« H18.02.09 八王子駅 | トップページ | H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »

2006年2月12日 (日)

H18.02.11 八王子駅(その1)

 埼玉サークルのロングラン例会が午後から行われるのでいつも通り早起きして大宮で取材をしてから向かいます。先月21日に東京支部の新年会が実施された当日は雪降りでしたが、今日は晴天で予報も問題ありません。

○2081列車…EF64重連は色違いでこの間『かいじ』186号の送り込み回送をするE257系に道を譲るものの、すぐ出発するため現車の撮影が思うように出来ません。タキ1000を見ると珍しく大半がエネオスステッカー入りでした。
△竜王
EF64 69+EF64 68[JRF色]
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 全検17-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000-560 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-115 JOT[E]/郡山 全検17-6-4川崎車、自重16.9t(A重)
タキ1000-134 JOT[E]/郡山 全検17-9-28川崎車、自重17.0t A重/石油類)黒地
タキ1000- 46 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 45 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 31 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-129 JOT[E]/郡山 全検17-7-22川崎車、自重16.9t(A重)
タキ1000-471 JOT/根岸 全検17-6-11川崎車、自重16.9t
タキ1000-196 JOT[E]/郡山 全検17-9-17川崎車、自重16.9t
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 全検17-9-8川崎車、自重16.9t
タキ1000-199 JOT[E]/郡山 全検17-10-31川崎車、自重17.1t
タキ1000-152 JOT[E]/郡山 全検17-7-28川崎車、自重16.9t
タキ1000-238 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-215 JOT[E]/郡山
タキ1000-431 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-627 JOT/根岸 無

○5481列車…普段は17両が当たり前のこの列車も連休を意識してか12両編成とやや短くなっています。昨秋登場した浜五井常備のタキ43000もM1サイズ(キヤノンのデジカメで2L版で印刷すると丁度良い仕上がりになります)に収めました。
△南松本
EF65 118[JRF色]→EH200−1
タキ1000-266 JOT/郡山
タキ43614   JOT/郡山 A重
タキ1000-274 JOT/郡山
タキ1000-162 JOT/郡山 全検17-10-13川崎車、自重16.9t
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-247 JOT/郡山
タキ1000-348 JOT/郡山
タキ1000- 67  JOT/郡山
タキ43632   JOT/郡山 A重
タキ43608   JOT/浜五井 青塗り、A重
タキ43300   JOT/根岸 A重(指定票差しに"A"標記)
タキ43619   JOT/郡山 A重

○8273列車…普段と同じ14両編成で到着。タキ38000の応援や最後尾はこの時期では早くタキ43000の全検出場車も確認しています。
△八王子
EF65 1061[JRF色、プレート反転]
タキ1000-624 JOT/根岸
タキ1000-608 JOT/根岸
タキ1000-201 JOT[E]/郡山 全検17-10-1川崎車、自重16.9t
タキ1000-690 JOT/根岸 新製17-10-17川重、自重17.2t
タキ43522   JOT/郡山 トケ
タキ38098   JOT/郡山 常)浜五井、3F改制輪子※
タキ1000-425 JOT[E]/根岸
タキ1000-259 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-256 JOT/郡山 トケ/石油類)黒地
タキ1000-586 JOT/根岸 無
タキ1000-281 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-561 JOT[E]/根岸 無
タキ1000-227 JOT[E]/郡山
タキ43154   JOT/根岸 全検18-2-7川崎車、自重16.0t

※タキ38098 全検16-5-19川崎車(21-12-19切)、自重17.5t、休車指定:塩浜派出H17-12(204日)

○5482列車…連休の影響でしょうか普段は12両が当たり前のこの列車も半分の6両(全車浜五井行き)に減りました。
△千葉貨物
EF65 515[JRF色]
タキ1000-449 OT/倉賀野■
タキ43261   OT/郡山
タキ43266   OT/西上田
タキ43151   OT/西上田
タキ43025   OT/倉賀野
タキ43396   OT/南松本

 この後は8時35分発の東京行き快速電車で西国分寺へ向かい、待つ間に上りの特急で『あずさ』2号が到着。反対側に到着する『スーパーあずさ』5号は奇しくもかつてフォークソングにもなった『あずさ2号』のダイヤに相当する列車で曲が発表された当時(S52年)、在来線の優等列車は上下で1号、2号………の順に割り振っていた為、昭和53年10月ダイヤ改正から2号が3号となった次第です。

|

« H18.02.09 八王子駅 | トップページ | H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H18.02.11 八王子駅(その1):

« H18.02.09 八王子駅 | トップページ | H18.02.11 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »