« H17.12.02 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.04 三岐鉄道(その1) »

2005年12月 3日 (土)

H17.12.02 八王子駅(その2)

 年内最後の例会も後半時間を持て余したものの、無事終わり、開始前に支部委員・F氏から「(東京支部の)来年の新年会の場所を取りたい」と副支部長・M氏へ打診すべく私の携帯を貸し、心当たり3件程当たったものの、全て空振り。

○2087列車…時期的に17両フルで来ると思ったら15両編成とやや短めとなりました。午前中の5487列車でタキ1000の平成12年製トップの463番を確認しましたが、ここで同年の川重製トップの493番を確認しました。
△坂城(篠ノ井)
EF64 64[JRF色]+EF64 60[JRF色]
タキ1000-133 JOT[E]/郡山 A重(標記なし)
タキ1000-103 JOT[E]/郡山 A重(標記なし)
タキ1000-114 JOT[E]/郡山 A重(標記なし)
タキ1000-196 JOT[E]/郡山
タキ1000-155 JOT[E]/郡山
タキ1000-559 JOT[E]/根岸
タキ1000-147 JOT/郡山
タキ1000-493 JOT[E]/根岸 全検17-10-28川崎車、自重17.0t
タキ1000- 64 JOT[E]/郡山
タキ1000- 61 JOT[E]/郡山
タキ1000-625 JOT/根岸
タキ1000-365 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-574 JOT/根岸 無
タキ1000-566 JOT/根岸 無
タキ1000- 20 JOT[E]/郡山

○2082列車…前2両のコキ104に気になる標記の車を発見しました。
←梶ヶ谷タ EF64 59[PS22]+EF64 61+コキ104-1252(東タミ)+152+1495+1420+2627+1615+1259[福岡タ行き]+53222+52974○+50852+51385○[梶ヶ谷タ行き、○=空車]
コキ104-1252:東タミ(東京貨物ターミナル)常備、全検13-2-22広島車
コキ104-152:本来なら今年の入場車でかなり消えると思った"JR貨物"ロゴ標記の車を発見。現車を確認すると小倉、郡山、輪西派の出場と思ったら15-7-24川崎車の出場標記あり。

○5462列車…やや出足が鈍いながらもこの時期の標準的な組み合わせで到着。横浜線のエスカレーター輸送で来たコキ104の返送も後方に連結するものの、物珍しいのかこれを目当てに鉄ちゃんも散見。3番線に止まっているところを観察し、帰宅後に部会仲間の渡辺一策さんや関本さんへこの件を伝えました。
△川崎貨物
EH200−5→EF64 1005[更新色/冷房]
タキ43530 JOT/郡山 トケ ↑坂城→根岸
タキ43546 JOT/根岸 トケ、青塗り
タキ1000-194 JOT[E]/郡山
タキ43539 JOT/郡山 トケ
タキ43106 JOT/根岸    ↓
タキ38102 JOT/郡山 全検17-8-27川崎車、自重17.4t 臨常)浜川崎 ↑西上田→浮島町
タキ43033 OT/郡山
タキ35553 JOT/東新潟港
タキ43279 OT/倉賀野
タキ43023 OT/倉賀野 全検17-3-19川崎車、自重16.0t
タキ43032 OT/郡山
タキ43270 OT/倉賀野[旧・宇都宮タ]                 ↓
タキ44146 OT/倉賀野 西上田→末広町
コキ104-2036 M20A-5(中程から前方に積載)
コキ104-2085 JR東日本UM20A-30038,30039
※タキ43546:OT宇都宮タ常備からの移籍車で他にも43534も移籍されている可能性あり。
※タキ43033:全検15-10-24郡山車(21-1-23切)、休車指定・熊タ派16-8(91日)

○5275列車…5482列車(H17.12.02八王子駅(その1)のページを参照)で送った編成の前に5467列車へ継送するタキ1000を2両ぶら下げただけの組み合わせでこの時期にしては少々物足りないかな?と言った印象です。
←EF65 1040[JRF色]+JOTタキ1000-266+1000-300(南松本行き)+OT43151〜1000-445(八王子行き)

