOT/根岸
タキ38036   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子

 ここで大宮の調査も終わり、8・9番線へ移ってグリーン券をホームにある券売機にSuicaを挿入し、14時31分発宇都宮行きのグリーン車の停車位置に並びます。

|

« H18.03.25 八王子駅〜岡部駅 | トップページ | H18.03.25 小山駅&再び大宮駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.03.25 大宮駅&さいたま新都心駅:

« H18.03.25 八王子駅〜岡部駅 | トップページ | H18.03.25 小山駅&再び大宮駅 »