« H18.03.15 八王子駅 | トップページ | H18.03.15 根岸駅(その2) »

2006年3月16日 (木)

H18.03.15 根岸駅(その1)

 本来ならもう少し早い時期に訪れたかったものの、なかなか機会が得られず遅ばせながら久し振りに根岸へ出掛け、このブログを開設してから丁度5ヶ月、意外と今回が初めてで『横浜フリーきっぷ』片手に八王子から横浜線に乗りました。根岸のタンク車は地元で見たり、『車掌車』で紹介する機会が多く、今更細かい事を述べる事はありませんがタキ1000を中心にタキ43000、タキ44000と43系のタンク車が幅を効かせているものの、冬場の応援用にタキ38000も所々見られます。ダイヤを見ると日中は北行が15分頃&45分頃発、南行は29分頃&59分頃着と30分ごとのパターンダイヤになっている事が特徴で『東京時刻表』等で同じ時間帯(=田端〜田町が快速運転)の京浜東北線・根岸線のダイヤを見ると本来なら南浦和〜磯子の電車のスジが入るものの、蒲田折り返しになっているのはこの影響を受けている事も垣間見えます。

○5569列車…宇都宮タ行きの列車はオイルターミナル所有車が運用した時代から2本体制で後述する5571列車とペアで運転されている事が特徴です。ここで昨年度の全検入場車で唯一現車確認していなかったタキ44000の44107を見掛け、根岸の車はパーフェクトとなりました。
△宇都宮タ
EF210−106
タキ44161   JOT/根岸 A重
タキ43571   JOT/根岸 全検17-9-28川崎車、自重16.3t A重
タキ44107   JOT/根岸 全検16-6-18川崎車、自重16.3t
タキ1000-106 JOT[E]/郡山 A重
タキ44221   JOT/根岸
タキ43576   JOT/郡山 A重
タキ43107   JOT/仙台北港 青塗り、石油類)黒地
タキ1000-155 JOT[E]/郡山
タキ1000-160 JOT[E]/郡山
タキ1000-496 JOT[E]/根岸 全検17-7-30川崎車、自重16.7t
タキ1000- 76  JOT[E]/郡山
タキ1000-216 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-571 JOT/根岸 無
タキ1000-248 JOT/郡山 無
タキ1000-467 JOT[E]/根岸 全検17-6-9川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無?
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-361 JOT[E]/郡山 無?
タキ1000-688 JOT/根岸 新製17-10-3川重、自重17.2t
タキ1000-466 JOT[E]/根岸 全検17-10-1川崎車

○5571列車…前の5569列車と同じ宇都宮タ行きの列車です。2列車とも往復で同じと思われますが、厳密には5569列車の返送は武蔵野線経由の5570列車、こちらは山手貨物線経由の5580列車になり、EF210はこのままコンテナの2060列車牽引になる為5569列車は通し運用、5571列車は新鶴見でEF65と交替(17日から新鶴見のEF210が通しで)と細かい違いが見られます。
△宇都宮タ
EF210−115(シングルアーム)
タキ44133   JOT/根岸 全検17-9-9川崎車、自重16.4t C重
タキ44140   JOT/根岸 C重
タキ44144   JOT/根岸
タキ44126   JOT/根岸 A重
タキ44214   JOT/根岸 全検17-8-5川崎車、自重16.2t
タキ43215   JOT/根岸 (A重)、常)浜川崎
タキ44116   JOT/根岸
タキ44216   JOT/根岸 全検17-12-29川崎車、自重16.4t A重
タキ43400   JOT/根岸 全検17-6-2川崎車、自重15.9t 石油類)青地
タキ1000-499 JOT/根岸 全検17-8-11川崎車、自重17.0t
タキ1000-632 JOT/根岸
タキ1000-464 JOT[E]/根岸 全検17-6-10川崎車、自重17.0t 無
タキ1000-626 JOT/根岸 無
タキ1000-628 JOT/根岸 無
タキ1000-257 JOT/郡山 無
タキ1000-289 JOT/郡山 無
タキ1000-558 JOT[E]/根岸
タキ1000-426 JOT[E]/根岸
タキ43477   JOT/根岸 トケ
タキ1000-498 JOT[E]/根岸 全検17-9-3川崎車

○5474列車…新鶴見から中央線へ向かう5479列車となる列車です。未だ、冬モードなのでしょうか南松本から8684列車に乗せる分は川崎貨物経由(8469列車連結)で送られている様子です。最後尾のタキ1000-188は根岸配備の平成7年新製車で最後の全検出場車となり、偶然にも同日にタキ1000-268が全検出場している標記を確認しました。
△南松本
EF65 1002[JRF色]
タキ1000-603 JOT/根岸 ↑村井行き
タキ1000-197 JOT[E]/郡山 全検17-9-6川崎車、自重17.0t
タキ1000-194 JOT[E]/郡山 全検17-9-9川崎車、自重16.9t
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-604 JOT/根岸 無
タキ1000-576 JOT/根岸 無
タキ1000-229 JOT[E]/郡山 無
タキ43552   JOT/郡山
タキ1000-249 JOT[E]/郡山
タキ1000-621 JOT/根岸 ↓
タキ1000-302 JOT/郡山   ↑辰野行き 無
タキ43101   JOT/仙台北港 青塗り、石油類)黒地
タキ1000-189 JOT[E]/郡山 ↓ 全検18-3-9川崎車、自重17.0t 石油類)黒地

○5269列車…13時27分頃に到着して編成を見ると行きに八王子で見た5270列車と全く同じ顔触れで過去ログで川崎貨物経由のままと記述しましたが、新鶴見から直行の形に変わりました事訂正致します。旧5165列車は5270列車から継送した八王子発の返送と塩浜派出からの交検車の組成でしたが、後者は5681列車に回された公算が様子です。牽引機は5262列車から繰り上げて担当するEF200で5777列車の入線までは長い休憩を取ります。

EF200−6
タキ1000-469 JOT/根岸 全検17-10-18川崎車
タキ1000-441 JOT/根岸 無
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-222 JOT/郡山 無
タキ1000-228 JOT/郡山 無
タキ1000-612 JOT/根岸 無
タキ1000-582 JOT/根岸
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-572 JOT/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸 無
タキ1000- 60  JOT[E]/郡山
タキ1000- 29  JOT[E]/郡山
タキ1000- 50  JOT[E]/郡山

○8274列車…こちらも八王子発の列車で前は付け替え無しで新鶴見のEF65が現れたものの、12月から新鶴見から先がEF64-1000(高機)の牽引に変わりました。

EF64 1026(更新色、冷房)
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-287 JOT/郡山
タキ1000-479 JOT[E]/根岸 全検17-10-8川崎車、自重17.2t
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-290 JOT/郡山 無
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-439 JOT/根岸 無
タキ1000-596 JOT/根岸 無
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ43525   JOT/郡山 トケ
タキ1000-580 JOT/根岸
タキ1000-149 JOT[E]/郡山
タキ1000-692 JOT/根岸 新製17-10-17川重、自重17.2t
タキ1000-507 JOT[E]/根岸 全検17-12-2川崎車、自重17.0t

 14時頃まで見た所で一度、磯子駅まで行って海側の様子を見ながら向かいます。

|

« H18.03.15 八王子駅 | トップページ | H18.03.15 根岸駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.03.15 根岸駅(その1):

« H18.03.15 八王子駅 | トップページ | H18.03.15 根岸駅(その2) »