« H18.03.25 大宮駅&さいたま新都心駅 | トップページ | H18.03.27 八王子駅 »

2006年3月26日 (日)

H18.03.25 小山駅&再び大宮駅

 大宮から14時31分発の宇都宮行きで小山へ向かい、E231系のグリーン車もお試し乗車の時期は何度か乗ったものの、本番はスタート一年半で意外と初めて。4号車の2階席は空席が無くデッキ面の上野方に陣取り、手持ちのSuicaに読み込ませて前に見た列車のノート整理を行いながら途中、久喜が田園都市線・半蔵門線直通の延長や浅草発着の見直しで運行形態が大きく変わった東武伊勢崎線の様子を見て東武動物公園方に10000系(久喜から館林、太田方面の普通)や東急8500系が昼寝する姿を見て、これまた先日のダイヤ改正の目玉になった栗橋に出来た直通特急の"お立ち台"と見て目的地の小山へ。

 小山では宇都宮線の編成調査や水戸線の415系の撮影と楽しみ、後者では初めて冷房付きになったクハ411-307×4やE531系登場後も未だ頑張るクハ401-51×4(他3両は415系の700番代)と来て反対側は高タカ本所(旧・新前橋電車区)の両毛線115系と都心では影が薄くなった国鉄近郊形電車の姿も見られます。風が冷たくなったのかジャケット+セーターではやや肌寒く改札口脇の"NEWDAYS"等に入って暇つぶし。昨年まで"JC"の看板が残っていた事で私の仲間内(鉄道友の会の会員さんです)では有名な存在で平成13年秋にJR東日本グループのコンビニ事業が見直され、JR直系の"JC"、東日本キオスクの"MINIコンビ"を"NEWDAYS"に統合し、短期間で赤い基調の看板に変わったものの、変更後も長らく旧称の看板が残っていたお店です。

○5571列車…以前はEF66牽引でタンク車を牽引した列車が前のコンテナ列車にシフトしてからEF65牽引に戻ったものの、今回のダイヤ改正でEF210牽引(新鶴見所属、根岸から通しで)に変わってハイパワー機にカムバック。15日に根岸で見たものと似通った顔触れですが、後方がやや入れ替わり、数えると18両編成と多少短くなりました。
△宇都宮タ
EF210−119
タキ44133   JOT/根岸 全検17-9-9川崎車、自重16.4t C重
タキ44140   JOT/根岸 C重
タキ44144   JOT/根岸
タキ44214   JOT/根岸 全検17-8-5川崎車、自重16.2t
タキ43215   JOT/根岸 A重、常)浜川崎
タキ44116   JOT/根岸
タキ43400   JOT/根岸 全検17-6-2川崎車、自重15.9t
タキ1000-499 JOT/根岸 全検17-8-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-632 JOT/根岸
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 全検17-6-10川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-426 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-192 JOT[E]/郡山 全検17-8-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-484 JOT[E]/根岸 全検17-11-30川崎車、自重17.3t 無

 予定では17時4分発の『アーバン』に乗ろうと思った所で先行する16時54分発の大船行きに飛び乗って大宮へ。蓮田で予定の『アーバン』に抜かれるものの、無事終わって休憩がてら乗った次第です。

 大宮に戻ると"H18.03.25 八王子駅〜岡部駅"の項で触れた5765列車の返送に当たる5772列車の到着を待つものの、来たのはEF65 49[JRF色]の単機だけで4番線で成田空港の到着ロビーよろしく『日光』8号の到着を待ち構えるスタンバイしていたカメラ片手のマニアからも絶叫の声も。三脚、片手の撮影マニアも何とかなりませんなと大宮駅の駅長さん、管轄するJR大宮支社に苦言を呈したいほどです。この後、隅田川→熊谷貨タの1083列車を見ようと9番線で待つものの、元の列車が遅れていたのか運休だったのか空振りで足は22番線へと進み、始発の埼京線を待つ間、朝のうちに見た5765列車をノートにまとめました。

 帰りは最初、八王子で途中下車して南松本からの5460列車を見ようと画策したものの、寒くなって来たので一本次の河口湖行きの201系に飛び乗り、高尾で見る事にして、2番線を通り抜けるので3番線に電車が入らなければ大丈夫ですが、3・4番線の甲府方にある跨線橋の昇り口と201系の隙間で何とか見る事が出来たものの、編成は←EH200-9+タキ43402(OT/宇タ)+43469(OT/八王子)+1000-373(OT/宇タ)の短い編成でコキ50000や浜五井行きの大群が無く寂しいものです。

|

« H18.03.25 大宮駅&さいたま新都心駅 | トップページ | H18.03.27 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.03.25 小山駅&再び大宮駅:

« H18.03.25 大宮駅&さいたま新都心駅 | トップページ | H18.03.27 八王子駅 »