« H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H18.02.11 八王子駅(その2) »

2006年2月12日 (日)

H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その2)

 時間的にもお昼が近くなって12月に来た時の反省から早めに済ませてエキュートの讃岐うどん屋で腹ごしらえをして3・4番線の浦和方のベンチに腰掛けてあれこれ準備していると見慣れた年輩男性の姿が見えて時折、私と情報を交わす会員の嘉森氏とバッタリお会いし、『北斗星』82号が雪で大幅に遅れて後で新都心の3番線を12時24分頃通過したので2時間半遅れと判明。私と入れ替わりに昼食を取られるそうで後刻、北浦和(埼玉サークル例会の会場)での再会を期待し、調査を進めました。

○5592列車…いつも通りの編成でこの間は2回続いてEF65 1059牽引に当たり、二度あることは三度あるの例え通り、西国分寺で武蔵野線の電車を待つと3072列車(宮城野→東京タのコンテナ列車)を牽いており、こちらは1000番代のラストナンバーになった1139号機の牽引で到着。
△隅田川
EF65 1139[JRF色、赤プレート、冷房]
コキ106-712 試運転(隅田川→宇タ→隅田川)
コキ253260  全検14-6-4輪西派 ↑交検車(宇タ→隅田川→宇タ)
コキ104-588 全検15-7-30川崎車 ↓
コキ104-633 全検18-2-9川崎車 全検出場(隅田川1/26→川崎貨物→隅田川)
タキ112526 明星セメント/糸魚川 N↑宝積寺→武州原谷
タキ112439 明星セメント/糸魚川 N
タキ112333 明星セメント/糸魚川 N
タキ112525 明星セメント/糸魚川 N
タキ112552 明星セメント/糸魚川 N↓
タキ12274  チチブセメント/三ケ尻 ↑矢板→武州原谷
タキ12276  チチブセメント/三ケ尻
タキ112638 チチブセメント/武州原谷
ホキ55746  チチブセメント/武州原谷
タキ12269  チチブセメント/三ケ尻 ※社名板細めの文字
ホキ65724  チチブセメント/武州原谷
ホキ55735  チチブセメント/武州原谷
ホキ55743  チチブセメント/武州原谷 ↓
※N=日本セメント→明星セメント所有

○6794列車…川崎車両所の全検出場車や塩浜派出の試運転を熊谷タまで往復する列車で先頭に神岡鉱山から安中に移動したタキ29322(NRS/岳南富士岡)が全検出場車として連結され、首都圏では古河機械金属の所有車以来のタキ29300となり、安中に配置されていたタキ4000やタキ5750の置き換え用に移った様子です。他にコキ106×1、コキ104×2、タキ35592(NRS[米軍用]/神栖)と連結。

○5562列車…こちらも連休の影響で浮島町行きの13両編成のみとなった一方、現車確認が未確認だった八王子常備のタキ43000を見付けました。
△川崎貨物
EF210−107
タキ1000-648 OT/倉賀野■
タキ35553   JOT/東新潟港 常)浮島町 ●
タキ43017   OT/郡山 旧八王子常備
タキ1000-668 OT/宇都宮タ■ 新製17-10-11日車、自重17.2t
タキ43467   OT/八王子 全検17-5-14川崎車、自重16.1t
タキ1000-385 OT/宇都宮タ 制輪子試験車
タキ43349   OT/郡山
タキ43024   OT/倉賀野
タキ43134   OT/郡山
タキ43375   OT/宇都宮タ   
タキ43483   OT/八王子 全検17-8-6川崎車
タキ1000-375 OT/宇都宮タ
タキ1000-650 OT/倉賀野■
●タキ35553 全検17-9-8郡山車(19-5-26切)、自重14.9t、休車指定:隅田川区15-11(236日)、塩浜派16-10(189日)、倉賀野派17-10(200日)

○5764列車…普段はゆっくりめのスピードで大宮の6番線を通過するものの、今日に限ってフルスピードで通過して行きました。最後尾のタキ1000-130(JOT/郡山 全検17-9-26川崎車、自重16.9t/電車から降りて確認したものの、すぐ発車してしまい、後日八王子駅で改めて確認していますので間違えありません)は103〜135の間で唯一未確認のナンバーでさいたま新都心に着いた際にすぐ出発したため慌てて確認しました。この他12月からA重油輸送用に指定されたタキ1000-35、47とチェック。

○8770列車…冬のピーク時は根岸行き含めて20両編成で来るものの、今日はEF65の535号機牽引にタキ43000が目立つ10両編成(浮島町行きのみ)となりました。
△川崎貨物
EF65 535
タキ43172   OT/南松本
タキ43413   OT/郡山
タキ43033   OT/郡山
タキ43346   OT/郡山
タキ43237   OT/南松本
タキ43398   OT/宇都宮タ
タキ43307   OT/郡山
タキ43267   OT/西上田
タキ43357   OT/南松本
タキ1000-337 OT/倉賀野

○5683列車…普段は大宮操で5分ほど止まってすぐ出発するものの、今日は不思議と13時20分頃も在線していたので40分以上は停車してものと思われます。タキ43000のトップナンバーや八王子常備車、応援のタキ38000、タキ35000と連ねていました。
△宇都宮タ
EF65 1036[JRF色]
タキ44021   OT/西上田
タキ44516   OT/倉賀野
タキ44014   OT/郡山
タキ44193   OT/郡山
タキ44120   OT/倉賀野
タキ43000   OT/西上田
タキ43466   OT/倉賀野
タキ38043   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子※
タキ35799   JOT/郡山 常)浜五井、A重油※
タキ44156   OT/宇都宮タ
タキ38093   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子※
タキ43565   OT/八王子 全検17-7-12川崎車、自重16.2t
タキ1000-375 OT/宇都宮タ
タキ43419   OT/倉賀野 全検17-5-11川崎車、自重15.9t(黒→青)
タキ43013   OT/西上田 全検17-3-18川崎車
タキ1000-395 OT/宇都宮タ
タキ1000-378 OT/宇都宮タ
タキ38129   JOT/仙台北港 常)浜五井、3F改制輪子※
タキ43356   OT/南松本
タキ43140   OT/八王子 全検17-5-13川崎車、自重15.7t
※タキ38043 全検14-5-8川崎車(19-10-8切) 休車指定:千葉区17-11(153日)
※タキ35799 全検13-8-8川崎車(19-1-16切) 休車指定:千葉区15-10(161日)
※タキ38093 全検16-1-8川崎車(21-6-8切) 休車指定:千葉区**-**(151日)
※タキ38129 全検16-6-1川崎車(21-11-1切) 休車指定:千葉区17-11(153日)

○5584列車…浜川崎から宇都宮タ行きのオイル輸送列車で元々、宇都宮に昭和シェルと小山にイタバシ(昭和シェルの特約GS)の油槽所があって両駅向けに動いていたものを平成11年9月に一本化。メインはこの5581/5584列車の運用、サブが5585/5586列車(浜川崎→川崎貨物は5996/5993列車に連結)の二本立てです。タキ1000、タキ243000ばかりのツートンカラーが連なる顔触れでタキ43000辺りもちらほら見られたものが昨秋根岸にドッと移ったのでは?と感じ取れます。
△浜川崎
EF65 1060[JRF色]
タキ1000- 7  JOT/郡山
タキ1000- 9  JOT/郡山
タキ1000-279 JOT/郡山
タキ243647  JOT/郡山 A重
タキ243806  JOT/郡山
タキ1000-444 JOT/根岸 旧OT/倉賀野
タキ1000-243 JOT/郡山
タキ1000- 13  JOT/郡山
タキ1000-246 JOT/郡山
タキ243801  JOT/郡山
タキ243787  JOT/郡山
タキ1000- 16  JOT/郡山 A重
タキ1000-127 JOT/郡山 (A重)
タキ1000-273 JOT/郡山
タキ243812  JOT/郡山
タキ1000- 56  JOT/郡山
タキ243808  JOT/郡山
タキ243807  JOT/郡山

○1070列車…JR貨物のホームページで今年3月のダイヤ改正から新設される高速石油輸送列車について紹介されたものの、関東、東北とJR東日本のダイヤ改正と足並み揃えて12月10日から始まり、これまでの京葉臨海(浜五井)・郡山のOT専用列車で5177/5176列車が1071/1070列車として京葉地区発並びにオイルターミナル専用列車では初めての95Km/h運転となり、"スーパーオイルエクスプレス"と銘打ちインパクトを与えました。従って編成も全車オイルターミナル所有のタキ1000となり、特に305〜310番台にかけては根岸の車同様、A重油専用車(現車では『黒油専用』のプレートを掲出)がまとまって指定されました。牽引はEF210で黒磯までのコンテナ列車のついでなのか元々蘇我に来る列車と絡めて4095列車→1071列車、1070列車→59列車に組み替えたのではと今後楽しみです。『交通新聞』等で紹介された写真によると大宮駅の3番線にE231系が停車したのがヒントで何時頃だろうと思ったら丁度、この頃で12時50分から13時少し過ぎに居られると見る事が出来ますが、この時間は色々オイル専用列車がドッと来るので取捨選択に迷います。
△千葉貨物
EF210−901
タキ1000-307 OT/郡山 ●
タキ1000-311 OT/郡山 ●
タキ1000-308 OT/郡山 ●
タキ1000-305 OT/郡山 ●
タキ1000-309 OT/郡山 ●
タキ1000-654 OT/郡山■
タキ1000-310 OT/郡山 ●
タキ1000-320 OT/郡山
タキ1000-416 OT/郡山
タキ1000-412 OT/郡山
タキ1000-656 OT/郡山■
タキ1000- 12  OT/倉賀野■ 石油類)グレー地
タキ1000-653 OT/郡山■
タキ1000- 5  OT/倉賀野■ 石油類)グレー地
タキ1000-655 OT/郡山■
タキ1000-417 OT/郡山
タキ1000-322 OT/郡山 <車票>
タキ1000-317 OT/郡山 <車票>
※●=黒油専用プレートあり

 調査を一通り終えて2番線に入線した13時14分の大船行きに乗ると現在、209系の側窓改造工事の為に三鷹から借りたクハ209-515×10の編成がやって来て色々と見る事が出来て会員仲間との話題も弾みます。本来なら『宮ウラ』所属の京浜東北線電車も『八ミツ』所属+水色帯と異彩を放ち、これを思うと旧型国電の置き換えに京浜東北線から塗り替えせずそのまま青梅線に転属した103系を彷彿させます。

|

« H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H18.02.11 八王子駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その2):

« H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) | トップページ | H18.02.11 八王子駅(その2) »