« H17.12.22 八王子駅 | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »

2005年12月24日 (土)

H17.12.23 八王子駅(その1)

 埼玉サークルの忘年会出席ついでにあれこれと編成調査を行いました。昼間出ることが多い私にとっては早朝は意外と見られるものの、時間帯が逆ならが面白いのでは………と思うこともあります

○2081列車…12/10ダイヤ改正で根岸→竜王の5285列車がスピードアップし、全てタキ1000オンリーの編成に変わりました。機関車も竜王発着同士でEH200牽引(A207)からEF64重連(A23+A3)とトレード。前は20分ほど止まったものの、6時44分着、47分発の3分停車で足早に出発。
△竜王
EF64 59[JRF色、PS22]+EF64 61[JRF色]
タキ1000-239 JOT[E]/郡山
タキ1000-104 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 33 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 41 JOT/郡山 (A重)
タキ1000-115 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000-119 JOT[E]/郡山 (A重)
タキ1000- 40 JOT[E]/郡山
タキ1000- 63 JOT[E]/郡山
タキ1000-219 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-368 JOT[E]/郡山 無
タキ1000- 84 JOT[E]/郡山
タキ1000-480 JOT[E]/根岸 全検17-10-29川崎車、自重17.1t
タキ1000-504 JOT[E]/根岸 全検17-10-28川崎車、自重17.1t
タキ1000- 50 JOT[E]/郡山
タキ1000-437 JOT/根岸 無
タキ1000-269 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-293 JOT[E]/郡山 無

○5481列車…起き抜けに3月ダイヤ改正の概要をチェックしたところ、京葉臨海→郡山行きが高速列車にスピードアップした記述があり、OT車は各常備駅にあるものの、JOT車は必然と浜五井の車が充当されると頭にあり、この列車の運用も設定開始当初(H11.4)からタキ1000メインでサブに回ってしまったのでは?と危惧したものの、実際確認すると普段通りでしたが、今回のタキ1000化の推進で仙台北港から移動した車も若干確認しました。
△南松本
EF65 530[JRF色]→EH200−2
タキ243697  JOT/郡山 A重
タキ1000- 66 JOT/郡山
タキ1000-200 JOT/郡山 全検17-11-4川崎車、自重17.0t
タキ44182   JOT/郡山 青塗り
タキ1000-170 JOT/郡山 全検17-11-19川崎車、自重17.0t
タキ1000-432 JOT/根岸
タキ1000- 11 JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山
タキ43324   JOT/根岸 ※
タキ43234   JOT/仙台北港 青塗り※
タキ43414   JOT/根岸 全検17-4-26川崎車、自重16.0t
タキ1000- 67 JOT/郡山
タキ1000-367 JOT/郡山
タキ1000-300 JOT/郡山
タキ43620   JOT/郡山 A重
タキ1000-242 JOT/郡山
タキ1000-359 JOT/郡山
※A重=右受台に黄色ステッカー貼付、※=仙台北港からの移動車

ここまで確認すると京王プラザホテルのスターバックスで朝食。コンコースのKIOSKでホカロンの貼るタイプを仕入れ、5482列車から再び調査開始。

○5482列車…前に触れた通り、5270列車と時刻をトレードし、朝7時頃1番線の北側に入線。馴染みの時間帯は根岸発着オンリーになった為にOT車はご無沙汰ながらも改正前とほぼ同じ顔触れで一安心。浜五井行きの他、北袖行き、交検車と一通り連結。前方はホームから見られず乗った電車の窓越しから確認しました。
△蘇我
EF65 1044[JRF色]
タキ1000-391 OT/宇都宮タ ↑北袖行き
タキ1000-643 OT/倉賀野■ ↓
タキ1000-396 OT/宇都宮タ
タキ1000-376 OT/宇都宮タ
タキ1000-393 OT/宇都宮タ
タキ43151   OT/西上田
タキ1000-373 OT/宇都宮タ
タキ40089   JOT/郡山 常)浜五井
タキ1000-445 OT/倉賀野■
タキ1000-670 OT/宇都宮タ■
タキ1000-403 OT/宇都宮タ
タキ1000-383 OT/宇都宮タ
タキ43528   OT/郡山
タキ43418   OT/倉賀野
タキ38068   JOT/郡山 常)浜五井
タキ43143   OT/西上田 千葉貨物→浜五井行き(交検車)

○8273列車…お馴染みの顔触れながらも後2両には久しぶりにタキ38000が入り、根岸には今年4月以来の登板で浜五井からの移動車です。
△八王子
EF65 1061[JRF色、青プレート]
タキ43195   JOT/根岸 トケ
タキ1000-356 JOT/郡山 無
タキ1000-604 JOT/根岸 無
タキ1000-472 JOT/根岸 全検17-6-14川崎車、自重17.0t
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ43520   JOT/郡山 トケ
タキ43545   JOT/郡山 トケ
タキ1000-163 JOT/郡山 全検17-10-7川崎車、自重16.9t
タキ1000-630 JOT/根岸 無
タキ1000-290 JOT/郡山 無
タキ1000-294 JOT/郡山 無
タキ1000-222 JOT/郡山 無
タキ38127   JOT/仙台北港 常)浜五井
タキ38077   JOT/郡山 常)浜五井

タキ38127 16-3-22川崎車(21-8-22切)、自重17.6t a
タキ38077 14-12-12川崎車(20-5-13切)、自重17.0t a
a=休車指定:千葉区H17-11(153日)
 このほか、南側のヤードにタキ1000-79+43107が在線しておりました。

|

« H17.12.22 八王子駅 | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H17.12.23 八王子駅(その1):

« H17.12.22 八王子駅 | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その1) »