« H18.03.03 八王子駅(その1) | トップページ | H18.03.06 八王子駅 »

2006年3月 4日 (土)

H18.03.03 八王子駅(その2)

 貨車部会の3月例会も無事終わり、来月からは会員の所属が居住地=所轄支部(東京都や神奈川、埼玉、千葉各県は東京支部所属)の形から各自任意に登録する形になり、かなり地方在住の郵送会員も多く今後は不明ですが、兄弟分に当たる客車気動車研究会が3年近く前に本部直轄に移行し、次はうちかなと思いつつも昨日、鉄道友の会のHPを確認したら在京某大手私鉄の部会が研究会の形で届け出たと発表されておりました。名称も考えるものの、『貨物時刻表』の版元の某協会と混同される事と鉄道友の会にしては硬すぎる印象で「部会」を「研究会」に置き換える形で果たして実現するか気になる所です。帰りは新宿21時31分発の中央特快の先頭に飛び乗り、久し振りに2時間、頑張って調査しました。我が身を振り返ると1月の支部新年会当日は降雪、2月例会は寒さでダウンとこの時期こそチャンスで石油系タンク車の動きも活発な時期で怠っては成らぬと鞭打った次第です。

○2087列車…普段でもタキ1000ばかり17両編成で来るものの、重油用が控えめだった事もあって2/3程度の編成となりました。嬉しい事にS41新製のEF6422が就いてEH200の新製後、篠ノ井派出の26号機以前は危ないと思われたものの、現役は心強いもので今月のダイヤ改正あたりで運用離脱するのでは?と予想されます。
△篠ノ井(坂城)
EF64 47[JRF色]+EF64 22
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 全検17-7-22川崎車、自重16.9t (A重)
タキ1000-145 JOT[E]/郡山 全検17-7-14川崎車、自重17.0t
タキ1000-477 JOT/根岸 無 全検17-10-14川崎車、自重17.1t 
タキ1000-500 JOT/根岸 全検17-8-2川崎車、自重17.0t
タキ1000- 22  JOT[E]/郡山
タキ1000- 89  JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-686 JOT/根岸 新製17-10-3川重、自重17.2t
タキ1000-224 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-420 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-437 JOT/根岸
タキ1000-236 JOT[E]/郡山 無

○2082列車…これと言って目立ったコンテナも無く、空車が所々ありました。
△梶ヶ谷タ
EF64 62[JRF色]+EF64 63[JRF色]
コキ104-1234 ↑福岡タ行き 全検17-1-18輪西派、常備駅消去?
コキ104- 889  全検16-11-11広島車
コキ104- 603  全検14-8-8広島車、常備駅消去?
コキ104-1869 全検14-9-13郡山車
コキ106- 594  全検17-12-22広島車[グレー]
コキ104-1862 ↓ 全検14-8-29広島車
コキ50736 ↑梶ヶ谷タ行き[空車]
コキ51366
コキ51354
コキ50288
コキ51892 ↓

○5462列車…時期的にも暫く5468列車に回された長野発の返送が戻り、通常通りの組み合わせに戻りました。編成を見るとタキ44114を挿み、両側にタキ43428、タキ43429と連結されて元々、OT郡山常備からJOT根岸常備に移ったものの、片や復帰、片やそのままとここ数年タキ43000の動きが激しかった様子が感じ取れます。
△川崎貨物
EH200−4→EF64 1003[更新色、冷房]
タキ43634   JOT/郡山 ↑坂城→根岸 A重
タキ44141   JOT/根岸 常)浜川崎
タキ43304   JOT/塩浜 常)浜川崎、トケ
タキ1000-253 JOT/郡山
タキ43417   JOT/郡山 ↓ 全検17-5-20川崎車、自重15.7t 常)浜五井
タキ43208   JOT/根岸 A重 ↑長野→根岸
タキ43429   JOT/根岸 全検17-5-7川崎車、自重15.8t トケ ◇
タキ44114   JOT/根岸    ↓
タキ43428   OT/郡山  ↑浮島町行き
タキ43319   OT/郡山
タキ43190   OT/倉賀野
タキ43523   OT/郡山
タキ1000-96  OT/倉賀野■
タキ43317   OT/西上田 ↓
タキ44152   OT/倉賀野 末広町行き
◇タキ43429:水平てこ戻しバネ試験車

○5275列車…八王子向けの列車も余り、代わり映えしませんでしたが(K社の製品でプリントしているタキ43135が連結。余談ですがこの間、四日市で黒塗りの方にプリントした43251を見掛けました)、5467列車に乗せる南松本行きも前に従えて到着。先頭のタキ43415は昨年8月に郡山で現車確認した車で今回、タキ1000の統一で仙台北港から移った車で番号を見たら驚きました。『車掌者』の昨年の10月号に郡山で撮影した写真が載っていますので御覧下さい。
△八王子
EF65 129[JRF色]
タキ43415   JOT/根岸 ↑南松本行き 全検17-6-17郡山車、自重16.0t 常)仙台北港
タキ1000-300 JOT/郡山
タキ43112   JOT/根岸
タキ43409   JOT/郡山 ↓ 全検17-4-19川崎車、自重15.8t
タキ1000-670 OT/宇都宮タ■
タキ43266   OT/西上田
タキ1000-449 OT/倉賀野■
タキ1000-336 OT/倉賀野
タキ43135   OT/郡山
タキ43396   OT/南松本
タキ43261   OT/郡山
タキ43151   OT/西上田 石油類)黒地
タキ1000-382 OT/宇都宮タ
タキ43307   OT/郡山