○5464列車…冬場は普段のタキ1000やタキ43000(A重油専用車)に加えて灯油輸送用のタキ43000も顔を出す機会が多くなります。編成を前から後へずっと見て行くと4両目の43608番、20両目の43327番とタキ43000では初めての『浜五井』常備の標記を見付け、『浜五井=石油系』は旧丸善石油→JOTの年代もの(タキ3000やタキ9900)以来で大勢力を成したタキ35000・45000を飛び越えての配備となりました。多分、10月に新製されたタキ1000の玉突きで移籍したものと思われ、同様に根岸からの移動車で43300、43337番と確認しています。23日は埼玉サークルの忘年会が午後にあるので行きは早起きしてこの辺をデジカメに向けそうな気配がします。
△蘇我
EF64 1019[更新色/冷房]→EF65 1036[JRF色]
タキ1000-301 JOT/郡山
タキ1000-272 JOT/郡山
タキ1000-178 JOT/郡山 全検17-10-15川崎車、自重17.1
タキ43608   JOT/浜五井 青塗り、A重油[旧・OT/南松本]
タキ1000-245 JOT/郡山
タキ44175   JOT/郡山 青塗り
タキ43300   JOT/根岸 A重[指定票差しに標記]
タキ1000-136 JOT/郡山
タキ1000-359 JOT/郡山
タキ1000-355 JOT/郡山
タキ43613   JOT/郡山 A重(黄色ステッカー)
タキ243717  JOT/郡山 A重(黄色ステッカー)
タキ44182   JOT/郡山 青塗り
タキ43337   JOT/根岸 A重[指定票差しに標記]
タキ1000-183 JOT/郡山
タキ43458   JOT/郡山
タキ1000-162 JOT/郡山
タキ43514   JOT/郡山 全検17-10-7川崎車、自重16.0t
タキ43393   JOT/根岸
タキ43327   JOT/浜五井 青塗り[旧OT/郡山]
タキ43149   JOT/郡山 全検17-5-17川崎車、自重16.1t

taki43608-j

タキ43608 H17.12.2 八王子駅 昭和57年10月にオイルターミナルの八王子常備として新製後、平成13年5月から今年11月まで南松本常備として活躍。

○5478列車…これと言う珍しい車はありませんでしたが、浜川崎から根岸へタキ43000の43314番が移動されていました。
△根岸
EF64 49[JRF色]+EF64 47[JRF色]
タキ1000-240 JOT[E]/郡山   ↑村井発(8685発)
タキ43470   JOT/根岸 トケ
タキ43314   JOT/根岸 トケ、常)浜川崎
タキ1000-269 JOT[E]/郡山   ↓ 無
タキ1000-360 JOT[E]/郡山   ↑村井発(5579発)
タキ1000-489 JOT[E]/根岸 全検17-10-5川崎車、自重17.0t、石油類)黒地
タキ1000-629 JOT/根岸
タキ43311   JOT/郡山 青塗り、常)浜五井
タキ1000-360 JOT[E]/郡山
タキ1000-606 JOT/根岸
タキ1000- 85  JOT[E]/郡山
タキ43548   JOT/郡山 トケ
タキ43457   JOT/根岸
タキ1000-230 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-472 JOT[E]/根岸 無 ↓
タキ43526   JOT/郡山 トケ  ↑辰野発
タキ1000-426 JOT[E]/根岸 石油類)黒地
タキ1000-430 JOT/根岸     ↓

○5470列車…最初、EH200+タキ1000オンリーで一瞬、4時間遅れで到着した2086列車かな?と思ったものの、定刻通りに到着した同列車です。時々、根岸の駅へ行くと正午頃にEF210が2両並び、これが揃って宇都宮タ行きの列車で先発、後発どちらのか素人目では迷いますが、南行ホーム寄りに止まっている編成が先発の列車です。
△根岸
EH200−1
タキ1000-369 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-371 JOT[E]/郡山 無
タキ1000-599 JOT/根岸 無
タキ1000-226 JOT/郡山 無
タキ1000-427 JOT[E]/根岸
タキ1000-481 JOT/根岸 全検17-9-24川崎車、自重17.2t
タキ1000-157 JOT[E]/郡山 全検17-7-12川崎車、自重17.0t
タキ1000- 69  JOT[E]/郡山
タキ1000-482 JOT[E]/根岸 全検17-9-27川崎車、自重17.1t
タキ1000-678 JOT/根岸 新製17-10-25日車、自重17.2t
タキ1000-286 JOT[E]/郡山 石油類)黒地
タキ1000-123 JOT[E]/郡山 A重(標記なし)
タキ1000-132 JOT[E}/郡山 A重(標記なし)

○5467列車…師走に入ると両数が増えると思ったら、各駅発とも少量ずつとこじんまりしています。
△南松本
EH200−6
タキ1000-266 JOT/郡山 ↑浜五井発(5275レから)
タキ1000-300 JOT/郡山 ↓
タキ1000-259 JOT[E]/郡山 無 根岸発
タキ43434  OT/宇都宮タ ↑浮島町発
タキ43034  OT/郡山
タキ1000-98 OT/倉賀野■ ↓
コキ51009 ↑交番検査出場[川崎貨物→南松本]
コキ52582  [川崎貨物→南松本]
コキ51359  [川崎貨物→南松本]
コキ53300  [北長野→(川崎貨物→)南松本]
コキ52696 ↓[北長野→(川崎貨物→)南松本]
・タキ43434:平成11年9月の全検入場で黒塗り変更&台車更新を受けるものの、16年5月の全検で青塗りに復帰。

 早い忘年会シーズンで深夜も賑わうものの、トートバッグに阪神支部の山野氏から送って頂いたスルッとKANSAIのPR誌や自ら撮影したものを印刷してアルバム仕立てにしたファイルと嵩張って右腕が痛くなりました。

|

« H17.12.02 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.04 三岐鉄道(その1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H17.12.02 八王子駅(その2):

« H17.12.02 八王子駅(その1) | トップページ | H17.12.04 三岐鉄道(その1) »