« H17.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その2) »

2005年12月24日 (土)

H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その1)

 八王子から西国分寺で武蔵野線に乗り換え。途中であれこれ拾いました。
・新秋津…中線に宮城野→福岡タの4088列車(新鶴見から1085列車)が停車中。本来であれば真夜中に山手貨物線を通過するものの、寒波襲来の乱れで9時過ぎに止まっていました。EF66[JRF色更新機]+コキ50000×20(西濃運輸UC7,U30B)+コキ104×4(ランテックUF、日本梱包運輸倉庫U50A-39500等積載)の編成です。
・新座貨タ…発着線にコキ50000×9、コキ104×6(南浦和方2両はUR18A/19Aオンリー)と入線。

 ここから大宮駅での調査で総合車両センター構内に埼京線の205系、横須賀色に塗り替えた旧国府津の113系、25系寝台客車と入場中。ホームの外れに組成待ちのサハE231と田町→高崎本所(旧・新前橋)のサロ211-1004+サロ212-1004と控え、西側の運転区には解体を待つサハ103(千ケヨ水色)、113系(横須賀色AU712付き、湘南色サロ110入り)、昭和63年の東中野の追突事故以来、予備車になっていたクハ201-3が入線していました。

○3072列車…宮城野→東京タの列車で定刻は早朝5時頃の通過ながら10時過ぎに通過。EF65 1118[JRF色]+コキ50000×20の編成で最後尾にはシックな色合いに塗られた日新UT20A-25000(塩化ビニール樹脂専用)が2個積載。

○5761列車…倉賀野行きのオイル専用列車。根岸発の他に川崎貨物に立ち寄って浮島町発も増結され、EF210牽引で最長23両編成で向かいます。EF210-105+根岸発×15+浮島町発×8の順序で根岸発はJOTのタキ1000、43000、44000でタキ1000の全検出場は6両連結されて495を現車確認。浮島町発はOTのタキ1000、43000、JOTのタキ40000(40124)、タキ38000(38083,38109)が連結。

○8565列車…10時20分頃に10番線を通過し、前述の5761列車同様、根岸発で川崎貨物を回り、宇都宮タへ向かいます。EF65牽引、浮島町発×8+根岸発×12の順で前者には青塗りのタキ35657(JOT/仙台北港)、タキ38000が応援に加わりました。

○5179列車…京葉臨海の浜五井から郡山行きのオイル専用列車で今月10日のダイヤ改正で旧5177/5176列車のスジがタキ1000オンリーに変わりましたが、こちらはこれまで通りタキ43000メインの組み合わせです。さいたま新都心へ向かう所で宇都宮線の電車が遅れてしまい、10番線を徐行していたので慌てて4番線から9番線へ移動し、駆け足でメモしました。
△郡山
EF65 1043[JRF色]
タキ1000-99  OT/倉賀野■
タキ43168   OT/南松本
タキ43419   OT/倉賀野
タキ43379   OT/倉賀野
タキ43320   OT/郡山
タキ43394   OT/南松本
タキ1000-312 OT/郡山
タキ43005   OT/郡山
タキ43361   OT/八王子
タキ1000-96  OT/倉賀野■
タキ43353   OT/倉賀野
タキ38052   JOT/仙台北港 常)浜五井、3F(XF-4)制輪子
タキ43382   OT/倉賀野
タキ44179   OT/宇都宮タ
タキ1000-399 OT/宇都宮タ
タキ38061   JOT/郡山 常)浜五井、3F(XF-4)制輪子
タキ43022   OT/倉賀野
タキ43193   OT/倉賀野

 ここからさいたま新都心の調査です。EF65の501号機、あずさ色の183系、リゾートエクスプレスゆう(勝田のお座敷電車で編成の中間にラウンジカーがあり、以前はディスコ風で話題を呼びました)と現れました。
○3097列車…越谷タから熊谷タ行きのコンテナ列車でコキ50000+コキ104の混成24両編成です。EF65 1090[赤プレート]+コキ50000×12(隅田川→倉賀野3、札幌タ→熊谷タ6、隅田川→熊谷タ3)+コキ104×12(越谷タ→熊谷タ、倉賀野各6)の順です。11両目にコキ50000のトップナンバーを見つけ、4年前に中央線の2457/2456列車がコキ5500型からコキ50000型に置き換えた際に頻繁に目にして印象に残ったものの、その後鉄道友の会の本部総会が大阪で行われて一日目の夕方に梅田駅のそばで見た時以来です。前に現車確認した際は来年、全検入場する筈が昨年(H16)の3月8日に小倉車両所出場と標記がありました。目立つコンテナでは越谷タ→熊谷タの編成で太平洋セメント向けの焼却灰を運ぶUM12A-0が2個の他、輸送が増えたのか不足したのかJRFリースのUM12A-5000が真ん中に挿まり、カラーリングそのままで往時を彷佛させます。

○5760列車…倉賀野から根岸行きの返送を10:50頃上り貨物線を通過。EF64 1011[更新色]+タキ1000×12+タキ43000・44000×8の順でタキ1000の全検出場車で479番、浜川崎から移動したタキ43000で43309番を確認しました。

|

« H17.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その1):

« H17.12.23 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.23 大宮駅&さいたま新都心駅(その2) »