○5464列車…この時期らしく5467列車で到着した分も含めて21両編成で到着しました。18、19両目と先週の土曜日に全検出場したタキ43000がありました。
△千葉貨物
EF64 1002[更新色、冷房]→EF65 124[JRF色]
タキ1000-274 JOT/郡山
タキ43613   JOT/郡山 (A重)
タキ1000-178 JOT/郡山 全検17-10-15川崎車、自重17.1t
タキ1000-221 JOT/郡山
タキ1000- 67  JOT/郡山
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 全検17-10-13川崎車、自重16.9t
タキ1000-366 JOT/郡山
タキ1000-170 JOT/郡山 全検17-11-19川崎車、自重17.0t
タキ1000- 59  JOT/郡山
タキ1000-137 JOT/郡山 全検17-10-27川崎車、自重16.7t
タキ1000-348 JOT/郡山 [車票]
タキ43632   JOT/郡山 (A重)[車票]
タキ248323  JOT/郡山 (A重)
タキ43622   JOT/郡山 (A重)
タキ243873  JOT/郡山 (A重)
タキ43513   JOT/郡山 全検17-5-30川崎車、自重16.0t
タキ43449   JOT/根岸 全検18-2-25川崎車、自重16.0t[車票]
タキ43146   JOT/根岸 全検18-2-25川崎車、自重16.0t
タキ1000-193 JOT/郡山 全検17-12-13川崎車、自重17.1t
タキ1000-247 JOT/郡山

○5478列車…3分停車&深夜の混雑と悪条件があるものの、停車時間内に焦って調査しました。根岸の車はデータを作成しているので見逃した際には後で何らかの形で見直します。本当なら小脇にPDAを携えると楽なのですが私有のシグマリオン(オリジナル)は力不足でたまに量販店の店頭で手のひらサイズのノートパソコンを見付けても大きさと反比例でベラボーに高く二の足を踏んでいます。タキ1000で昨年全検を受けた車の中で根岸の車で8両見ていない車がいましたが、日車製(H12)ラストの492番を確認しました。
△根岸
EF64 40+EF64 62
タキ1000-252 JOT/郡山 ↑村井発(8685発) 無
タキ1000-599 JOT/根岸 無
タキ43527   JOT/郡山 トケ
タキ1000- 26  JOT[E]/郡山
タキ1000-492 JOT[E]/根岸 全検17-11-29川崎車、自重17.1t
タキ43118   JOT/根岸 ↓
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 ↑村井発(5579発)
タキ1000-250 JOT/郡山 無
タキ38113   JOT/郡山 社紋板直貼り
タキ43446   JOT/根岸
タキ38036   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ43525   JOT/郡山 トケ
タキ1000-302 JOT/郡山 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山 ↓
タキ1000-169 JOT[E]/郡山 ↑辰野発
タキ1000-290 JOT/郡山   ↓ 無

○5467列車…この列車と言うと浮島町や末広町発のOTタンク車の印象が強いものの、今シーズンも浜五井発のタンク車が幅を効かせていました。前4両には5275列車からの継送車を増結。川崎貨物経由でも6両連結あり、こちらは全車『千葉貨物5976蘇我5976新小岩操5972川崎貨物5467南松本』の指定票が挿入されております。中央線では珍しいタキ44000の44148番(倉賀野常備時代でも宇都宮タに居る事が多く、そのまま寝返りました)、先月確認したタキ38000の38040番も再確認。話題が前後しましたが浜五井のタキ1000で昨年の全検出場車を全部見る事ができました。
△南松本
EH200−1
タキ43415   JOT/根岸 ↑浜五井発(5275) 全検17-6-17郡山車、自重16.0t 常)仙台北港
タキ1000-300 JOT/郡山
タキ43112   JOT/根岸
タキ43409   JOT/郡山 ↓ 全検17-4-19川崎車、自重15.8t
タキ43408   JOT/根岸 ↑浜五井発(5976〜5972) 全検17-8-20川崎車、自重16.0t
タキ1000-432 JOT/根岸
タキ1000-182 JOT/郡山 全検17-10-18川崎車、自重17.0t
タキ1000-186 JOT/郡山 全検17-11-17川崎車、自重17.0t
タキ1000- 11  JOT/郡山
タキ1000-266 JOT/郡山 ↓
タキ44148   OT/宇都宮タ 末広町発 
タキ1000-406 OT/宇都宮タ ↑浮島町発
タキ38040   JOT/郡山  ↓ 常)浜五井、3F改制輪子※
コキ52733 ↑川崎貨物発(交検出場)
コキ53076
コキ50667
コキ51715 ↓

※タキ38040 全検16-6-29川崎車(21-10-25切)、自重17.0t 休車指定:千葉区H17-9(118日)

○5470列車…EF64の無動回送を従えて到着するものの、2087列車の編成同様、重油用はたった1両とこちらも普段に比べるとやや短い編成でした。
△根岸
EH200−6+EF6458[PS22/無動]
タキ43547   JOT/郡山 トケ
タキ1000-620 JOT/根岸
タキ1000-223 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-262 JOT/郡山 無
タキ1000-358 JOT/郡山 無
タキ1000-615 JOT/根岸
タキ1000- 84  JOT[E]/郡山
タキ1000-212 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 86  JOT[E]/郡山
タキ43101   JOT/仙台北港 青塗り、石油類)黒地
タキ43548   JOT/郡山 トケ
タキ43116   JOT/根岸
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 (A重)

 久しぶりに八王子0時14分発(本来は2分停車になるところ、やや遅れての到着)の高尾行きに乗り、ベンチの一休みも束の間の急速と言った様子で慌てて並びました。西八王子も余りお客さんが降りなかったのは幸いでした。

|

« H18.03.03 八王子駅(その1) | トップページ | H18.03.06 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.03.03 八王子駅(その2):

« H18.03.03 八王子駅(その1) | トップページ | H18.03.06 八王子駅 »