« H17.12.16 八王子駅 | トップページ | H17.12.22 八王子駅 »

2005年12月19日 (月)

H17.12.19 八王子駅

 戦後最大級の寒波に見舞われ、出掛けにテレビを見ると名古屋駅頭の銀世界に驚き、この時期晴れた日の朝になると電車の車窓越しに澄んだ空から富士山の頂を浅川の鉄橋から豊田電車区の脇にかけて見るのが学生時代の小さな楽しみでした。

○5270列車…先日見たときは16両編成とやや長めでしたが通常の14両編成になり、タキ43000、タキ1000とほぼ半数の連結です。
△川崎貨物
EF64 1004[更新色、冷房]+EF64 1039
タキ43457   JOT/根岸 全検17-2-25川崎車 ↑根岸行き
タキ43417   JOT/郡山 全検17-5-20川崎車、自重15.7t 常)浜五井
タキ43473   JOT/根岸 青塗り、トケ、石油類)青
タキ43525   JOT/郡山 トケ
タキ43106   JOT/根岸
タキ1000-627 JOT/根岸 無
タキ1000-590 JOT/根岸 無
タキ1000- 10  JOT/郡山
タキ1000-512 JOT[E]/根岸 全検17-12-3川崎車、自重16.8t 無
タキ43560   JOT/根岸 青塗り、石油類)黒地
タキ1000-168 JOT[E]/郡山 全検17-9-8川崎車、自重16.9t
タキ43543   JOT/郡山 トケ
タキ1000-195 JOT[E]/郡山 全検17-9-8川崎車、自重17.1t
タキ43314 JOT/根岸 常)浜川崎、トケ    ↓

○2089列車…13日に見た時は旧列車番号の5487レと混同したものの、積まれたコンテナの荷票の列番欄もしっかり"5487"から"2089"と改めているのも確認し、タンク車が全車タキ1000で組成されている点も鍵を握っています。普段の朝ラッシュ時の混雑に加え、着膨れラッシュも重なって10時台の前半までかなりダイヤが乱れており(この列車も10分遅れて到着)、調査も骨が折れます。タンク車が12両も連結されて頑張っておりました。
△竜王
EH200−2
コキ50152
コキ53374
コキ53092
コキ52568
タキ1000-629 JOT/根岸  ↑根岸発
タキ1000- 22  JOT[E]/郡山
タキ1000-486 JOT[E]/根岸 全検17-12-1川崎車、自重17.1t
タキ1000-227 JOT[E]/郡山
タキ1000-225 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-585 JOT/根岸 無
タキ1000-418 JOT[E]/根岸
タキ1000-198 JOT[E]/郡山 全検17-9-6川崎車、自重16.9t
タキ1000-351 JOT[E]/郡山
タキ1000- 21  JOT[E]/郡山
タキ1000-684 JOT/根岸 新製17-9-26川重、自重17.2t
タキ1000- 90  JOT[E]/郡山 ↓

○8272列車…3番線に11時15分頃入線すると後にオイルターミナルのタンク車がぶら下がると検査へ出すと頭にあるものの、後で車票を確認すると本来であれば5270列車に乗せる筈の浮島町行きが根岸行きメインの編成内容になってしまった為に5462列車に送る分として約11時間、南側ヤードで滞留となりました。5270列車ではタキ43000、タキ1000が半数ずつでしたがこちらは大半がタキ1000の組み合わせです。
△根岸
EF65 1003[JRF色]
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-222 JOT/郡山 無
タキ1000-294 JOT/郡山 無
タキ1000-290 JOT/郡山 無
タキ1000-578 JOT/根岸 無
タキ1000-436 JOT/根岸
タキ1000-217 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-251 JOT/郡山 無
タキ1000-231 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-632 JOT/根岸
タキ1000-234 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ43479   JOT/根岸 青塗り、石油類)黒地
タキ1000-497 JOT[E]/根岸 全検17-9-21川崎車、自重16.8t
タキ1000- 60  JOT[E]/郡山

○5462列車連結分
△川崎貨物
タキ1000-459 OT/宇都宮タ■
タキ43407   OT/宇都宮タ 全検17-4-1川崎車、自重15.7t

 この後は駅前通りの銀行で用事を済ませ、東急スクエアの三省堂書店にて『鉄道ピクトリアル』の名鉄特集号を購入。実は私2月の名古屋行きの際に一日は四日市周辺、もう1日は名古屋支部の創立記念行事と合わせて市内を回り、名古屋臨海鉄道の沿線や名鉄の神宮前、金山と後者はセントレア体制のダイヤ改正の様子を見る格好で私鉄部会の幹事会員・M氏に話を持ち掛け、翌月の『私鉄部報』に寄稿しました。同じ三省堂でも名古屋駅のテルミナ店は鉄道書やグッズの品揃えは東京で言う神保町の書泉グランデ、東京駅八重洲口の栄松堂書店と肩を並べる程充実しています。こちらももう少し、鉄道関係を充実してくれれば嬉しいものの、最近はお店屋さんへ行ってもこだわり感が強い品揃えのお店が少なくなり、売り手もマニュアル化した接客、品揃えはPOS頼り、メリハリが無いレイアウトと勉強不足な気さえ感じさせます。また、英会話スクールの勧誘のお姉ちゃんも要らないですね(こう言う役立たずの連中を置く暇があったらその分、品揃えを充実させろ!と文句を言いたいですな)。『車掌車』に掲載する内容、当ブログについての要望はとことん受け付けますので遠慮なく突っ込んで下さい。

|

« H17.12.16 八王子駅 | トップページ | H17.12.22 八王子駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H17.12.19 八王子駅:

« H17.12.16 八王子駅 | トップページ | H17.12.22 八王子駅 »